--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【GT5】NSGT第1戦後記【SRTGT】

2012年05月20日 15:03

5/16~5/19にかけて予選Q1・Q2・決勝と行われた「ニコ生スーパーGT(以下NSGT)300クラス第1戦富士GT」
Ra0UiLzGA8hRHUl.jpg
GT300クラスに参加するアペックスとミズが所属するチーム「SRTGT」は第0戦終了後に性能調整の見直しをNSGTAに申請し、「SRTGTインプレッサSTC」はこのレースから性能調整が見直されて従来の305ps→310psへと性能が引き上げられた
しかしそれでもマシンパワーがモノを言う富士スピードウェイでは厳しい戦いが予想されたが、果たして決勝に進出できたのだろうか…?

このレースから前回不参加だったセカンドドライバーのミズが参加
2台体制で決勝進出を目論むこととなった
wt7YteaBy1kvHIT.jpg
この「富士スピードウェイGT」というコースは走り慣れた「富士スピードウェイF」とダンロップコーナーが全く違うコーナーになっているのが特徴で、シケインではなく90度コーナーとなる
また予選中のコースアウトぺナルティが厳しいことでも有名
NSGT300規定のマシンの中にはコーナーリング性能が低くストレートスピードが高いマシンが何台か含まれており、馬力調整が入ったとはいえインプレッサSTCにとっては鬼門となるこのコース
しかしドライバーの2人は不得意としているわけではなく、後半の第2・第3セクターで詰めることができればギリギリの予選通過も夢ではない

練習走行で好調だったのはミズだった
予選日前日に1`37.123というタイムを出し、その後の走行では36秒台にギリギリ乗せる走りを見せる
アペックスはセットの影響かストレートで伸び悩むが第3セクター重視の走りで1`37.143がベストタイムとなった

迎えた予選Q1

(直撮り申し訳ない)
ヒート内で一番早くコースに出てアタック回数を増やそうと意気込むアペックス
しかし最初のアタックタイムは伸び悩んで1分37秒中盤止まり
ミズもセクター1で直線番長のシルビアに肉薄するが、コカコーラコーナーでコースアウトしてアタック失敗
シルビアが36秒中盤までタイムを伸ばしていく中、アペックスは上手くラインに乗せて走れない
最終周にタイム更新は叶わず1`37.403、予選順位26位でアタック終了してしまう
最後の砦となったミズは最終周に1`37.222を刻んで更新
しかしこのタイムも21位止まりとなり、SRTGTの決勝進出は叶わなかった

決勝へのボーダータイムはKBIレーシングコルベットの1`36.820となっており、練習走行での最速タイムはおろか理論値でも通過できないタイムだった
5xmoiNaGSWuLe6G.jpg
~SRTGTドライバーの本音コメント~
APEX-evolution.jpgアペックス(予選26位)
「正直なところ、決勝に残れなかったことは全然悔しくない。だって今までのベストタイムより予選通過ボーダータイム速いんだもん(笑)。それより何より同じマシンのミズに負けたのが悔しい。練習でストレートがミズのマシンより3~5km/h遅かったのが謎だったけど、セッティングは特に問題なくてインプSTCの性能はほぼ引き出せてると思う。ニュルGP・富士GTと結果だけ見れば不甲斐ないけど、今までGT5してきてここまで真剣にセット決めてるの初めてだし、この2戦どっちも初走行から1秒以上車を速く仕上げられてる。ここまでやってまだトップから1.5秒も離されるのがなんか・・・ねぇ。変な話、トップクラスのマシン使えば自分もミズも予選通過できるタイムが出るだけに『インプSTCが遅い』と言いいたくなります。運営が『これで行ける』と言ってるんだから、あまり言いたくないですけどね」
mizu312.jpgミズ(予選21位)
「とりあえずアルテッツァ(予選Q1トップ)速すぎ!!コカコーラコーナー通過スピードが500クラスより速いってなんなんだよ!(笑)。でもまあアペックスに勝てたのは嬉しいかな~。うちの車は性能調整入ったけど、正直もっと馬力ないと厳しいだろうね…。もう1回性能調整入ることを願う!」
(ミズのコメントはミズが言ったことを私が解釈してまとめてますw)


決勝は第0戦の覇者・アカバンスポーツのはいど選手がPP
順調なスタートからアルテッツァや雨宮7などのマシンを振り切り見事連勝を飾った
今回シルビアやセリカ・MR-Sと第0戦で苦戦した本家JGTCマシンが予選を突破し決勝へ進出したのも大きなトピック
特に苦戦が予想されていたシルビアの驚異的なストレートスピードは今後の高速コースでの期待度が高まる結果となった

次回第2戦はアメリカ屈指の高速テクニカルコース・インディロードコース
ホームストレートはオーバルコースを使用しているため、はやりここでもインプSTCは苦戦するだろう
しかしアペックスにとってはGT5TTCで製品版GT5を入手した思い出あるコースだけに、なんとか決勝に残れるだけのタイムを出したいところである
関連記事
スポンサーサイト


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://apexevolution.blog112.fc2.com/tb.php/796-bb1b5245
    この記事へのトラックバック

    まとめtyaiました【【GT5】NSGT第1戦後記【SRTGT】】

    5/16~5/19にかけて予選Q1・Q2・決勝と行われた「ニコ生スーパーGT(以下NSGT)300クラス第1戦富士GT」GT300クラスに参加するアペックスとミズが所属するチーム「SRTGT」は第




    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。