EBBRO 1/43 D'station ADVAN GT-R SUPER GT500 2014 Low Down Force

2015年08月23日 17:52

やっと「緑のGT-R」が届きました
「やっぱカルソニックは最後でしょ」ってことで、まだカルソニックのローダウンフォース仕様は紹介しておりませんが、これで2014年型のSGTGT-Rの4台が揃うことになりました
残り2台+そろい踏み記事+αでこちらのブログは終了と考えると少し寂しい気もしますが、その分しっかり記事にしていこうと思います~
IMG_6718 (1000x605)
エブロ1/43DステーションアドバンGT-RスーパーGT500 2014ローダウンフォース
ドライバー:ミハエル・クルム/佐々木 大樹
2014年度スーパーGT500クラス第2戦富士500kmレース参戦車両:予選6位/決勝4位
同年シリーズランキング:8位

2013年までの、正直「カッコ…悪いかも?」な白/緑のカラーリングから一転して黒/緑になって一気にカッコよくなった2014年版KONDOレーシングのマシン
カート界で有名な佐々木大樹選手のGT500デビューマシンでもありますね
IMG_6721 (1000x597)
エブロ製では初めて買ったKONDOレーシングのマシン
正直、2014年のGT-Rを1台選んで買うって方は大半がニスモかインパルを選んで、本山選手&柳田選手ファンはモーラを選ぶような気がして、このグリーンのGT-Rだけを買うって方は少ないと思います
毎年言葉は悪いですが低迷してる印象がありますし…
ですが改めて見るとこのカラーリングのカッコよさが伝わってきますねぇ

タイムリーなもので、お盆休み行われた2015シーズンのスーパーGT第4戦富士で見事にこのKONDOレーシングが勝利を収めました
(そう言えば前回のSロードもタイでモーラが勝ってから発売されたなw)
気温が高いセパンやタイとか、ドライだかウェットだかみたいな絶妙な路面「でだけ」速いという印象が少なからずあったアドバンタイヤですが、今回の勝利はドライ路面の富士、しかも終盤に上位陣をごぼう抜きしての逆転勝利だったのでカッコ良かったですねぇ!
佐々木選手は初優勝、クルム選手はなんと11年ぶりの優勝だそうで…涙目の近藤真彦監督を見たときは感動しましたね~


…2014年マシンなのに今年の話ばっかりなのはまぁ…そういうことです(笑)
オートポリスでの日産1-2-3フィニッシュ時には唯一トラブルでリタイヤしたり、鈴鹿1000kmではパンクしまくって散々だったり…
でもこのモデルカーの仕様である第2戦富士で4位入賞、タイではもうちょっとで勝てた2位入賞したりして、ランキング上ではSロードよりも上の成績を残しています
IMG_6730 (1000x489)
IMG_6732 (1000x707)IMG_6736 (1000x707)IMG_6738 (1000x707)IMG_6743 (1000x705)IMG_6748 (1000x707)IMG_6756 (1000x708)
このDステーションのLDF仕様でエブロ2014GT-Rは完結だと思われます
特徴的なマッドブラックの部分に貼られたマーキング類は全てデカールなので、テストカー同様テカリが激しいので見栄えはイマイチですが、カラーリング自体の再現度は高いので満足度の高いモデルカーですね
2014年型のマシンはチームによってエアロが違う…というような変化はありませんので、見どころが少ないのも少し寂しいかな
このカラーリングは特にフロントを上から見たときに、GT-Rニスモ風のフロントインテークの赤い部分と、ボンネット左右からずーっと続く赤いラインがマッチしてて好きです。マッチ(近藤真彦監督)だけに(笑)
IMG_6760 (1000x632)IMG_0105 (1000x671)
以下実車について
2006年からスーパーGTに、日産の4大勢力の一角として参戦している近藤真彦監督率いるKONDOレーシング
マシンレギュレーションが一新されてニューマシンとなったGT-Rを使用する2014シーズンには#24DステーションアドバンGT-Rとして参戦
ドライバーは2013年から引き続いてミハエル・クルムと、GT300からステップアップしGT500ルーキーイヤーとなった佐々木大樹
タイヤはこれまでと同じく日産勢で唯一のヨコハマタイヤを使用する体制となったが、開幕戦岡山の気温の低い路面ではタイヤのピックアップに悩まされて不本意な結果となってしまう
続く第2戦富士ではGT-Rのポテンシャルの高さを発揮し、またルーキーの佐々木の活躍も光る4位入賞となったが、第3戦APでは他のGT-Rが表彰台を独占する中マシントラブルでリタイヤを喫する
その後も陣営唯一のタイヤ銘柄であることによるデータ不足も相まって成績を残せなかったが、第7戦の海外ラウンド・チャーンインターナショナルサーキットでは暑い路面に強いヨコハマタイヤが本領を発揮しトップグループに追従
中盤のパドルシフトのトラブルでの失速が響き最後はトップに届かなかったものの、シーズン初の2位表彰台を獲得する
最終戦茂木でも予選でのトラブルから一転してペースが良く、10台抜きの4位という締めくくりで2014シーズンを終えている
関連記事
スポンサーサイト


コメント

  1. hikaru | URL | -

    \(゜ロ\)(/ロ゜)/

    お邪魔します。
    ^_^)/▼☆▼\(^_^)
    このマシン、やっぱりカッコいいですよね?。
    そうか、これまでは白と緑だったんですね、そうだそうだ、そうでした。
    \(゜ロ\)(/ロ゜)/
    いやぁ、勝つシーンを動画で見せられると、どんどんカッコ良く感じさせられて(笑)。
    (°∀°)ノシ
    来月買おうかしら。
    そして白背景のこの写真たち、素晴らしいです。
    ^_^)/▼☆▼\(^_^)

  2. APEX | URL | -

    Re: \(゜ロ\)(/ロ゜)/

    hikaruさん、こんばんはー
    日産はコンドウ、レクサスはバンドウ、ホンダはナカジマ…
    唯我独尊なタイヤ(汗)を履くこの3チームはなかなかTVに映ってこないのですが、いざジックリ見ると魅力に気づきます
    そして珍しく勝つと本当にカッコイイ(笑)

    これもオススメなんですが、個人的にはカルソニックを推したいとかなんとか(笑)

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://apexevolution.blog112.fc2.com/tb.php/1076-d7cd3e6b
この記事へのトラックバック