FC2ブログ

VGT第15弾・プジョー

2017年10月16日 23:57

GTスポーツ発売もあと3日前に迫った今日、今更ながらGT6を起動しシコシコとフォトを撮ってました(笑)

というのも、ブログを休止する前までで、このVGTを紹介するコーナーは第14弾・レクサスで途絶えていたんですね
フォルクスワーゲンがややこしくも2台目のVGTを出してきてついていけねぇ…なんて思ったか思ってないかすら曖昧な記憶ですが、GTスポーツでお披露目になるVGTも結構あって、それらを紹介する前にGT6までに出てきたVGTは紹介し終えないなぁ…なんて思ってしまったためです

という訳であとプジョーとSRTを紹介しようと思います。今回はまずプジョーから
ヘマソラール
Peugeot Vision Gran Turismo

Engine Type:V6 3200cc TURBO
Max Power:887ps
Max Torque:86.0kgfm
Drive Type:AWD
Weight:875kg
Misson Type:6MT


公表値出力875ps/重量875kgでパワーウェイトレシオ1kg/psのモンスターフレンチカー
ヘマソラール_1
プジョーのデザイナーチームとプジョー スポールのエンジニアチーム。この才気に満ちた集団がひとつとなり、1台のプロトタイプマシンを生み出した。それがプジョー ビジョン グランツーリスモだ。
「グランツーリスモ」シリーズ発売15周年を記念し、「グランツーリスモ」ファンのために作られたこのレーシングカーは、効率を極限まで追求する耐久レース用マシンから多くの知見を得て開発された。奇抜とも思えるマシンのエクステリアには空力的な付加物がほとんどない。マシンを路面に押し付けるダウンフォースは、車高わずか1.04 mという地を這うようなボディ自体が生み出す。あたかも削り出されたひとつの金属塊が空気を操るような佇まいは、他の一切のスポーツカーと一線を画す崇高さを宿している。
プジョー ビジョン グランツーリスモはひたすら「走ること」にフォーカスしたマシンだ。ドライバーの背後にミッドマウントされるのは、875 ch(887 PS)という途方もないパワーを生み出す3.2LのV6ターボエンジン。この怒涛のパワーは6速機械式トランスミッションを介して4輪へと伝えられる。ホイールはフロント22インチ、リア23インチというビッグサイズだ。
ライバルとの熾烈なバトルを戦い抜くためのセッティングにも抜かりはない。875 kgと極限まで削り取られた車重の前後配分は、フロント48%、リア52%という理想的なもの。この素性のよさは極めてダイレクトなステアリングによっていっそう引き立てられる。1 kg/ch(1 kg/PS)というパワーウェイトレシオは他車を圧倒する強烈なものだが、ストッピングパワーも尋常ではない。フロント380 mm(15インチ)、リア337 mm(13インチ)というカーボン製ベンチレーテッドディスクが、大地をねじ伏せるような制動力を生み出す。
世界中のサーキットで栄冠を欲しいままにしてきたプジョー スポール。さあ、その勝利の歴史に名を刻む準備はもうできただろうか。

ヘマソラール_2
2015年6月に公開された15メーカー目のビジョングランツーリスモ
・・・ぶっちゃけ、この辺からはもう「ビジョングランツーリスモ」の企画にやや疑問を感じていて、完成度30%くらいのコンセプトボディに妄想で描いたエンジンパワーと駆動システムとコーナーリング性能を落とし込んだだけじゃね…??って当時思ったのをよく覚えてます
だってこの外観で875kgって…作れるんかそんな車?(^^;;)
銀色がよく似合う金属感いっぱいのボディはもう「ああ、VGTですね」という感じで、グラマラスな尻以外は印象に残らないという…w
ウィロースプリングス ビッグウィロー
走行性能はやっぱり、良いんですよね
パワーウエイトレシオ1キロだぜと豪語するだけはありますし、すっげー曲がりますね。

正直、それだけ…w

このプジョーVGTはGTスポーツではGr.3カテゴリーのマシンとして活躍する…かもしれません(笑)
クローズドベータ版ではグランツーリスモのハチマキと固定式のウイングに替えて、カラーリングはそのままの銀で登場
フォルクスワーゲンGTIロードスターGr.3とともに、オーバルコース専用マシンという感じで、サーキットではほかのマシンとの性能差が顕著に出てしまっていました

先日のオープンベータからはプジョーの往年のカラーリングに化粧替えして登場
これならちょっとカッコよく見えるかもしれない。相変わらずサイドウィンドウはありませんが…
変わったのはカラーリングだけなのか、よく曲がるマシンに生まれ変わってるのかはプレゼントカーで当たらなかったので何とも言えませんが、製品版で見てみたいと思います
関連記事
スポンサーサイト


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://apexevolution.blog112.fc2.com/tb.php/1100-dd699f74
    この記事へのトラックバック