EBBRO 1/43 OPEN INTERFACE TOM`S SC430 SUPER GT 2006

2011年01月04日 19:28

みなさん、あけましておめでとうございます
2011年、始まりましたね~

さて、2011年初記事はGT5ではなく久しぶりのミニカー記事になります
今日リサイクルショップで買ってきたトムスSC430です
bzZX6.jpg

エブロ1/43オープンインターフェース トムスSC430
ドライバー:脇阪 寿一/アンドレ・ロッテラー
年間ランキング:1位
2006年にスーパーGTに初投入で開幕戦優勝、しかも年間チャンピオンまで獲得したマシン
…新年早々季節はずれなミニカーですがお許しを(笑)
にほんブログ村 コレクションブログ ミニカーへ
にほんブログ村
ブログランキング参加中!↑をポチっとお願いします
P1040114.jpg

当時スープラからSC430にマシンが変わるというニュースを聞いてガッカリ(?)した僕は、シーズン初めはZとNSXの勝負になってSCは勝てないだろうと予想していたんですが、始まってみると開幕優勝、しかもチャンピオンまで獲得してビックリした記憶があります
P1040115.jpg

さて、このモデルは開幕戦仕様で、チャンピオンモデルの最終戦仕様も発売しているんですが、リサイクルショップにはこれしか無くて妥協しました
まあ記憶に残っているのは開幕優勝したこの仕様ですし、初期のSCを手元で眺めるには丁度いいかなと
こうしてみると最近のSC(2010年仕様)はフェンダー等がこの初年度モデルと似ているような気がします
2008年にはSHOGUNエアロとか色々付いてましたが、復帰原点したんでしょうか?
P1040118.jpgP1040121.jpg
P1040122.jpg
なんとなくデカすぎるような気がするカナードが付いてますが、ボンネットダクトなどは細かく出来ています
この前のカルソGT-Rセパンより細くていい出来ですね、このボンネットダクト
あとドアノブが別パーツなのもポイントですかね
P1040116.jpg
リサイクルショップ購入の面白い個体差(?)で、ボンネットのゼッケンに謎のウエイトハンデステッカーが貼ってあります(笑)
このSCには元々ウエイトハンデステッカーは貼ってありませんので、どこからか流れてきたみたいです
後で剥がしとかないと…
P1040120.jpgP1040119.jpg
以下実車のことをだらだらと
スープラからSC430へマシンをチェンジするにあたって、チームが苦労したのはベース車の前後オーバーハングの短さでした
GTの規定に合わせてベース車から前後オーバーハングを伸ばしても、GT用にホモロゲーション車を販売したZやNSXと比べて短くなってしまいます。しかし2006年規定で「部品特認」という規定が設定されたので、SCの前後バンパーを特認部品とし、前後オーバーハングを伸ばすことに成功しました
これで当初不可能と思われていたレベルまでダウンフォースを増やせたSC430でしたが、いざテストしてみるとスープラの方が速いタイムを刻みました
直線は遅いしタイムも伸びない。これではスープラの方が活躍するんじゃないか?とまで言われましたが、開幕戦では他のマシンよりも速いトップスピードを記録し、周囲を驚かせました
1つの原因として、テストの段階では間に合わなかった新設計のエアクリーナーを開幕戦では装着したという話がありましたが、それだけとは思えない直線スピードで他を圧倒し、この年新しいドライバーで迎えたトムスが年間チャンピオンを獲得しました
P1040124.jpg
…あ、そういえば今日京商コンビニ日産レーシングの発売でしたね
一応カルソニックなマシンを狙って、明日にでも出撃しようと思います~
関連記事
スポンサーサイト


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://apexevolution.blog112.fc2.com/tb.php/614-c6648168
    この記事へのトラックバック