--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【GT5】NSGT第0戦後記【SRTGT】

2012年04月30日 20:13

参加申し込み開始間際に参加を決め、チームメイトを探し出し、正式に参加することになった、GT5イベント『ニコ生スーパーGT300クラス2012シーズン』
開幕前にGT300マシンの性能調整不足・運営/参加者の交流不足・その他の理由で、開幕戦だったニュルGP/F150kmレースをプレシーズンレースとして開催することが決まった
ニュルブルクリンク GP_F
そして4/27・28日に、GT300の予選が開始された
チームメイト・ミズは都合が合わず、アペックスのみが参加することとなったSRTGTは28日の当日予選枠

果たして無事に予選を突破し、スーパーラップ、決勝レースに駒を進めることはできたのだろうか…?
ニュルブルクリンク GP_F_1
実は僕らが担当しているこの「インプレッサスーパーツーリングカー」はNSGT300規定のマシンの中では正直戦闘力不足なマシンで、SRTGTが極秘にテストしたインプレッサTCやコルベットRM、雨宮RX-7と比較すると、このニュルGP/Fでおよそ2秒遅いペースしか刻めず、チームメイト・ミズと共に苦悩を続けてました
最初に決めたセットアップで2分1秒後半がアベレージとなってましたが、チーム2人の情報交換やデータロガーを駆使して徐々に自己ベストタイムを更新していき、第0戦開幕前には2分0秒台に入るまでになりました
そして予選日の午前中には2分0秒425というベストタイムを記録。正直ここまでのタイムアップはミズがいなければ有り得ませんでしたし、ほぼマシンの限界に近いラップだと感じました

しかし決勝前日予選の時点で、スーパーラップ進出には2分0秒5というタイムがボーダーとなっていて、このタイムを越さない限り決勝進出はありえません
同じ日に予選を行うマシンにも戦闘力の高いマシンが多く、このボーダーは確実に上がる模様
どうにかして午前に出したタイム以上のタイムを出さなければなりません

そして自分が参加してる予選ヒートがスタート
↓がその模様です

直録申し訳ない
ニュルブルクリンク GP_F_2
予選は10分間のノックダウン方式
ピットアウトしたSRTGTインプレッサAPEX号は、アウトラップから他のマシンとの間隔が上手く稼げず、1回目のアタックは他車がコース復帰したタイミングと重なってしまって失敗
すぐにピットに戻りタイヤをフレッシュにする
そして2回目のアタックでは2分1秒中盤というタイム。現状このタイムで終わるわけには行きません
またタイヤを替えて再度アタックへ
なんとか他のマシンと遭遇することもなくアタックをすることができ、2分0秒725というラップタイムを刻む
この時点で10分のアタックが終了
このヒートでは2番時計だったものの、全車予選終了した時点で16番手となり決勝進出を逃してしまった

ニュルブルクリンク GP_F_3
この予選で他を圧倒したのはACVAN SportのインプレッサTC
HIDEが1分58秒280というタイムをたたき出してポールポジション
他2人も予選を通過し、チーム全員が決勝に残るという偉業を達成
決勝でもその速さを発揮し、HIDEが優勝、F_ffffffffff_aが4位に食い込んだ
また、アルテッツァTC・RX-7TC・雨宮7も高いパフォーマンスを示し決勝レースを盛り上げていました
一方予選から苦戦したマシンも多々あり、MR-S・ランエボⅨ・シルビア・NSXRM・セリカなどは予選通過が厳しい性能となっているようで、昨年のNSGTで活躍したドライバーをもってしても敗退したチームもあった
うちのチームのインプレッサも性能は厳しいと感じてます

NSGTでは5月のGW中に性能調整案の申請を受け付けるという話があります
NSGTAの方にもこのマシンの性能を分かっていただくため、SRTGTで色々テストしてみました
無題
これはうちのインプレッサSTCと開幕戦を制したインプレッサTCとの比較ですが、NSGTが開催されるコースのベストラップを比較した結果、現状の性能ではどのコースでも2.5秒以上遅い結果となりました
その後インプSTCの上方修正の度合いを検証。パワーを規定の305psから350psへアップすれば、どのコースでもインプTC比で0.4秒くらいの差で遅い性能になりました
また、タイヤライフが厳しいと言われるインプTCとはラップタイムだけは比較しかねるということで、ニュルGP/FをRSタイヤで8周したときのタイムを比較しました
結果はインプTCよりインプSTCの350ps仕様の方がベストタイムもトータルタイムも遅く、インプSTCは8周タイヤが持ちませんでした
早い者勝ちでマシンが決まった以上、僕は現状で速いマシンは速いままでなければいけないと思ってるので、この結果は狙い通りです
性能調子案募集が始まった時点でこの画像と共に運営の方へ送りたいと思ってるんですが、もちろん運営がテストして決まるので、この案が通るとは限りません
ただ、最低でも340psは無いと厳しいと感じてます
ニュル戦である程度セット方針が決まったので、大幅なタイムアップは望めませんし…


第1戦では生放送見てる方にSRTGTの2台が優勝を争う姿を見てもらいたいですね(^^)
関連記事
スポンサーサイト


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://apexevolution.blog112.fc2.com/tb.php/791-8ba3df30
    この記事へのトラックバック

    まとめtyaiました【【GT5】NSGT第0戦後記【SRTGT】】

    参加申し込み開始間際に参加を決め、チームメイトを探し出し、正式に参加することになった、GT5イベント『ニコ生スーパーGT300クラス2012シーズン』開幕前にGT300マシンの




    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。