MODELER'S 1/43 MITSUBISHI Concept XR-PHEV EVOLUTION Vision Gran Turismo Diamond Red

2017年07月09日 23:08

GTスポーツベータ版、1.08アップデートがありました
新しい機能としてタイヤ消耗や接触によるエンジン・サスペンションダメージの実装がメインでしたね
ホントはこの話題をメインにしようと思っていたんですが、いざレースしてみるとダメージを受ける機会が無く…(笑)
タイヤ消耗も話題にできるほどのレース数をこなせていないので、次回に持ち越しということで…w

で、今回は、ブログ復帰第一弾のモデルカー紹介でございます!
以前は月に6000円級のモデルカーを3台くらいのペースで集めまくってたモデルカーも、ブログを休止してる間ほとんど買わなくなってました
正直、最後の方は「ブログにこの車種の話を載せたいからモデルカーを買う」くらいのノリでしたけど、実車のランエボⅢを買ってからそっちにお金を回せるように…って意識して買うのやめてました
が、やはり車好きだと「どーしても欲しくて買ってしまった」「プレゼントに応募したら当たってしまった」「貰ってしまった」とかで、ブログに紹介してないモデルカーが何台かありますんで、その紹介を細々とやっていきます(^^;)

記念すべき(?)復帰1台目はグランツーリスモに関わり深いこのモデルカー
IMG_1280 (800x533)
モデラーズ1/43三菱コンセプトXR-PHEVエボリューションビジョングランツーリスモ ダイヤモンドレッド

「グランツーリスモ6」にて展開された、グランツーリスモ15周年記念企画として自動車メーカーとのコラボでオリジナルコンセプトカーを製作・収録するという「Vision Gran Turismo」シリーズ
その三菱版VGTがこのクルマです
IMG_1283 (800x487)
主にレーシングカーやラリーカーばかりを集めて紹介してた当ブログにおいて、初のコンセプトカーのモデルカー紹介…だと思う
この車がどういう車なのかという話は、昔の記事に結構詳しく書きましたので併せて見てもらえたら嬉しいかな~なんて

【GT6プレイ日記】第40回 VGT第3弾・三菱

ランエボオーナーとなって、初めてこの車を見た時以上に三菱贔屓になっている今の僕ですが、そんな僕から見てこの車…
カッコイイ(笑)
最近「ランエボ復活?」みたいな話もちょいちょい挙がってますが、それもSUVベースという噂なので、次期RVRの「コンセプトXR-PHEV」ベースのエボリューションモデルのこの車は、ホントに次期エボリューションコンセプトカーという存在になりそうですね

モデルカーメーカーの「モデラーズ」では他にも何台かVGTマシンをモデル化していますが、GTプレイヤーの中ではこのVGTシリーズ、大変不評なんですよね(笑)
「未来感のみ」のデザインは確かにゲーム中でも浮く存在になってしまうんですが、モデルカーの売れ行きは大丈夫なんでしょうか…?
IMG_1290 (800x377)
IMG_1292 (800x566)IMG_1301 (800x566)IMG_1304 (800x566)IMG_1307 (800x566)IMG_1319 (800x565)IMG_1322 (800x566)
レジンで作られたこのモデルカー、メチャクチャ軽い!(笑)
コンセプトカーゆえウィンドウがブラックアウトされているので、内装が無いスッカラカン状態でしょうから余計に軽いんでしょうね
「真横から見たフォルムを陸上のクラウチングスタートの体勢を意識したアスリートフォルムとしました。」と三菱のデザイナーが淡々とPVで説明してましたが、前傾姿勢なスタイルを見事に再現してると思います
タイヤとボディのツライチ感がいい感じですね~。ウイングの作りやスリッドが抜けてないこと等はやや甘い部分もある気がしますが、良く出来たモデルカーだと思います
カラーリングはゲーム内同様、白・銀・赤の3色が用意されていますが、赤のメタリックな感じがすごく綺麗なので赤オススメです
IMG_1329 (800x533)
「ダカールラリーや世界ラリー選手権(WRC)などで輝かしい実績を持つ三菱自動車が、ビジョン グランツーリスモのために企画したスペシャルコンセプトモデルが、この「三菱 コンセプト XR-PHEV エボリューション ビジョン グランツーリスモ」である。

三菱自動車は、デザインチーム、先行車両研究グループ、空力技術開発グループなど、通常のモータースポーツ車両と同様の企画・開発体制によって、このスペシャルコンセプトモデルを創造した。

スタイリングは、2013年の東京モーターショーに参考出品した「MITSUBISHI Concept XR-PHEV」の基本コンセプトを踏襲しつつ、これまでの数々のモータースポーツ活動を通じて培ってきたノウハウを細部まで注ぎ込み、精悍なレーシングマシンに進化させた。

デザインコンセプトである「アスリートフォルム」をさらに進化させ、走りの機能をよりアグレッシブに表現している。象徴的なフロントグリルは、三菱自動車の次世代SUVのアイデンティティのスタディであり、スリーダイヤマークを基点として後方に向かってウェッジしていく様は、アスリートがクラウチングスタートを切る瞬間の緊張感や瞬発力を表現している。

プラグインハイブリッドEVシステムの先行開発技術を採用により、モーターのもつ瞬発力とエンジンの力強いトルクが、8速デュアルクラッチトランスミッション(DCT)を介して4輪に伝達される。圧倒的な動力性能は、車両運動統合制御システム「S-AWC」によって4輪へ最適に駆動力を配分することで、ドライバーの意のままのハンドリングを実現している。また、炭素繊維強化プラスチック(CFRP)の採用によるボディの軽量化が、機敏な運動性能の実現に大きく寄与。前後のディフューザーを含むエアロフォルムが生み出すダウンフォースによって、高い旋回性能を実現している。さらに、20インチの大径アルミホイールが強靭な足腰を連想させ、力強い造詣の前後フェンダーは、まさに研ぎ澄まされたアスリートの筋肉とシンクロする。

三菱自動車のスポーツスピリットあふれるスペシャルコンセプトモデルを、ぜひ堪能して頂きたい。」
(ゲーム内車両説明より)

このモデルカーは定価では1万円を超える高級モデルカーなのですが、自分はお金出してません(汗)
CzpQbvmUQAEBiTh.jpg
昨年の年末にグランツーリスモプレイヤーが集まって開催された「グランツーリスモ・ファンズ・ミーティング」という、カートのサーキットを貸し切ってレンタルカートレースをレースゲーマーでやるみたいなイベントに参加してきたんですが、最後に行われた抽選会で゜友達゜がコレを当てまして・・・「ソレ欲しい!くれ!!」って言って頂いてしまいました(汗)
CzpQdF4VEAAt_7T.jpg
そんなグランツーリスモ・ファンズ・ミーティング、今年もやるみたいなんで軽く宣伝
2017年12月17日(日)に愛知県豊田市の石野サーキットで行うようです
レースするっていってもちゃんとしたやつじゃなくて、ただのオフ会ですので多分どなたでも参加可です。多分w
こんなチラッと宣伝で効果あるかはアレですが…
興味ある方はTwitterで「@purinrokon」にリプライ送るか、何でしたらこのブログのコメントにでも書いてもらえたら嬉しいですー

宣伝で終わった(笑)
スポンサーサイト


コメント

  1. ぷりんろこん | URL | -

    GT Fan's MTG

    いつも楽しく読ませていただいています。

    三菱VGTと、今回の記事に、共通して思った事、

    「お尻の部分が好き。」

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://apexevolution.blog112.fc2.com/tb.php/1088-6f722221
この記事へのトラックバック