--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

TAMIYA 1/24 CALSONIC IMPUL GT-R 製作記その2

2012年01月09日 18:50

カルソGT-RSGT製作記その2でございます
今日はほぼ1日中やってました(笑)
その割には進んでない(ほとんど塗装中心)んですけどね
P1090247.jpgP1090248.jpg
昨日紹介しそびれましたけどボディのサーフ吹き行いました
毎回ここまでは特に問題ないんですが、本塗装でオワタ\(^o^)/になるので今回は下地処理から神経質になってみます(笑)
パーティングラインをなぞったペンの残りが目立ちますが、それより傷や埃・砂などが無いか見ます
どーもうちの塗装環境は微妙なのかツブツブした砂?と埃が少々あります

さーどうしたものか…
P1090249.jpg
だんだん何から進めていいか分からなくなってきましたんで、タミヤの「セミグロスブラック」で塗装するものを塗装しちゃいます
・・・ってこんなにあるんですけど
P1090250.jpg
ちなみに塗装はこのダンボールをブース代わりにしてます
ランナーに付けたままスプレーで塗装
P1090251.jpg
一通り塗装完了
プラ整形時の色が元々黒のパーツはパッと見て違い分かりませんがちゃんと塗装してます(笑)
P1090253.jpg
取説見てみるとシャシーは黒一色じゃないみたいなんで適当にマスキングして筆で塗装しました

・・・この時点で時間はかなり経ってますが、インストでいうとまだ何にも進んでません(^^;;;
P1090254.jpg
ブレーキのデカールを貼り塗装したフェンダーインナー・足回りを組み立ます
P1090255.jpg
蛇を切れるようになりました
ちょっとした満足感(笑)
P1090256.jpg
リアの足回りも組立てます
ちなみに塗装は完成後見えないだろうと思われるところは色分けなしだったり未塗装だったりします
ある程度手を抜かないとホントに進みません(^^;
P1090258.jpg
とりあえずシャシーは終了
今まで作ってきたプラモの中では一番シャシー周りは簡単でパーツ数が少ないです
これは賛否両論ですが下手な自分には助かります
完成後は写真のクリアケースに飾る予定です
P1090257.jpg
ボディは不満なところをサンドペーパーで磨いて2度目のサーフ吹き
またゴミが付いてるかもしれない(実はよく見てないw)のでまたペーパーで磨いたあと、ベースホワイト吹くか本塗装に入ります
「ホワイトサーフェーサー」というの使ってますのでベースホワイトはいらないかな?


本日の半分ほど使っての進行はここまで…時間の割に全然進んでません
「焦っても仕方ない」と乾燥時間は多く取ってますが、その間にGT5のBスペとかGTPSPしてますので無駄な時間使ってる気もしなくないです(笑)
まあ黒系の塗装はほぼ終わらせたので、あとはくっつけるだけなのでサクサク進む・・・と思います
関連記事
スポンサーサイト


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://apexevolution.blog112.fc2.com/tb.php/748-80a1e047
    この記事へのトラックバック



    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。