EBBRO 1/43 CALSONIC IMPUL Z 2005 Malaysia

2011年11月02日 19:40

ちょっと久しぶりのミニカー記事
最近またカルソニック中心の収集にハマりまして、既に持っている年式の仕様違いマシンのミニカーを集めていってます
「あるロゴの有無」以外何も変わらない…みたいなのでも、その違いを見つけるのが面白かったりするんですよね^^
今回は特に既に持ってるのと大して変わらないミニカーの紹介
PB010060.jpg
エブロ1/43カルソニックインパルZ 2005マレーシア仕様
ドライバー:ブノワ・トレルイエ/井出 有治
2005年度スーパーGT選手権第3戦マレーシア戦参加車両:予選5位/決勝8位
かなり前に紹介した05カルソZ通常版とは数箇所のロゴくらいしか変わらないミニカー
にほんブログ村 コレクションブログ ミニカーへ
にほんブログ村
ブログランキング参加中!↑をポチッとお願いします
PB010061.jpg
正直、なぜエブロがこのマシンのマレーシア仕様を出したのかよくわかりません(笑)
同時発売の#23ザナヴィZマレーシアは優勝マシン、#22モチュールキーバリューZマレーシアはスポンサーが国内戦の「ピットワーク」じゃない、等理由がありますが、カルソニックに関しては大きい変化なし
しかも決勝8位と特別良い成績でもないので、完全に「一応カルソニックも出しとくか~」な雰囲気出てます
まあでもカルソニックスキーな自分としては、細かい仕様変化が机上で見れて嬉しいですけどね
PB010062.jpg
PB010063.jpgPB010064.jpgPB010077.jpg
出来は特に破綻無い作り
当時の写真とかを見る限り、細かく再現されてます
ルーフのカバーは夏場の中盤戦の特徴なので結構重要なポイント
追加されたロゴで目立つのはリアフェンダーのロゴなんですが…ちょっとどこの企業なのか分かりません…
パッと見て通常版と判別できるのは台座の文字だけなのではないでしょうか?
PB010066.jpg
以下実車について
デビューウィンから始まり、初年度タイトルを獲得したZは、2005年名称が全日本GT選手からスーパーGTとなった2年目に向け改良を重ねる
弱点であった空気抵抗(ドラッグ)によるストレートスピードの伸び悩みを克服するため、新デザインのエアロパーツを導入
04モデルを元にしながら下へと空気が流れる形状を採用し、特徴的なリアのボックス型フェンダーの下部にはダウンフォースを発生させるリアカナードも装着
また04モデルはクラッシャブル・ストラクチャー(クラッシュ時衝撃を吸収しドライバーを守る構造物)がラジエターやインタークーラー等にダメージを与えてしまう欠点がありましたが、05モデルはこれを改め打たれ強いマシンへと進化。同時にダクト類の改良で車内温度を下げドライバビリティも向上し「乗りやすいクルマ」が完成しました
またエンジンは10cc排気量を大きくしトルクが向上。ターボエンジン故のターボラグ症状も軽減され開幕前の評判は非常に高いものとなりました
しかし開幕戦から流れを掴むことができず、3戦目を迎えた時点で今だノーポイントと苦しい展開だったチームインパル
SGTのスケジュール中唯一の海外戦であるマレーシア・セパンサーキットはZとの相性が良く、練習走行でトップタイムを刻み、予選では僅差でポールは取れなかったものの十分優勝のチャンスがある5番手からのグリットを獲得し、優勝への期待が膨らみました
しかし決勝では序盤にトレルイエがコースアウトを喫し順位を下げてしまい、後半担当の井出が挽回するも8位でチェッカーを受けることに
以降もセットアップや運も恵まれず、最終的に05シーズン11位未勝利と苦しい1年で幕を閉じました

次回はこのミニカーと通常版の比較でもしてみたいと思います~^^
関連記事
スポンサーサイト


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://apexevolution.blog112.fc2.com/tb.php/718-ccff3ae8
    この記事へのトラックバック