SKID LANCER EVOLUTION V WRC 1998 SANREMO

2009年09月11日 21:52

一昨日から3連続のランエボも今回が最後


SKIDランサーエボリューションV WRC 1998 サンレモ
ドライバー:トミ・マキネン コ・ドライバー:リスト・マニセンマキ


三菱は1998年の開幕戦から第4戦まではエボIVで参加。この間トミ・マキネンはRd2のスウェーデンでの優勝以外は全てリタイアと低迷。2Rdドライバーのリチャード・バーンズはRd3サファリで優勝しましたが、ランキング上位に進出できず…
Rd5カタルーニャからエボVが登場。マキネンは、エボV初戦を3位でゴールすると、アルゼンチンでエボV初優勝、さらにRd10~12で3連勝!!。ランキングトップのサインツをかわし、最終戦グレードブリテンを2pts先行のランキングトップで迎えました。


迎えた最終戦グレードブリテンのSS5、マキネンはオイルが撒き散らされていたコーナーでスライドし、コース外のコンクリートに激突。リヤサスペンションを破損しリタイアとなります。バーンズは三菱マニファクチャーズチャンピオンを目指して走り、母校イギリスで念願の優勝!!
サインツのチャンピオン条件は「4位以内」。マクレーやオリオールのリタイアでサインツは5位と3分以上差がある4位で最終SSを消化していきましたが…。
ゴール500m手前でカローラのエンジンがブロー!。サインツは残り500mでチャンピオンを逃し、2pts差でマキネンが3年連続のチャンピオンを決めました。


嬉しそう(?)ですね(笑)
1998年は過去一番のドラマチックな展開でした!
もう最近のラリーでは、こんな展開あり得ないんじゃないでしょうか?

WRC1990年代総集編 1998年(前半)

WRC1990年代総集編 1998年(後半)
関連記事
スポンサーサイト


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://apexevolution.blog112.fc2.com/tb.php/27-dfa874e6
    この記事へのトラックバック