サークルKサンクス京商R32コレクションより、Reebok SKYLINE 1991

2010年01月14日 22:09

今回は昨日の続きでリーボックです

…の前に、GTファンには残念なお知らせ
3月25日発売予定の「グランツーリスモ5」が発売延長となりました(泣)
以下グランツーリスモ・ドットコムより引用しました文章です

「プレイステーション 3」専用ソフトウェア『グランツーリスモ5』の発売日につきまして、制作上の都合により、当初ご案内しておりました2010年3月から延期することを決定いたしました。本作の新しい発売時期につきましては決定次第、改めてご案内いたします。本作の発売をお待ちいただいております皆様には大変ご迷惑をおかけいたしますこと深くお詫び申し上げます。

「制作上の都合」ということは、販売予定のソフト量を用意出来なかった…等の問題ではなく、バグ発覚やソフトが起動しない等の問題だと思います
…ということは、恐らく3月から少なくて1ヶ月、多くて半年は待つことになるかもしれません(あくまでも予想です)

さて、本題に入りますか

京商1/64リーボックスカイライン1991
ドライバー:長谷見昌弘/アンデルス・オロフソン
シリーズランキング1位
1991年のJTCでカルソニックと争い、見事チャンピオンに輝いたマシン
翌年1992年にもチャンピオンを勝ち取り、長谷見昌弘選手は2年連続チャンピオンに輝いてます

昨日のカルソニックではベタ誉めした京商R32ですが、もちろん悪いところもあります
今回は心を鬼にしてレビューします(笑)

リーボック、FET、ナポレックス等の白系マシンでは、深くした溝も虚しく埋まってしまってる個体があります
まあ、白は少し厚く塗装しないと発色悪くなるので仕方ないのかもしれませんが…
これはフロントのグリルにも言えます
1枚目の写真でもカルソニックと比べ、少し埋まって見えませんか?

まあ、元々旧金型なんで当然ですが、800円弱で買った後に感じる「感動」は少ないです
前に発売された「GT-Rコレクション(R35 GT仕様)」の時は、これより少し高かったんですが、それでも「得した」気持ちになるほどカッコ良かったです
今回のR32がカッコ悪いか、と言えば嘘ですが、780円の値段は「安くもなく、高くもなく」といった感じです

まあ、ミニカーは総合的にいい出来だと思います
ところで、基本的に1/43にしかドライバー紹介しないのに(気づいた人、いますか?)しているのはなぜだと思います?
じつは・・・longzuoさんも言ってますが1991年のセカンドドライバーは福山英朗選手ではなく、アンデルス・オロフソン選手です
あとタイサンクリッパーの綴りも間違ってるらしいんですが、これってヤバくないですか?
福山選手は91年チャンピオン獲得してないのにチャンピオンと書かれてるし、それよりもオロフソン選手はチャンピオン獲得してないと書かれてるようなものです
クリッパーも会社名間違われてますし・・・

やっぱり京商、詰めが甘い・・・汗
関連記事
スポンサーサイト


コメント

  1. 夢幻 | URL | -

    No Subject

    コレは京商やばいことしましたね・・・名前は意が地でも間違っちゃいけないところでは??
    あとなぜかカルソ全版かっこよく見えてきた・・・(笑)

  2. APEX | URL | -

    No Subject

    夢幻さん、こんばんは
    正直かなりマズイと思います…
    本人が見たらヤバいかも…

    <あとなぜかカルソ全版かっこよく見えてきた・・・(笑)
    なにを言ってるんですか!
    カルソは元々カッコいいですよ!(苦笑)

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://apexevolution.blog112.fc2.com/tb.php/300-c3227355
この記事へのトラックバック