EBBRO 1/43 CALSONIC IMPUL GT-R SGT500 2010 Rd3 Fuji

2011年10月04日 22:35

うぅ…寒い…
ここ最近急に冷えてきましたね~
そろそろ靴下ないと寒く感じてきました{{(>_<)}}

さてスーパーGT2011シーズンも残すところあと1戦となりました
(厳密には富士スプリントカップ含め2戦)
前回のオートポリス戦では500ニスモ優勝、300はレガシィが優勝しましたが、チャンピオン争いにも変化が…
まず500ですが、ミシュランのチートタイヤが今季ドンピシャのS ROADモーラGT-Rがオートポリスで2位に入ったことで、優勝しランキング2位に上がったニスモに対して16ポイントもの差を得ました
これによってウイダー・カルソニック・ケイヒン等富士戦まではチャンピオンの可能性があったマシンが脱落
これは…ほぼ確実にモーラがチャンピオンですよね(笑)
ギリギリチャンピオンの可能性が残っているニスモは優勝してモーラが順位を落とさないといけないわけですが、ウエイト0kgの最終戦ではやっぱりモーラの調子が良さそう
まあどちらにせよGT-Rが3年ぶりのチャンピオン確定。平成23(ニッサン)年なだけあります(笑)

300クラスはフェラーリ458vsBMWZ4の一騎打ち
レガシィが優勝して近づきましたがわずかにチャンピオン争いに加われず…
オートポリス戦では直前で加算された車両ハンデに泣いたBMWに対して、終盤漁夫の利を得て2位となったフェラーリ
個人的にはフェラーリ応援なんですが、BMW…というか初音ミクの人気は凄まじいですからね~
GT500と違いこちらは5ポイント差でどっちが勝つか微妙な感じです
GT最終戦、楽しみですね~^^

という激しく長い前置きを終えて本題へ
久々のミニカー記事です
PA040225.jpg
エブロ1/43カルソニックインパルGT-R SGT500 2010 Rd3富士
ドライバー:松田 次生/ロニー・クインタレッリ
2010スーパーGT500クラスRd3富士400kmレース参加車両:予選9位・決勝6位
前置きの内容や違いが少ないことから2011年モデルだと思った方もいるかもしれませんが、これは2010年の富士仕様です(^^;)
エアロ形状がカッコイイんで買っちゃいました~
にほんブログ村 コレクションブログ ミニカーへ
にほんブログ村
ブログランキング参加中!↑をポチッとお願いします
PA040226.jpg
皆さんもご存知の通り、SGTのGT-Rは(他のマシンでもそうなんですが)富士戦と別のサーキット戦でエアロ形状が大きく違います
1.5kmと世界的に見ても長いストレートを持つ富士では、空気抵抗(ドラック)を極力少なくして直線スピードを稼ごうと専用の空力パーツが用意されることがよくあります
そんな富士専用GT-Rがこのミニカー
自分はこの2010年型の富士エアロが好きなんですが、素人目から見て通常のハイダウンフォース仕様よりダウンフォースを発生させそうなリアフェンダー形状に見えます(笑)
ちなみにこのミニカー、ニスモフェスとタミアフェア限定ミニカー…ということになってるんですが、後に各店舗に流れたようですね
毎年最低開幕戦版と富士版を通常ルートで出してくるエブロにしては珍しいリリースの仕方です
PA040227.jpg
PA040229.jpgPA040228.jpgPA040230.jpgPA040232.jpg
出来はしっかり実車を再現してる感じ
比較画像は左セパン仕様で右富士仕様です
フロントの膨らみのついたアタッチメントやリアフェンダー形状、09モデルのフェンダーなど再現してます
この個体は足回りの出来が良かったのか、フロント車高が低くてカッコイイです
ただまあ…した画像4枚目の角度で見ると、何の仕様のGT-Rかパッと見で解らないですよね(^^;
似たようなのたくさんありますし
PA040233.jpg
以下実車について
2009年からの「09規定」にエンジンが間に合わず、レギュレーションに合致しないで戦った2009シーズン
2010年には待望の09規定完全合致エンジン「VRH34A」が完成し、GT-Rのフロントへ搭載された
しかし排気量が以前までのVK45DEから1100cc縮小されたことでトルクが細くなり、また高回転化に伴い駆動系のダメージがそれまでより大きくなってしまい、ミッションやプロペラシャフトといったパーツの破損が多く問題となった
開幕戦リタイヤ、第2戦4位と、速さを見せながら結果に結びつかないレースが続いた2010年シーズンのチームインパル
第3戦富士ではウエイトハンデ16kgとあまり影響しないハンデで挑むことに
GT-Rは例年のごとく富士専用のロードラック仕様のエアロを装着して参加
迎えた予選。上位8位までに入らないとスーパーラップに残れない予選1回目、ロニークインタレッリのドライブでアタックするもニュータイヤが路面にマッチせず予選10位に甘んじ、規定違反のマシンが脱落をし9番手から決勝レースを戦うことに
迎えた決勝でも今ひとつペースが上がらず、富士に強いSC430勢に押され気味のままのレースが続いたものの、GT-R最上位の6番手でフィニッシュしました

実はこのカルソ、今月もエブロの「BPアペックスクラフトトレノ」が発売されないのを確認して買いました(笑)
あれ5月頃から案内出てた気がするんですけど、何か問題あったんですかね~?
って、別にエブロの延期続きは今に始まったことじゃないですけどね(^^;
関連記事
スポンサーサイト


コメント

  1. DAI | URL | -

    APEXさん、こんばんは。
    このリヤフェンダーは通常のBOXタイプより見るからにダウンフォースありそうですよね(笑)流体力学は難しいです。

    シーズン序盤に新型エンジンで苦しんだものの、11月のJAF GPでは松田選手がポールポジションを獲得してたのでやっぱりこの形状は良いんでしょうね。

  2. APEX | URL | -

    Re: タイトルなし

    DAIさんこんばんは~
    2段ボックスにルーバー2ヶ所あるんでフェンダー部分のダウンフォースは1ボックスのフェンダーよりダウンフォース出てるように見えますよね(^^;)
    JAF GPではたしか「ナマズのヒゲ」と呼ばれてるフロントの小さい膨らみ?が追加されていたかと思いますが、それもミニカーで眺めてみたいですね
    …今季の富士仕様も入手したくなります(汗)

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://apexevolution.blog112.fc2.com/tb.php/712-5b9d95b6
この記事へのトラックバック