【GT6プレイ日記】第43回 ニュルブルクリンク2x4時間レース~挑戦~

2014年10月21日 00:15

10月も半ばに入りまして、朝は非常に寒くなってきましたね

毎年言ってますが、寒いのは苦手です(笑)

最近はドリスピ中心、たまにミニカーで進めてきたこのブログですけど、久しぶりにGT6のレースレポート書いてみたいと思います
今回レポートするレースはEXPさん主催で6月に行われた「ニュルブルクリンク24時間レース」を模した「ニュルブルクリンク2x4」時間レースです
ニュルブルクリンク 24h
「24時間レース」にあやかって2x4時間と題してますが、実際はニュルブルクリンク24hコースでの4時間レースを2回行なって勝敗を決める耐久レースです
このイベントでは今年のリアルニュル24耐久との絡みもちょこちょこあるので、そのへんを絡めながら書いていこうと思います
ニュルブルクリンク 24h_41

ご存知の方も多いと思いますが、ニュルブルクリンク24時間レースは世界最大規模の「草レース」
主な参加者は週末にマイカーをニュルに持ち込みレースウィークを堪能するヨーロピアンな方々…だったのですが、近年ではメジャーカテゴリーとなった各メーカーのFIA-GT3マシンが威信を賭けセミワークス体制で臨むSP9クラスを筆頭に、ニュル耐久での勝利というステータスは高まりつつあります

そんなニュル24時間レースですが、グランツーリスモは特にこのレースをフォーカスしており、今年もシュルツモータースポーツとのジョイントでSP9クラスの日産GT-RニスモGT3を走らせ、GTプロデューサーの山内一典氏がドライバーとして参加していることも有名な話

・・・今回のレースは、主催者であるEXPさんが実際に山内氏らと行動を共にしてリアルニュルを観戦し、その翌週末に開催されたイベントなのです
PitStop(GT公式ファンサイト)でEXPさんのリアルニュルレポートをご覧になった方もおられるもでは??
そんな訳で「バーチャルニュル耐久主催者がリアルニュルを体験後バーチャルニュル耐久を開催」してるっていう、リアルとバーチャルのクロスオーバーレースが今回のイベントです
(…っていうか、山内さんと行動を共にするって、EXPさん何者なんですかねぇ…?)

まずはイベントにエントリーしたマシン・プレイヤーたちを紹介
今回はトップカテゴリーに絞ったレポートですので上位クラスのSP9であるGT3マシンがメインです
Audi
ニュルブルクリンク 24h_30
ニュルブルクリンク 24h_37ニュルブルクリンク 24h_34
【GT6内車名(妄想チーム):プレイヤー名(今回4時間レースを2回やるのでドライバー交代可)】
・Audi R8 LMS Ultra'12(#5 Phoenix Racing):1st:メリー/2ndかつみなみ
・Audi R8 LMS Ultra Team Phoenix'12(#44 TwinBusch Motorsport):きゅーた
・Audi R8 LMS Team ORECA'10(#502 Audi Race Experience ):まうまう

アウディは最新型のR8LMSウルトラ2台、旧型LMSを1台の計3台を投入
その中でもエース格なのが#5の銀R8・チームフェニックスであり、4時間x2回の耐久レースであることから序盤は過去にニュル4時間レースを制した実績のあるメリー、後半はスプリント能力に長けたかつみなみという2名をエントリー
カラーリングは12年フェニックスだが一応参加枠としてはプライベーターの#44ツインブッシュにはきゅーた、旧型マシンながらBOP調整で戦闘力は持つ#502アウディチームエクスペリエンスにはまうまうが、それぞれ合計8時間のレースに挑む

Mercedes-Benz
ニュルブルクリンク 24h_35ニュルブルクリンク 24h_36
・Mercedes-Benz SLS AMG GT3'11(#1 Black Falcon):アペックス
・Mercedes-Benz SLS AMG GT3'11(#21 Rowe Racing):JPマーチ

2013年のリアルニュル24優勝マシンであるSLSは2台
チャンピオンゼッケンの赤いSLSがこのブログ筆者のアペックス…一応去年GT5で開催されたEXPさんのニュル耐では勝ちましたが、荷が重い(笑)
白いSLSにはJPマーチがプレイヤーに抜擢
車・ドライバー共に一発は無いがコンスタントラップの良さを活かし優勝を狙う

BMW
ニュルブルクリンク 24h_32ニュルブルクリンク 24h_33
・BMW Z4 GT3'11(#19 Team Schubert):コンバース
・BMW Z4 GT3'11(#26 BMW Sports Trophy Team Marc VDS):ウルフ
BMW Z4も2台が参戦
コンバース・ウルフ、この2名のプレイヤー名に聞き覚えはないだろうか
スーパーGT第2戦富士のイベントで行われた「BMW Z4 Challenge Championship Japan CUP」の決勝進出者の2名という、まさにダブルエース
Z4を知り尽くしたあまりのビックネームにBMWは相当の契約金を積まされたと噂されるが、その成果は出るか!?

NISSAN
ニュルブルクリンク 24h_31
ニュルブルクリンク 24h_38ニュルブルクリンク 24h_39
・NISSAN GT-R NISMO GT3 Team Schulze Motorsport'13:マッサ
・NISSAN GT-R NISMO GT3 Team RJN GT Academy(#30):1st:ダイ/2nd:EXP
・NISSAN GT-R NISMO GT3 Team RJN GT Academy(#80):1st:松永家/2nd:らーめん
SP9唯一の日本車・GT-Rはアウディと同じく3台体制、しかもリアルと同じエントラント数である
リアルと違うのはワークス格と言えるのがシュルツモータースポーツであること。リアルでもバーチャルでも初の日本車によるニュル王者を狙う
GTアカデミーの2台は育成面もあり2台ともドライバー交代を行う予定だ

ニュルブルクリンク 24h_40
紹介したSP9クラス10台に加え、ご覧の下位クラス6台を入れた計16台による8時間のレースがスタートしていく!

続く
関連記事
スポンサーサイト


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://apexevolution.blog112.fc2.com/tb.php/1039-090e6506
    この記事へのトラックバック