EBBRO 1/43 DAISHIN ADVAN SILVIA JGTC 2001

2014年11月08日 17:19

先週末、「新城ラリー」を見てきました
全日本ラリーの最終戦なわけですけども、自分も目的はもっぱらゲストとして登場するトミ・マキネン!!
ランエボⅢ中心のみんカラの方でその模様を書きましたので、興味がある方は是非ご覧ください
アペさんのエボⅢ「T・マキネンに会ってきた」

またその新城ラリーで撮影した写真もフリッカーの方で公開しておりますので、こちらも是非w
フリッカー「Sinsiro Rally 2014」

11月最初の記事は景気良く(?)モデルカー記事です
そういえばエブロのSGTの今季のGT500マシンが今月から発売ですね
まずはモチュールオーテックGT-RとカルソニックインパルGT-R・・・もっちろんカルソニックは予約済みです(^^)
今週末は最終戦で絶対にインパルにチャンピオンを取ってもらわねば…気分良く納車したいです(笑)

さて今回は往年の日産GT300マシン・S15型シルビアでチャンピオンを獲得した代表的マシン・ダイシンシルビアです
IMG_3730 (1000x564)
エブロ1/43ダイシンアドバンシルビアJGTC2001
ドライバー:大八木 信行/青木 孝行
2001年度全日本GT選手権GT300クラス参戦車両:シリーズランキング1位

ひと昔前のGTでは絶対に欠かすことのできなかったオレンジ色のマシン!
某ネットショップのセールで買いました(^^)
IMG_3736 (1000x503)
車好きの中でのシルビアってやはり「ドリ車」のイメージが強いと思うのですが、自分はGTマシンとしてのシルビアがとても好きなんですよね
コンパクトなボディサイズにゴテゴテと付いたエアロパーツ、んでもって速いっていう…
一番好きなGT300シルビアは「ザナヴィARTAシルビア」っていう1999年仕様のマシンですが、代表格という意味ではS14時代から2003年の最後の最後までシルビアで戦ったこのダイシンのイメージが強いでしょう
このモデルの仕様である2001年にはチャンピオンに輝いてますからね(^^)

そういえば「ダイシン」って何屋さんなんだ?って疑問があって調べましたが、普通にレーシングチームの名前でしたね(^^;)
京都市に拠点があるそうです
IMG_3747 (1000x445)
IMG_3761 (1000x707)IMG_3763 (1000x705)IMG_3766 (1000x706)IMG_3770 (1000x706)IMG_3772 (1000x707)IMG_3786 (1000x707)
このモデルはエブロの「Legend of JGTC」より去年(?)出たモデルです
古いマシンですが割と最近発売で、ユニシア号と同じくレジン製です
初めに良いところから書くと塗装の発色がいいですね。蛍光というよりはベタ塗り系オレンジですが、うまく再現してると思います
ただレジン故スポンサーロゴは全てデカールなのですが、その貼り付けがあんまりよろしくないですかね
所々浮いてます
またユニシア号でもそうだったんですけど、なんでフロントタイヤがこんなにツラウチなんでしょうか…?
実車もこうなら分かるんですが、全くそんなことはありませんし…
あと一番の疑問が、このマシンのフロントバンパー
この形状はユニシアと同じでダイシンも2002年マシンではこの形状のバンパーを使っていたと思うんですが、モデル表記の2001年モデルではこのバンパーは使ってなかったはず…
色々考察違いが激しくデカールの仕上げも微妙なので、定価(7000円くらい)じゃちょっと買うのは躊躇いますね…

まあですが自分は買う前から考察違いがあるのは分かってましたし、セールで3000円程で買えましたので概ね満足です
自分のように「何でもいいからとりあえずダイシンシルビアのスケールモデルが欲しい」って人向けですね(^^;)
IMG_3789 (1000x667)
当時の好敵手・ユニシアジェックスシルビア
どちらもエブロから出てて先程書いたようにダイシンはユニシアのエアロを「使い回し」されてるので、ただの色違いにも思えますが…
IMG_3802 (1000x608)IMG_3827 (1000x576)
ダイシンとユニシアではボンネットのエアアウトレット形状が違っていて、リアもダイシンは「ディフューザー無し・牽引フック右側」に対してユニシアは「ディフューザー有り・牽引フック左側」になってます
そんなとこ作り替えるならバンパーも替えなさいよ!!!って感じではありますが(^^;;)
IMG_3831 (1000x620)
以下実車について
日産が1999年より全日本GT選手権(以下JGTC)のGT300クラスに投入したマシンがS15型シルビアである
前年まで参戦していたS14型は空力性能の悪さとサスペンション部の剛性の低さが弱点としており、1998年は未勝利に終わっていたが、このS15型ではそれらの弱点を補うことをテーマに開発された
特に空力面での進化は顕著で、当時のGT300クラスではダウンフォース量の増加をメインとするのがセオリーと言われていたがS15型シルビアではドラッグ(空気抵抗)の削減を優先しており、これによりストレートスピードは大幅に向上している
また当時許可されていたABSの搭載も一役かって、S15型シルビアは1999年~2003年の4シーズンで17回のポールポジション(現在歴代車種別トップ)、8勝という輝かしい成績を残している
その中でも2001年にGT300クラスチャンピオンに輝いたダイシンアドバンシルビアはS15型の代表格と言えるマシンだろう
ドライバーはチームオーナーの大八木信行と青木孝行
2001年JGTCの第2戦・第4戦の富士スピードウェイで勝利を挙げ、ランキングトップで挑んだ最終戦・美祢では予選で遅れを取り、チャンピオンを争う#7マツモトキヨシ雨宮RX-7と#3ユニシアジャックスシルビアに先行を許してしまう
このままではチャンピオン獲得が危ういと思われたレース後半、チャンピオンを争い一騎打ちとなっていた#7RX-7と#3シルビアが接触でコースアウト
最終戦で諦めかけていたチャンピオンの座に、ダイシンアドバンシルビアは見事輝いたのだった

この時代のGT300マシンはやはり良いですね~
エブロさんの「Legend of JGTC」シリーズにはさらに頑張ってもらいところ
発売予定のGTハチロクを早く出してもらって、デイボントランピオFTOとかも出してもらいたいですね~
関連記事
スポンサーサイト


コメント

  1. hikaru | URL | -

    わかる!

    FTOは素晴らしいカラーリングでしたからね(笑)。
    確かに模型に向きそうです。
    お邪魔します。
    (=´∀`)人(´∀`=)
    ダイシンイイですねぇ。そしてザナビィ、青い時代ですね、あれも素晴らしいカラーリングでした。
    最近はレジンが多く、私も止むを得ずレジンに手を出しています。
    エブロさんの新作GT、カルソニックですか?、私はではモチュールで行きましょう(笑)。
    (@ ̄ρ ̄@)

  2. APEX | URL | -

    Re: わかる!

    hikaruさん、こんにちは
    1999年モデルのFTOは水玉模様でカッコいいんですよね~!
    近年のレジンモデルの多さは仕方ない部分もありますが、デカールだらけのエブロにめちゃくちゃ高いイグニションモデル…困りましたね(笑)
    新GT500マシンもレジンってことで、どんな出来かカルソニック号で見てみたいと思いますw

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://apexevolution.blog112.fc2.com/tb.php/1045-4338d035
この記事へのトラックバック