--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

EBBRO 1/43 NISMO FESTIVAL 2014限定 MOTUL AUTECH GT-R (#23 SUPER GT500 2014 Autopolis Winner!!)

2014年12月14日 01:56

もう12月も中旬ですが、12月初のブログ記事になります(滝汗)
いやー寒いっすね。流石12月。寒いのは大っ嫌いです
ですが何かと楽しい行事が多いのも冬な気がします。小さい頃ならクリスマスだったり、正月(お年d...)だったり、社会人な自分だったら人生初のボーナスが貰えたり・・・
そんな「楽しい行事」に、我々日産ファンだったら忘れちゃいけないのが「ニスモフェスティバル」です
歴代の日産マシンが揃ってデモランしたり、ドライバーとファンが触れ合えたりするイベントですが、今年はスーパーGTでチャンピオンを取ったってことで去年よりも盛り上がってたような気がします
最後には恒例?のチャンピオンマシンのゼッケン23→1のお披露目があったりしましたね

まあここまで書いといてなんですけど、僕は行ってません()
三菱のランエボⅢでニスモフェスティバルなんて行けませんよ~…ってのは嘘ですが、11/30(日)は思いっきり仕事してました、はい(笑)
でも一切ニスモフェスに関われないのも悲しいんで、この限定モデルカーを後日のオンライン販売で入手しました
チャンピオンモデル出たら買おうかなーなんて考えてたんで、丁度いいと言えば丁度良かったですしw
IMG_3950 (1000x638)
エブロ1/43ニスモフェスティバル2014限定モチュールオーテックGT-R(#23スーパーGT500 2014オートポリスウィナー!!)

ドライバー:松田 次生/ロニー・クインタレッリ
2014年度スーパーGT500クラス第3戦オートポリス300kmレース参戦車両:予選1位/決勝1位
同年シリーズランキング:1位

ニスモフェスティバル2014限定モデルカーの、新しいマシンとなった今年のスーパーGT500クラスチャンピオンマシン・モチュールオーテックGT-R
IMG_3957 (1000x675)
自分でも意外なんですが、メッチャ久しぶりにニスモの本戦仕様マシンのエブロを買いました
今まで一番最新ので2008年のザナヴィ(今はもう手持ちにないんですけども…)なんで、ニスモのマシンが「モチュールオーテックGT-R」って車名になってからは今まで一切手を出さなかったことになります
まあ理由としてはやはり、カルソニックのファンなんで「日産の純ワークス」なニスモのマシンは心のどこかで敵視してて、実は好きじゃなかったんじゃないかと思います(汗)
ですが今年は久しぶりにチャンピオンになったことですし、最初はあまりカッコイイとは思えなかった新しいモチュールカラーもチャンピオンを獲ったことで魅力的に見えたし、せっかく買うなら通常のよりニスフェス限定でしょ!って感じでポチりました(笑)

「ポチりました(笑)」なんて書きましたけども、やっぱりニスフェス限定エブロは今年も入手するの大変でした
12/3の20時に日産オンラインショップで販売されると予告されていたんで、その時間まで万全の体制で待機してたものの、20時ジャストから一気にサイトが重くなってページがなかなか開かなかったです
しかもどういうわけか20時から30分間程は「NISMOクラブ」っていう有料会員?にしか売りません的な事が書かれてて「聞いてねぇーわ」状態(笑)
幸い30分後には一般にも販売解禁されて無事入手。5分しないうちにエブロは売り切れたんじゃなかろうか…
他のエブロ1/18モデル・京商1/64モデルは今からでも買えますので欲しい方は是非w
IMG_4011 (1000x667)
さて、今年は車もカラーリングも激変して、ドライバーもロニーは変わらないもののインパルから松田選手が移籍して、明らかに「狙ってる」感ビンビンだったモチュールですけど、開幕からは散々でしたね
オープニングラップで接触して300クラスの通せんぼするわ、200km/h位出てる時にハンドルが取れるわで、なんか今までそんなこと1度も無かったじゃん?的なミスだったりトラブルだったりで、正直2戦終わった段階で今年はモチュールよりカルソニックでしょ!って気でいました(笑)
ですがこのモデルカーの仕様である第3戦APでの優勝からはコンスタントに表彰台に乗って、なんか急にランキングトップになって「もしかしたら最終戦前のタイで決まるかも」みたいな空気になった記憶があります
そのタイではこれまた珍しく、松田選手が3位走ってたのに300と当たったりZENTと当たったりして結局ノーポイント
ずーっと言ってますが自分はカルソニックのファンですから正直「よっしゃ!」とか思っちゃったり...(^^;)
最終戦茂木は本当に圧倒的な勝利でしたね。去年のZENTみたいに他の同メーカーマシンに助けられたっぽい勝ち方だと文句言う声も上がる気がしますが、今年のモチュールは助けがなかった(他のGT-Rが…(汗))中勝って決めましたから、こりゃもう文句ナシでしたね

今年は特に松田選手が何かと目立ってた気がします。岡山でオープニングラップに回って通せんぼしたのも、富士でハンドル取れたのも、タイでポイント落としたのも松田選手でしたからねw
以前書いたような気がしますが、インパル時代はホントに松田選手のレースの上手さが好きで応援してましたので、茂木でインパルがチャンピオン獲れなくてガッカリしつつも、モチュールから降りてきた松田選手が号泣しながら喜んでた姿を見て感動させられました
それがこのモデル買った大きい理由かも

ロニーはAPで周回遅れにブロックされたときに、お得意の日本語で「アリエナイヨ!!ホントニ!」って怒ってたのが印象的でしたねw
2011・2012・2014と超短期間でGT500チャンピオン3回、脇阪選手・立川選手・本山選手の3人と並ぶ記録をもう達成しちゃいました
一番大きいのはずっとミシュランタイヤ使ってるってことでしょうか?
IMG_3988 (1000x471)
IMG_3992 (1000x707)IMG_3996 (1000x707)IMG_3998 (1000x707)IMG_4003 (1000x705)IMG_4004 (1000x707)IMG_4008 (1000x707)
このモデルカーは今年のスーパーGT第3戦オートポリスで優勝した仕様を再現しています
なのでまず通常版と違うのはスピード抑制の意味で富士以外にも使われたローダウンフォース仕様のエアロパーツですね
フロントの「フリックボックス」と呼ばれる箱型アタッチメントパーツや、幅広くなったリアウイングが特徴的です
またオートポリスはピットボックスが他のサーキットに多いコース右側ではなく左側にあるので、給油口の位置も右から左に変更されています。14kgのWHステッカーと共にここも再現されてますね
最後はリアフェンダー後端の「#eatsleepRACErepeat」ステッカー
パッと見ると「ナンジャコレ」な文字列ですが「イート、スリープ、レース、リピート」、「食って寝てレース、その繰り返し!」って意味ですな
どういうことかというと、このオートポリス戦のあった6月には他にル・マン24時間レース・ニュル24時間レース・スパ24時間レースがあって、日産はこれに全部出てたんですよね
毎週国を跨いで耐久レースするんで、そのキャンペーンがeatsleepRACErepeatってわけです
(SGTの日産1-2-3以外は散々な結果だったことは秘密)
このステッカーはキャンペーン期間中のオートポリス戦にしか貼ってないんで、意外にレアな仕様です

こんな感じで仕様変更は良く出来ているんですが、幅広くなったウイングが若干右に傾いてしまってるのが非常に残念です
ツイッターで見てると他の2014GT-Rも同じように傾いてるのが多いんで、エブロさんには品質向上をお願いしたいところです(^^;)
IMG_4038 (1000x707)
まあモチュール買ったら、並べたくなりますわな(笑)
先日紹介したカルソニックにも登場してもらいましょう
IMG_4047 (1000x615)IMG_4034 (1000x707)
HDFとLDFの違いはご覧の通り
正直見た目の話をすると「HDFの2枚カナード+LDFの幅広リアウイング」が一番カッコイイですよね(笑)
もしそんなことしたら物凄いオーバーステアになって危険そうですが…
ちなみにモチュール以外のLDFもサンプルが出来てましたし、モチュールも後でRd2富士仕様としてLDFが出てくると思うので、今年のGT‐Rもかなりのバリエーション祭りになってしまいそうですw
IMG_4039 (1000x724)IMG_1770 (1800x1002)
以下実車について
2013年までのマシンとはガラリと変わり、全くの新規車種として開発された2014年モデルのGT-RGT500仕様
開発着手の早さにより手に入れた高いシャーシ性能と、これまでの日産のノウハウを注ぎ込んだNR20Aエンジンの特性はGT-Rの王者奪還を予感させる仕上がりを見せながら開幕戦から4台投入した
その中でも日産のワークス体制で挑むニスモのマシンが「#23モチュールオーテックGT-R」だ
ドライバーは2度のGT500チャンピオン経験者・ロニー・クインタレッリと、チームインパルから移籍した松田次生という布陣
マシンのカラーリングもそれまでの赤/黒から、ロードカーのGT-R NISMOのイメージカラーであるグレーをベースに赤いラインが走るデザインに変更されている
6年ぶりのチャンピオンを目標にスタートした2014シーズンだが、開幕戦岡山・第2戦富士では接触や予想外のトラブルが発生しポイントを取りこぼしてしまう
転機となったのは第3戦オートポリス。ここでポールポジションを獲得したモチュールはミシュランタイヤの高いポテンシャルを活かし、途中激しいバトルがありながらも見事3年振りの優勝を飾る
またこのレースでは2位・3位にもGT-Rが入り、日産表彰台独占を成し遂げている
第4戦菅生ではミッショントラブルでリタイアしたが、第5戦富士・第6戦鈴鹿1000kmでは重いウエイトと燃料流量リストリクターによるパワーハンデを与えられながらも連続2位表彰台を獲得しランキングで首位に立つ
続く初開催のタイ・チャーンインターナショナルサーキットでの第7戦でシリーズチャンピオンを決めるチャンスが来るも、GT300クラスとの接触が起因となりまさかのノーポイント
最終戦・もてぎは8ポイント差を追い掛ける立場となって迎えたが、ここで見事なポールトゥウィンを決めてニスモは6年ぶりのシリーズチャンピオンに輝いた
松田にとって初栄冠、ロニーにとっては3度目のGT500タイトルとなり、日産創立80周年・ニスモ設立30周年の節目の年に花を添えた


IMG_4056 (1000x667)
カルソニックだけじゃなくモチュールも買ってしまいましたので、今年は全チーム集めちゃおうかなと思ってます
カルソニックはLDFも買うと思うので、モーラ・コンドーもLDFで揃えましょうかね
そのためにはRCFやNSXに浮気しないというのが大前提になってくるのですが、どうなることやら…w
関連記事
スポンサーサイト


コメント

  1. kenken | URL | TT0fzUCU

    APEXさん
    こんにちは^_^
    LDF仕様、あるんですね〜。
    知らんかったです。ありがとうございますm(._.)m
    両仕様をゲットされたのは、羨ましい〜!
    本当はNISMOのLDFが欲しいところですが、
    今から入手は困難でしょうから、僕はMOLAでLDFを狙います。
    情報、ありがとうございますm(._.)m

  2. hikaru | URL | -

    うわー!!

    お疲れ様です。
    これは羨ましいですっ!。
    (;_;)
    めちゃカッコいいじゃないですか!!、そしてリアウイングは何とかなります(笑)。パキンパキンと外してもう一度組み上げ直せば大丈夫ーっ(笑)。
    ♪───O(≧∇≦)O────♪
    それにしても、カルソニックもやっぱり・・
    「欲しいっ(笑)」
    (((o(*゚▽゚*)o)))

  3. APEX | URL | -

    Re: タイトルなし

    kenkenさん、こんばんは~
    ある意味「先行販売」って見方もできるこのモデルですが、やはりリアウイングは幅広の方がイイッ(笑)
    ニスモもいつも通りLDF出るでしょうけど、モーラを買う予定でしたらLDFオススメです(^^)

  4. APEX | URL | -

    Re: うわー!!

    hikaruさん、こんばんは~
    カッコヨイですよ~。カルソニックのLDFが早く見たい!w
    リアウイングですが、HDFのように取り付けで斜めになってるんじゃなくて、ウイング自体が重みで垂れて曲がってる…ような?
    幅広の分重さに耐えられてない…ようなorz

    やはりいつの年代もニスモの赤とインパルの青を並べると幸せになりますよ
    ヒカルさんはニスモHDF、インパルLDFで決まりですかね(笑)

  5. | |

    承認待ちコメント

    このコメントは管理者の承認待ちです

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://apexevolution.blog112.fc2.com/tb.php/1055-92deb6ef
この記事へのトラックバック



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。