--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[GT5プレイ日記]#43 対人戦について考えてみる

2012年03月21日 12:55

2月初頭頃から更新が止まっている「タミヤカルソニックGT-R`08SGT」製作記
ガッツリ時間が取れる日にデカールを一気にやろうとか思ってるので、それまでちょっと更新できなさそうです
楽しみにしてる人がいたらスミマセン、居なかったらこの3行は流していただいて結構です(笑)
124077108_v1331883614.jpg

さて、今日はグランツーリスモ5(以下GT5)における対人戦について考えてみようと思ってます
自分のフレンドさんの中にはGT5の「挙動原理」や「速く走るための操り方・ドラテク」等綴っておられる方が結構いらっしゃるのですが、「レースの勝ち方」とか「レースでのマナー」を綴っておられる方は殆どいません
それは何故かというと・・・
レースの仕方やレースマナーに間違いはあっても正解がないからです
例えば挙動原理は突き詰めていけば「こういう挙動」という正解がありますし、速い走り方も結果的に速いタイムが出ればそれが正解です
しかしレースに関して言えば、例えば勝つことだけが目的であるならば、「他車を押し出してショートカットしてスリップストリームを使わせないためストレートで蛇行する」これが正解
しかしそれでは他のプレイヤーからの反感を買うことになりますし、レースマナーという点で見れば最悪のレースの仕方
逆にレースマナーを重視して「絶対に他車に当てないよう、早くからブレーキを開始して並ばれたら相手が強引でもラインを空ける」というのも、マナーを固執しすぎてレースを楽しめていません

ということで今回はその正解のない話をしたいとお思うのですが、初めに僕自身そんなに上手にレースできていないことを先に書いておきます
「こうすれば良いいんだ」という話ではなく「APEXはこう考えてるんだ」という感じで読んでもらえたら良いですし、「それはおかしい」と感じる点があっても何にも問題ないです
だいたい自分は下手なので読んでもらってる人に「こうしろ」と指示なんてできませんしね(笑)


まず基本的なマナーのことから
ロードコース - デイトナ
自分は極力、「コーナー前に車がいたら前の車より先にブレーキングする」ということを心がけてます
某漫画などでは後ろの車がブレーキングで詰めてものすごいビタビタにくっ付くシーンがあったりしますが、ぶっちゃけこのゲームではそんなことはほぼできないです
これはオンライン初級者だった頃GT5Pで特攻しまくってた時に経験済みです(笑)
ただ前の車が何時ブレーキングを開始するかは分かりません
そんな時は「ブレーキを踏みながらアクセルを踏む」
つまり左足ブレーキですね
早すぎた、と思ったときはブレーキしながらアクセルを踏み込めば減速しなくなりますし、ヤバイと思えばアクセルを離せばOK

逆に自分が前方にいる場合、コーナーのかなり手前からチョンブレで後方を走行してる方に「減速するよ」と合図してますが、これを始めた頃からよく追突されます・・・ってことは手前すぎるってことですね
今後は気を付けよう・・・
筑波サーキット
また、これも基本中の基本ですが「サイドバイサイドの時、相手の走行ラインは潰さない」
これは出来る人と出来ない人で相手の評価がかなり変わってきます
あからさまに押し出してくる方は当然ですが、例えばコーナーでイン側からサイドバイサイドを仕掛けたとして、アンダーステアを出して少しアウト側に車を押し出してしまったとします
これはオーバーテイクを仕掛けて少しオーバースピード気味に進入してるので仕方ない部分もあるんですが、押し出された側はそんなこと知りませんから「なんだアイツ、当てて抜いていきやがった。マナー最悪」と感じます
そんなつもりは全くなくても相手を押し出してしまうことがあるので、なかなか難しいところですよね


ここからはちょっと応用的な話
94irSNA86_Kx2Bl.jpg
まずは「レース中考えてること」から
勝利するために走る実際のレースの世界では勝つことが全てであり、何よりもまずは勝つことを優先するのが当然の話
しかしGT5はあくまでもゲームであり、道楽・遊戯・遊びなわけです
GT5でプレイする人全員が「勝つために」レースしてるわけではなく「レースを楽しむ為」だったり「速い人のラインを研究するため」だったりします

ちなみに僕は、この画像のようコーナーリング中サイドバイサイドになるのが好きで、その時間がイッチバン楽しいですし、その時間を味わうためにGT5をやっているようなものです
「勝ちたい」と思うこともありますが、そんなに固執してないつもりです
まとめると僕は「サイドバイサイドするためにレースをする」ということ

しかしサイドバイサイドになるということは、仕掛けられた側からいうと走行しようとしていたラインで走れないということになります
接触でラインを膨らまされたら尚更です
実際のレースの世界では「仕掛けた方の勝ち」なのかもしれませんが、GT5では「綺麗なラインで走ってトップになりたい」と考える方も当然いる訳で、仕掛けた方のことを「強引なやつ」と捉えることもあります
この場合、仕掛けた方のレースマナーは悪いのか良いのか、本当に微妙なところです
LmdnJnuJsO3D263.jpg
また、レース中のブロックもそうです
ここで言うブロックは直線で蛇行して抜きに来た相手を壁に押し付ける・・・というのではなく、コースの中央付近を走って相手に抜きに行かせるスペースを与えない、といったものです
大概ブロックする車というのはセッテが上手くいってなかったりで遅いパターンが多いわけで、中団あたりの順位争いだとトップのマシンがドンドン差を広げ始めているでしょう
そうなるとブロックしてる車を抜こうとしてるドライバーは、早く抜いて追いかけたいはず
しかし抜けないと「邪魔だ」と感じるようになり、冷静に見ればしつこくブロックしてなくても、物凄いブロックの仕方をしているように見えてしまいます
やはりここで「コイツは走行ラインを邪魔するマナーの悪い奴だ」という話になることがありますが、この場合もブロックしたマシンのマナーが悪いのか良いのかが微妙なところ
リプレイでは何にも問題のないフェアなレースでも、レース中の心理で「こいつはマナーが悪い」「あいつとは走りたくない」と感じることがあると思ってます
皆さんそういう経験ってありませんか?
eQU1vdkrX89kJyl.jpg
仮に押し出してしまった、クラッシュさせてしまった時は相手の復帰を待って相手の後方を走る、というのは相手から見ると「ああ、悪気はなかったのか」と感じさせることができますが、やっぱりトップ争いしてるとなかなか止まろうと思えない事があるんで、そんな時はレース後にまっ先に謝れば悪気が無かったことが伝わるんじゃないかなと思います

大変なのは自分からしてみれば何も問題なくても、相手からしてみればトンデモないことをやっちゃってる時
こっちは悪いと思ってないんで止まりませんし謝りませんが、相手がレース後に「あれはないんじゃない?」なんて言葉をもらっちゃったときは謝ります
その時リプレイセーブして相手側の視点で見ると、意外に自分がえげつないことしてたりするんで結構反省する機会があります(汗)


グランバレー・スピードウェイ
最後にレースでの抜き方やブロックの仕方
僕はGT500等速い車を操作し道幅の広いコーナーで抜く場合、アウト側から仕掛けることが多いです
何故かというと
・イン側のラインより緩やかなので立ち上がりで安全に抜ける
・仮にブレーキングが足りなくてミスしても相手を巻き込まず自分だけの被害で終わる(笑)
グランバレー・スピードウェイ_1
画像のグランバレースピードウェイを例にとれば、2コーナーはインとアウトが逆転するんでオーバーテイクの成功率も高いです(某漫画の黒エボⅢ乗りみたいな技w)
しかしアウト側から仕掛けるのは自車が相手よりコーナーリング性能が上か均衡してなければいけませんし、道幅の狭いサーキットでははみ出すだけなので、一概にアウト側だけで抜いてるかと言えば完全に嘘になってしまうのですが・・・
コート・ダジュール
次にクロスライン
進入はアウト側で並びかけて、立ち上がり重視のラインで立ち上がりはインラインで抜けるというものですが、難しいのは相手の車と自分の車のラインが交錯したとき
画像はインに入る時のものですが、自分の狙い通り相手が膨らんでくれればいいものの、インラインキープで走られてしまうと思わずオカマ掘ってしまうことがあります
自分はその辺気を付けないとな~と思ってますね
コート・ダジュール_1
コートダジュールの2~3コーナーもインとアウトが逆転しますが、こういう状況ではアウト側でアクセルを踏む時間が長いほうが有利ですね

ちなみに自分はここまで考えてレースはしてません。あくまで「サイドバイサイドを楽しむ」ことだけ考えてレースしてます(笑)
なのでこういったオーバーテイクが決まるとメチャクチャ楽しいですね!
OucNXqATA0AyNnr.jpg
あとブロックですが、直線でスリップにつかれてしまって相手が追い上げて来た場合は特にブロックしたりはしません
ただコーナーで並びそうな場合はイン側のラインをキープしますかね
コーナー進入時に半車身前に出れればポジションをキープできますし、特攻されてコースアウトすることもないですし
ただインに付くというということは自分が頑張りすぎて相手を押し出すことがあるので、そんな時は相手の復帰を待って「ごめんなさい」と言うしかありません

コーナーでのブロックは「センター・イン・アウト」のライン取りをすれば問題ないのかなーと思います
とにかく進入で相手がノーズを入れることができなければ順位を守れると思います
後ろばかり気にして常に相手をブロックするラインは嫌われますし、すぐ抜けれてしまいますからね


とりあえずこんな感じで書きまくってみましたが、要するにレースは人と戦ってるので、自分が感じること=相手が感じてること、ではないということですね
よくマナー云々で苦労してるプレイヤーはこの辺が重要なんじゃないかと思います
ほとんどのプレイヤーは「楽しく熱いレース」が理想じゃないかと思うんですが、その内容が異なるんですね
GT5は上手くても下手でも「楽しく熱いレース」はできると思います
この記事がその「楽しく熱いレース」実現の手助けになればいいな~とか思っとりますm(_ _)m
関連記事
スポンサーサイト


コメント

  1. fujio | URL | -

    結構微妙なとこ多いですよね(;^ω^)

    自分なんかは半車身以上抜け出てても結構インからガツガツ当てられるんであっさりイン空けちゃいますw

    この記事見て勉強になりますし、これからまた勉強します(o´∀`)

  2. APEX | URL | -

    Re: タイトルなし

    fujioさん、こんばんは~
    ですね~
    強引かどうかは心境次第で感じ方が変わったりするんで、なかなか難しいです
    ただ、そういうのが対人戦の面白いところとも言えるんですがねw

    インから強引に行かれたときは、「スローイン・ファストアウト」のセオリーを捨てて「ファストアウト・スローアウト」で行くと、当てられた時の衝撃が上手く外に流しつつ車が前に進んでくれますのでコースアウトを防ぐことができますよ~

  3. dee | URL | -

    ホンマのレースをしようと思うなら、それぞれが車とコースに慣れた上で攻めきれる状態で、しっかりラインコントロールできる者同士じゃないとな。これが大前提やろう。俺がオープン作る時にコース固定にしてるのは、最低でもコースぐらいは慣れ易くした方がいいって考えてるからやのよ。
    それで、同じくらいの腕の相手・同じ車とかなら、ブレーキするポイントも大して変わらんから、前におろうが後ろにおろうがコントロールしやすいし、衝突も避け易い。
    やから、お前とサイドバイサイドとかはめちゃ楽しいよ俺は(^^)

    マナー云々については、しっかり裁定下すオフィシャルがおらなな~。これが現実と違う所やろう。部屋主が代わりを勤めるとしても、レース全体は見れんからな。即座に巻き戻してチェックとかもできんし。

    観客が基本的におらんってのもアレかもな。
    実際のスーパーGTやらで、いくら速く走れるドライバーでも、ラフな走りして勝つような人ではファンの人気出んし、スポンサーも嫌がるから商売が成り立たんようになったりするやろうて。

    こういう「型」がないGT5の世界やから、俺はレースの仕方は相手によって変える。
    お前相手やったら、ギチギチのガチガチでいくし、よく知らん相手やったら、もうちょっと距離置いてスマートにマトメるとか。

    なんにせよ、レース相手は機械じゃなくて人なんやから、同じラウンジにおるんやし、色々話してお互いを知る事がレースには一番大事やろうぜ。
    やっぱり誰でも、抜きつ抜かれつの大接戦は楽しいもんやから、知り合いになればそういうレースにも持っていきやすくなる。

    なにより、勝とうとすれば強引になってまうから、俺は最初から勝ちは捨ててるのよ。プロでやってて生活掛かってるわけじゃないしな。
    その時に近くにおる相手と、どれだけやり取りできるか。それを中心に据えて考えて走ってるよ。

    そういう事やから、阿部くんが言ってる事は、俺は正しいと思うよ。
    これからもガンガンやろうぜ。
    が、あんまり知らん相手には慎重にな。動き読めるようになるまで。

  4. APEX | URL | -

    Re: deeさん、通称「総帥」さん

    いや~総帥、こんにちは
    総帥のコメントだけで1つの記事になる程のコメント、ありがとです

    そうなんですよね
    オフィシャルの存在がないから、マナーやらペナルティは参加者のモラルに掛かってるのがGT5のシステム、もっといえばオンライン通信出来るものはほぼそうですよね
    総帥部屋がコース固定なのはたしかにコーズに対する熟練度の差が小さくなっていくんで、レースが成立する確率が上がりますよね
    >やから、お前とサイドバイサイドとかはめちゃ楽しいよ俺は(^^)
    僕にとっては恐怖心との戦いですw

    >観客が基本的におらんってのもアレかもな。
    あ~そういう見方もありますか
    それも一理あるのかもしれませんね
    自分の場合、実況とかしてる部屋行くと、いいところ見せたくなって調子に乗るよコースアウトとかしちゃうんですが(笑)

    相手によって走りを変える・・・結局それが重要なのかもですね
    じぶんに欠けてるのはそこだと思います
    相手が誰であれフェアにブロックしつつサイドバイサイドに持ち込んで、抜きつ抜かれつのままゴール・・・が理想の自分は、知らぬ間に自分のスタイルを他人に押し付けてレースしてたのかもしれませんね

    勝ちを狙うと、記事冒頭で書いたような走りがある一種の理想になりますからね
    ただdeeさんにはたまには勝ちを狙って「パッドのタツジン」らしいところを見せてほs(ry

    まあそれは置いといて、deeファミリーは自分とつるんでるプレイヤーさん達の中でもトップレベルの集まりだと認識してるんで、毎回遠慮無しに走ってますよ
    その時の走りと知らない人達が集まる野良部屋での走り分けが自分の課題ですね

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://apexevolution.blog112.fc2.com/tb.php/773-3aae1dc0
この記事へのトラックバック



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。