--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

EBBRO 1/43 au cerumo SUPRA JGTC 2001

2011年05月31日 22:40

岡山での戦利品その3
イチバンのお土産かも
P5220631.jpg
エブロ1/43 auセルモスープラJGTC2001
ドライバー:竹内浩典/立川祐路
2001年全日本GT選手権参加:シリーズ1位
2001年のJGTCチャンピオンマシン
予選日に宿の近くのリサイクルショップに立ち寄った時に見つけた掘り出し物です
にほんブログ村 コレクションブログ ミニカーへ
にほんブログ村
ブログランキング参加中!↑をポチっとお願いします
P5220632.jpg
コレ、箱無しのミニカーだけで600円だったんですけど…
エブロ製2001年auスープラはチャンピオンマシンということもあり、現在市場には殆ど流通してなくてオークションとかでも結構高額で取引されています・・・よね?(笑)
見つけた瞬間レジにすっ飛びましたけど、端から見たら変な人に見えてしまっただろうか…(汗)
P5220633.jpg
P5220634.jpgP5220635.jpgP5220636.jpg
リサイクルショップのキズものということで、ミニカーの状態は・・・まあよくは無いですね
パッと見は
・右ドアミラー破損
・右ゼッケン「AUTOBACS」デカール欠け
・左マフラー付近の塗装(デカール?)欠け
・リアウィング表面クリア塗装にひびが入ってる?
・・・ってところでしょうか?
この辺は後々直せるとこは直したいですね~
モデル自体はエブロの初期製品なので、細かくは無いですが丁寧な印象
カナード無いんでRd2富士仕様でしょうかね(初期エブロの場合パーツの有無で仕様特定はできないかとは思いますけど)
ちなみに2400台生産品です
P5220638.jpg
以下実車について
97年のチャンピオン獲得以来、王者から遠ざかってしまったトヨタ陣営は、2001シーズンに向けスープラに大幅な改良を加えました
まずトヨタのワークス部門・TRDが風洞実験を使って空力に磨きをかけた新形状のエアロを導入し、ダウンフォースとドラッグの高バランスを実現
ボディでダウンフォースを十分に発生させることが出来たため、リアウィングはGT-R/NSXと比べかなり小さいものが採用されています
また減速時にもタービンを回転させる「ミスファイアリングシステム」を導入
これは減速時でもタービンを回転させてターボラグを減らすシステムで、立ち上がりのレスポンスが向上しました
満を持して迎えた開幕戦で、立川/竹内組のauセルモスープラは横転クラッシュを喫してしまうアクシデントを起こしてしまうものの、以降のレースでは常に上位に入賞し、最終戦を残した時点でランキングトップに躍り出ました
迎えた最終戦・美祢
auスープラはライバルに接触されてしまい最後尾まで順位を落としてしまうものの、タイトルを争うマシンが全て上位入賞を逃して見事チャンピオンを獲得
auセルモスープラは1度も優勝せずにタイトルを手にしました

いや~こんなお宝がリサイクルショップにあるんですね~
時々地元のリサイクルショップにも顔出してみようかな(^^)
関連記事
スポンサーサイト


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://apexevolution.blog112.fc2.com/tb.php/674-34c533d6
    この記事へのトラックバック



    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。