--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

EBBRO 1/43 DATSAN SUNNY Coupe 1200 GX 1970

2012年04月05日 11:10

ゆたっちからの置き土産頂きもの
P4050553.jpg
エブロ1/43ダットサンサニークーペ1200GX1970
台座表記は「NISSAN SUNNY Coupe 1200 GX one of 3000pcs」なのですが、当時日産はダットサンでしたし、丸型メーターから1970年モデルと推測してこのタイトル(笑)

ユタゾンビ副総帥はノスタルジーな車が好きなのかと思いきや「P-4クジで最高のハズレだった」とのこと
ありゃりゃ(^^;)
にほんブログ村 コレクションブログ ミニカーへ
にほんブログ村
ブログランキング参加中!↑をポチッとお願いします
P4050547.jpg
サニーとしては2代目のB110型系クーペモデル
今じゃ考えられませんが、当時のサニーは走り屋に超人気なレースベースカーでしたねぇ
星野一義や北野元など、レジェンド級のドライバーがこの車でレースに出てましたし、ドリキンこと土屋圭一もこれの中古を買って碓氷峠で腕を磨いたとか磨いてないとか・・・
Wikipediaのページにあるようなチンスポやワタナベ製8スポークホイールなんかで武装するとメチャクチャ渋くなります
P4050548.jpg
P4050546.jpgP4050549.jpgP4050550.jpgP4050552.jpg
2001年生産のミニカーってことでそんなに凝った作りではありませんが、軽く見る感じ良く出来てます
グリルの塗り分けとかフェンダーミラー、純正ホイールなんかも(この状態の実物見たことないんですが)よく再現されてると思います
ただまあ、やっぱり純正の見た目だとミニカーとしては個人的にちょっと魅力に欠けるかな…実車でこの状態だったらプレミアものだと思うんですが
裏側はほぼフラットボトム化されてます(笑)
P4050551.jpg
以下実車について
ダットサン・サニーは1966年から発売されたセダン・クーペ・ハッチバック・バン等のボディタイプを持つ大衆車
このモデルは1970年~1972年に生産された2代目のB110型系だ
当時カローラを意識した「隣のクルマが小さく見えます」というCMキャッチコピーが表すように、初代・B10型からボディサイズが拡大されて簡素なイメージを払拭
さらにフロントサスペンションにマクファーソン・ストラット式独立懸架を採用することで素直なハンドリングを実現することに成功
エンジンはエンジンは直列4気筒OHV A12型1200ccを採用
発売から3ヵ月後にはセダン、クーペにSU型ツインキャブを搭載するスポーティグレード「GX」を追加し、よりスポーティなイメージを植えつけた
また1971年登場の「エクセレント・シリーズ」にはサニーとしては初のSOHCエンジンである、直列4気筒 SOHC のL14型・1400ccを設定
これもライバルであるトヨタ・カローラが1400ccエンジンを搭載したことに対抗しての搭載であり、両者の競争の激しさを伺い知ることができる
ちなみにこの「エクセレント・シリーズ」には元々ロータリーエンジンを搭載する予定だったが間に合わなかったという話がある(1972年に東京モーターショーで出展)
有名な「サニトラ」もこの型ベース(B120型)だが、こちらは2008年までの37年間生産され続けたロングセラーモデルとなった
モータースポーツの活躍も大きく、当時のダットサンワークスやプライベーターがレースにこのB110サニーを使用して、星野一義、北野元、鈴木誠一などのドライバーが好成績を収めている
またそこそこ馬力があるエンジンに軽い車体、安価な価格、FRレイアウトが相まって当時の走り屋に人気があり、レーサー仕様のサニーが峠道を駆ける姿がよく見られた

古き良き時代を代表する車だったわけですな
ぶっちゃけ今こういう車が欲しいですよね
最近出た86・BRZがまあその立ち位置なのかもしれませんが、もっと小さい車でもいいですよね(^^;)
関連記事
スポンサーサイト


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://apexevolution.blog112.fc2.com/tb.php/781-4c73bb6a
    この記事へのトラックバック



    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。