KYOSHO 1/64 HONDA BALLADE SPORTS CR-X

2011年03月18日 18:21

久しぶりに京商ホンダコレクションの続き
こんな時期に不謹慎かとは思いますが、自粛しすぎちゃうのもどうかと思いますし、またミニカーブログの当ブログでミニカーを紹介する「いつものこと」を再開することで、陰ながら活気づけられたらな、という気持ちもあって再開しようと思いました
僕自身、地震速報やTVニュースを見ていて気持ちが落ち込んじゃってましたからね(まだ1度も揺れを感じていないのに…)

ということで、こちらも既に家には無い「バラードCR-X」です
P3030183.jpg
京商1/64ホンダバラードスポーツCR-X
前回紹介したシビックの姉妹車・バラードの派生車として登場したライトウエイトFFスポーツカー
シビックの姪ってところでしょうか(笑)
にほんブログ村 コレクションブログ ミニカーへ
にほんブログ村
ブログランキング参加中!↑をポチっとお願いします
P3030184.jpg
今考えると、別にこのミニカーはハズレじゃなかったですね~…
このジャンルの車は好きですし、CR-Xのミニカーって珍しいですしね
個人的には2代目の「サイバー・CR-X」が好きなんですが、世間的にはこちらの方が人気な気がします(笑)
P3030185.jpg
P3030186.jpgP3030187.jpgP3030188.jpg
ミニカーの出来としては可も無く不可もなくってところですかね?
ウィンカーが塗装処理なのはちょっとマイナス
あと僕のイメージになっちゃうんですが、リアコンビネーションランプの「CR-X」の文字はこんなに大きくなかったような…
金型の全体的なプロポーションはなかなか良いと思います
P3030189.jpg
以下実車について
ホンダCR-Xは1983年7月に発売されたFF駆動のスポーツカーで、バラードの派生車です
「BALLADE SPORTS CR-X」というのが正式名称で、バラードベースであることを主張してます
発売にあたりホンダは「FFライトウエイトスポーツという新ジャンル」と説明し、以降発売された同クラスの車に使われることになります
当初用意されたエンジンは1.3リッターSOHC(80ps/11.3kgf·m)と1.5リッターDOHC(110PS/13.8kgf·m)でしたが、軽量な車体(760kg/800kg)とシャープなハンドリングで十分スポーティな走りが可能でした
1984年11月1日にスポーツグレード「Si」が追加されました
このSiは1.6リッターDOHC(130ps/15.5kgf·m)エンジンを搭載したほか、ウレタン製のリアスポイラーの標準装備、スタビライザーの強化、オイルクーラーの追加、ボンネットには2個の大径カムスプロケットをクリアするためにS800、シティターボに続いて「パワーバルジ」が付けられるなど、大幅な改良がされましたが、860kgに増えた車重、「1.5i」では標準装備だったパワステが無く、エアコンやオーディオがオプション設定になるなど、かなりストイックなグレードでした

次は最後のCR-Zですね~
今更ながら、NSXJGTCの3台が欲しいアペックスでした(笑)
関連記事
スポンサーサイト


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://apexevolution.blog112.fc2.com/tb.php/636-675ac23a
    この記事へのトラックバック