EBBRO 1/43 ESSO Ultraflo SUPRA JGTC 2004(再うp)

2012年03月24日 16:19

前回のエントリーのデンソー→今季脇阪加入で話題→・・・?
これで強引に繋げてやります
P3230408.jpg
エブロ1/43エッソウルトラフロースープラJGTC2004
ドライバー:脇阪 寿一/飯田 章
2004年度全日本GT選手権500クラス参戦車両:シリーズ3位
個人的に脇阪選手と言えばこのマシン
2年くらい前に既に記事化してましたが、デジカメにしてから撮影してなかったんでこの際再アップ

実は昨日記事を書き上げたものの、操作ミスで全部無かったことになっちゃったので今日記事化となりました(笑)
にほんブログ村 コレクションブログ ミニカーへ
にほんブログ村
ブログランキング参加中!↑をポチっとお願いします
P3230409.jpg
僕がGTレースに興味を持ち始めた頃、一番好きだったのがこのマシンでした
ブルーと白のカラーリング、そして虎
全部好きだった(笑)
当時GT500はZ・スープラ・NSXの3車種(まあムルシエとかの外車もいましたけども…)でしたが、その中ではスープラが好きだったのもあるのかな
06年にトヨタがマシンをSC430にチェンジすると聞いて、当時よくJGTC・SGTに詳しくなかった自分は「エッソだけはスープラのままでいてくれ」と願ってました(笑)
結果的にスープラはサードと土屋で、ルマンのマシンはエッソですらなくなりましたけども(^^;
そのおかげで06年からはカルソニック一本で応援してます
P3230410.jpg
P3230411.jpgP3230412.jpgP3230413.jpgP3230414.jpg
何だかんだで8年くらい前のモデルになるんですね、コレ
青い部分の塗装が薄くてエッジが透けてるんですが、それ以外は何も文句無くエッソウルトラフローカラーを楽しめます(笑)
このスープラはフロントよりリアからの眺めの方がカッコイイなぁ
アクセントになってる「虎」はデカール処理。現代じゃタンポ印刷使いそうですね
ウエイト30kgということはデンソーと同じくRd2菅生仕様
カナードが無いのは検証ミスかと思ったんですが、実車もついてなかったみたい
菅生でのエッソは…トップ争いしつつ300クラスと絡んでパンクしちゃいましたね
なんでこう微妙な結果のレース仕様が多い…
年式は違いますが03ザナヴィGT-Rと並べると絵になりますよね~
P3230415.jpg
以下実車について
「ESSO TOYOTA Team Le Mans」
自社開発グループCマシンやル・マン24時間レースへの参加等で名を馳せたチームル・マンは1999年からトヨタ・スープラでGT500クラスに参加した
参戦初年度からトヨタ系トップチームとして活躍し、ドライバーに脇阪寿一・飯田章を起用した2002年にはシリーズチャンピオンの座に輝いた
2003年にGT-Rに破れ連覇を逃したチームル・マンは、王者奪還に向け2004年シーズンに参加
ドライバーはチャンピオン獲得したペアのままだが、車両となるスープラはエンジンが5.2Lから4.5Lへスケールダウン
これは新レギュレーションにより大排気量車両にもエンジンのエアリストリクター経の制限が設けられたための変更だった
シーズンの幕が上がると、「エッソウルトラフロースープラ」は開幕戦を安定感ある走りで見事2位を獲得するが、第2戦菅生・第3戦セパンとポイント圏外となる順位でのフィニッシュとなってしまった
しかしライバルのチームも取りこぼしがなかったわけではなく、エッソスープラが第4戦・5戦で2位、第6戦で4位となると、十分にチャンピオンが狙える位置で最終戦を迎えた
ここでこの年デビューとなったZを逆転してタイトル奪回したいエッソスープラでしたが、ウエイトハンデ100kgは影響しセッティングに四苦八苦。結局予選はランキングトップ・ザナヴィニスモZより下位の13番手からスタート
決勝でもペースは上がらず、35周走ったところで油圧が下がってしまいリタイヤ
2年ぶりのタイトルは叶わなかった

このカラーリングのスープラ、グランツーリスモ4では2001年型が収録されてたんですが、GT5では「ESSO」の字が使えなくて収録されてないんですよね
残念ですね~(T_T)
関連記事
スポンサーサイト


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://apexevolution.blog112.fc2.com/tb.php/776-1b19b136
    この記事へのトラックバック