--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

KYOSHO 1/64 XANAVI NISMO GT-R 2008 SUPER GT

2012年02月24日 23:57

いよいよ明日に迫った「ミニカーブログ博覧会」
・・・自分、間に合うかちょっと微妙です
明日までに出来てもクリア塗装までで、研ぎ出しとかの仕上げが出来なさそうなんですよね~

さて今回はGT-Rシリーズのトリを飾るチャンピオンマシン
P2240355.jpg
京商1/64ザナヴィニスモGT-R 2008スーパーGT
ドライバー:本山 哲/ブノワ・トレルイエ
2008年度スーパーGT500クラス参戦車両:シリーズ1位
もう説明する必要ないマシンですね
GT-RのSGTデビューイヤーで公言通りチャンプとなったマシンです
以前にもアップしてますが、これだけ流れ作っちゃうと出さずにはいられないというかなんというか(笑)
にほんブログ村 コレクションブログ ミニカーへ
にほんブログ村
ブログランキング参加中!↑をポチッとお願いします
P2240356.jpg
このマシンはたくさんモデル化されましたよねぇ~
デビューウィンしたり2連勝したり195kgもウエイト積んだりチャンピオン取ったりしてるんだから当然と言えば当然かな
今はなき「Xanavi」の文字が少々懐かしいです
このロゴの感じとか好きだったんですけどね~
今まで4台見てきましたが、やっぱり#23のザナヴィがシックリくるカラーリングかな
P2240357.jpg
P2240358.jpgP2240359.jpgP2240361.jpgP2240360.jpg
今更評価することもないですが、京商のこのシリーズは出来が良いですね
ただやっぱり個体差が多かったので、コイツもフロントフェンダーとシャシーが離れちゃってます
これがなかなか目立ってかっこ悪い…
カラーの再現、特にルーフとボディの継ぎ目とかホント出来がいいので、フェンダーだけが残念
このザナヴィは他のGT-Rと違って、どのGT-Rと並べてもシックリくるのがいい感じ(笑)
P2240354.jpg
以下実車について
07年の市販版・日産GT-Rの発表時、日産のプレジデントC・ゴーン氏によるスーパーGT500クラス参戦発表から数ヶ月、オールカーボンパターンで登場したSGT仕様GT-Rのテストカー
Zから引き継ぐ形となったV型4.5リッターのVK45DEエンジン、09年から採用されるボディサイズの一部を先取りして開発された、ローアンドワイドのボディ
開幕前からGT-Rのポテンシャルは高いという評価が集まることとなったが、前半戦はまさにその通りといえる展開となった
エースマシンである#23ザナヴィニスモGT-Rは開幕戦を制すると、第2戦も50kgのウエイトを背負いながら2連勝を達成した
しかしあまりに強すぎるGT-Rを前に主催者側は困惑し、第3戦でGT-R全車80kgのウエイトハンデの搭載を義務付けるとリザルト下位にGT-Rが固まってしまい、第6戦でGT-Rのウエイトを60kgに減らすと残りのラウンドで全勝
まさに主催者泣かせのマシンだったと言える
また#23としてはデビューイヤーでのチャンピオンは絶対条件であり、それだけにウエイトハンデのルールには敏感な作戦を取っており、4位入賞が狙える位置にいてもウエイトを下ろせて且つポイントも獲得できる9位まで順位を下げる等の戦略を立てていた
最終的に3勝でチャンピオンを手にした本山・ブノワ組だったが、SGTのルールや規定などに更なる向上を求めるシーズンとなった

さー明日はミニブロ博ですね~
果たして間に合うんだろうか…
関連記事
スポンサーサイト


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://apexevolution.blog112.fc2.com/tb.php/765-982c3e20
    この記事へのトラックバック



    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。