KYOSHO 1/64 WOODONE ADVAN Clarion GT-R SUPER GT 2008

2012年02月23日 23:59

いや~…今日はやらなくちゃいけないこととやりたいことが沢山あって時間が全然取れないです
もうちょっとで今日が終わりますが、まだカスタムミニカーのデカール貼りたいし、今日買ってきた漫画「カウンタック 26巻」が読めてないし…というか、いつの間にか25巻が出てたみたいでまだ買えてないんですが…(笑)

さて、今日は今年初めて買ったミニカーになるのかな?
今までの旬を過ぎたGT-R攻撃はこのミニカーの紹介の伏線だったり
P2230346.jpg
京商1/64ウッドワンアドバンクラリオンGT-RスーパーGT2008
ドライバー:ジョアオ・パオロ・デ・オリベイラ/荒 聖治
2008年度スーパーGT500クラス参戦車両:シリーズ14位
マッチ率いる近藤レーシングから出走した08モデルのギンギラギンにさり気ないGT-R
このシリーズの本戦仕様はコイツだけ抜けてたんで買っちゃいました
にほんブログ村 コレクションブログ ミニカーへ
にほんブログ村
ブログランキング参加中!↑をポチッとお願いします
P2230353.jpg
今も基本的なコンセプトは変わってない近藤レーシングGT-Rのカラーリング
自分はどうも好きになれないというか、いかにも「プライベーターです」って感じのカラーリングですよね
たぶんニスモと並べて、SGT見ない人に「どっちの方が速そう?」と聞いてもこっちを選ぶ人はいないんじゃないかな~
探していたGT-Rコレクションの本戦仕様5台はこれにてコンプリート
5台の中ではあまりかっこよくはありませんが、抜けてるとやっぱり気になっちゃう…そんな存在かな
P2230348.jpg
P2230350.jpgP2230351.jpgP2230352.jpg
このミニカーの発売当時話題になったのが、この近藤レーシングのマシンだけ出来が微妙だったということ
手にとって見るのは初めてですが、やはりこの個体も微妙と言えば微妙
リアウィングの黒塗装がバリっとめくれて、そこをリタッチしたみたいな跡がありますし、右フェンダーに謎の○傷も…
あとこの#24だけゼッケンフォントが違うみたいです。実車は同じだったような気がしますが
モチュールと並べてセパンの逆転を再現してみるのもおもしろいです
P2230347.jpg
以下実写について
06年より日産陣営も一員として参加した近藤真彦率いる近藤レーシング
参戦2年目のセパンでは路面舗装の改修の影響でデータが皆無の状態の中で、見事な1ピット作戦を取り優勝を飾った同チームも、08年にはマシンをGT-Rへと改め参加した
「GT-Rで出場するには最低1勝する」という近藤監督の抱負にチームが答えるように、開幕戦で5位入賞
その後GT-R全車に課せられたウエイトハンデにより苦しいレースが続くも、第4戦セパンラウンドでは予選4番手から好調な滑り出しを見せ、#1と#22の交錯もありレース後半ではトップ争いを披露
#22モチュールの柳田が1コーナー立ち上がりでピットレーンスピードリミットボタンを押してしまい加速が鈍ったところを荒がオーバーテイクし、2年連続でセパンを制することとなった
しかしその後に勢いが続かず、ノーポイントのレースが多かったこともあって最終的にはシリーズ14位、GT-R勢最下位という結果になった

次回はおそらくチャンピオンとったザナヴィの再アップになると思います
関連記事
スポンサーサイト


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://apexevolution.blog112.fc2.com/tb.php/764-1d4ea4a0
    この記事へのトラックバック