EBBRO P‐4 1/43 XANAVI NISMO GT-R JGTC 2003(再アップ)

2011年04月02日 20:20

比較に出してたらもう一回登場させてみたくなった
P4020329.jpg
エブロP-4ザナヴィニスモGT-R 2003JGTC
ドライバー:本山 哲/ミハエル・クルム
年間ランキング:1位
スカイラインGT-Rに有終の美を捧げたマシン
昔の記事ではケータイで撮影してたんで、デジカメでの撮影も兼ねて再アップ
にほんブログ村 コレクションブログ ミニカーへ
にほんブログ村
ブログランキング参加中!↑をポチっとお願いします
P4020330.jpg
少し前までメチャクチャ高かった2003ザナヴィGT-R
ニスモフェス・P-4で再版されてだいぶ相場は下がっていますが、意外と店頭では見つからず、今でもそれなりに入手困難な車種です
やっぱりGT-RのJGTCチャンピオンマシンですから、GT-R・スカイラインファン、JGTC/S-GTファン、モタスポ全般ファン、エブロファン等々いろんな方が集めたい車種だからですかね
P4020332.jpg
P4020333.jpgP4020334.jpgP4020335.jpg
モデルに関しては以前書いたんで、特に語ることはありません(笑)
車高高いですけど、やっぱりJGTC2003GT-Rはカッコいい~
P4020336.jpg
以下実車について
2003年から導入されたレギュレーションを上手く味方につけて、ライバルから一歩抜き出た性能を手にしたスカイラインGT-R
開幕戦TIサーキット英田、まずエースマシンの♯23ザナヴィニスモGT-Rのみ03バージョンのマシンを投入するとGT-Rにとっては8年ぶりのポールポジションを獲得
決勝ではスープラに抜かれて2位となるも、03マシンのポテンシャルの高さを印象付けました
その後4位、3位、5位、11位、5位、3位と入賞を続け、ウエイトの影響を抑えながらポイントを重ねました
迎えた最終戦・鈴鹿
スタートで援軍の活躍もあり、予選3番手のザナヴィはランキングトップ・エッソスープラとの差を広げました
しかしザナヴィは燃料を少なめにしてタイムを稼ぐ作戦を取っていたため、ピット後は一時エッソにポイントで勝てない順位まで落ちてしまいました
その後はエッソのミスもあって最終的にはザナヴィがチャンピオン獲得
スカイラインGT-Rのラストシーズンを有終の美で飾りました

ケータイで取ってた頃のミニカーを再アップしまくるのもネタが尽きた時はやってみたいですね(笑)
次回は多分カルソニックの登場だと思います(^^;)


~追記~
色々サイト回ってたんですけど…
このサイトのカルソGT-Rのミニカーの写真、僕のブログのこの記事の一番最初の写真とメチャクチャ似てません?
前オーナー様が修理したリアウィングやミラーまでそっくり…
僕のミニカーの仕様は1台しかないって思ってましたけど、他の方も持ってたんですね~(笑)
関連記事
スポンサーサイト


コメント

  1. 武藤裕介 | URL | ZvWJaGwQ

    はじめまして

    カルソニックにも書いてありますがじつは12,22,23。3台揃えました。本当にかっこいいです!!23は2台持っています。1台は割高ですがおもいきって買いました。もう1台はタダ同然で手に入れました。目の前でチャンピオンになった車ですからね。思いは強いです。去年ニスモフェスティバルで体験乗車させてもらいました。写真を今年の年賀状に使ったら好評でした。GTRマガジンにも載せていただきました。

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://apexevolution.blog112.fc2.com/tb.php/648-390619e0
この記事へのトラックバック