[GT5プレイ日記]#49 溜まったリプレイ放出レポート1・字幕実況付き

2012年06月18日 23:32

上田『モータースポーツ・GT5ファンの皆様ご機嫌如何でしょうか。スーパーGTRdSPグランバレー8ラップバトルの時間です。
実況はは私上田、解説にレーシングカーデザインで有名な油浦さん、さらに今回は初回ということでゲストにニュル村住民であり趣味でレースゲームを制作していらっしゃる内山さんに来ていただきました。この3人でお伝えしていきたいと思います。
油浦さん内山さん宜しくお願いします』

油浦『はい宜しくお願いします~』
内山『宜しくです~』
1_20120618000542.jpg
上田『さて今回のレースなんですが、内山さん、このブログ主のフレンドの方の部屋でのレースなんですよね』
内山『そうです。特に予定していたわけでもなかったようですが、人が集まってたんで入室した時のレースらしいですね。
直前の開会宣言の時にちょっと衝撃的なアナウンスがありまして…参加者皆優勝を狙ってきてますよ!』

上田『いや~楽しみですね。
スーパーGTRdSPグランバレー8ラップ、まもなくスタートです!』
上田『今回のレースレポートは皆様に向けBGMをご用意させていただきました』

上田『Dakota StarのBreak Down オリジナルバージョンです。たしかGT4に収録されていた曲はリミックスバージョンなんですよね』

内山『そうですね。私はこちらのオリジナル版が好みですかね。ちなみにGT4Pにはこちらのバージョンが収録されていました』
上田『なるほど。ご観覧くださっている皆様、是非お聴きくださいませ』
tVLVPbWawYdOjnP.jpg
上田『さぁフォーメーションラップが始まりました。まずはGT500からスターティンググリッドの紹介です。
ポールはイエローハットYMSトミカGT-R。凄まじい予選でしたね油浦さん』

油浦『凄かったねぇ~。ミスが無くて非の打ち所がなかったですからね』
上田『もう1台のフロントロー、2番手スタートはレクサスのバンダイディレッツアSC430。
続いてモービル1NSX、ザナヴィニスモGT-R、カストロールトムススープラ、エプソンNSXというオーダーです』

内山『全6台ですねぇ』
上田『油浦さん的に見て今回のGT500、来そうだなって雰囲気のマシンはどれですか?』
油浦『僕はモービル1NSXですね~。予選はちょっと振るわなかったですが、この年のNSXは空力の完成度が非常に高くて安定してますからね。レースじゃ上がてくるんじゃないですか?』
上田『なるほど。内山さん的にはどうでしょう?』
内山『うーん…やっぱりイエローハットですかね。ポールなんで…』
上田『・・・なるほど。』
U2xOQupzonbXiSe.jpg
上田『続いて300クラスが出ていきます。スターティンググリッド紹介しておきましょう。ポールはレッドブルTT-R。特認車両であるDTM車両が来ましたね』
油浦『リストリクターで絞られたとはいえ、ダウンフォースはGT500並みですからね。決勝も速いと思いますよ』
上田『2番手にはウェッズスポーツIS350、3番手にブリヂストンFTO、4・5番手にARTAのMR-Sとガライヤ、6番手セリカ、7番手に雨宮7、最後方スタートにM3GT-Rです』
内山『僕はFTOに頑張って欲しいですね。参加車種中唯一のAWDなのでどんな走りをするか注目したいです』

上田『さぁ、ペースカーがピットへ戻ります。条件は完全なるイーブン、均衡する競争力。クラスの壁を超越し言い訳無用のガチンコ勝負が絶え間なく続く2012年。
勝ちたくば、策を練り、脳細胞をフル稼働せよ
勝ちたいか?ならば限界を超え、限界を突入せよ!!

2_20120618000539.jpg
上田『さぁー今GT500のスタートが切られたぁ!イエローハット好スタート、バンダイが続いて…
おっと?エプソンが6番手から4番手まで順位を上げてきた!』

油浦『ちょっとザナヴィ・カストロールがスタートミスしましたね』
yYJ_LUDxW8y2Wq7.jpgxDD6Ac0nO5eju9S.jpg
上田『おっといきなり一触即発だ。バンダイにモービル1がアウトから仕掛けて、これはあっさりかわしていった』
内山『NSX勢はスタートが鋭いですね』
油浦『NSXは少々タイヤに厳しいところがあるんで、早めに逃げ切っておきたいんでしょうね』
グランバレー・スピードウェイ_1
上田『集団が中盤のトンネルセクションへ流れていきます』
1339943900BF9VQQFByZmHGxn.gif
上田『あーっと多重クラッシュだ!
いきなりエプソンがスピンしてそこにザナヴィが突っ込んでしまったァ!』

油浦『トンネルの入口の道幅が狭くなったところにリアを当ててしまったんですね。これはフレームから逝ってそうだなぁ…
ザナヴィもこれは逃げ場がなかったね』

内山『エプソンはスタートが決まってただけに残念ですね。1周もしないで2台がクラッシュ、これはもうリタイヤでしょうね。』
j_MuY5L4cB1ZjOI.jpg
上田『そしてカストロールがバンダイをかわしていった。いきなり波乱、いきなり波乱ですグランバレー!』
油浦『ダンロップ温まり悪いのかなぁ…ペース上がんないね』
LZGtk2KsAL4hZWf.jpg
上田『さぁそうこうしているうちに300クラスもスタート!
個性豊かなマシンが1コーナーを抜けていきます』

7fKKTik8TCOuoZd.jpgHZe76bP_XFQCjOU.jpg
上田『こっちもいきなり来たぞ~ヘアピン!
3ワイドだ3ワイド!インはガライヤが奪ってトップ奪取だぁ』

内山『熱いっすね~!ガライヤって何番手スタートでしたっけ?』
上田『ガライヤはえーっと・・・5番手、あー5番手から一気にトップへ上がってきたのか』
油浦『すごい車決まってますね。ヘアピンの進入はクラッシュすると思っちゃった』
8ulCy4VkMO2uVwS.jpglJKd01xoPPEY_P8.jpg
上田『500は2周目に入ろうとしてます。おおっと、モービル1がイエローハットの背後を捉えた!
スリップを完全に生かしてマシンを右に出し…』

flPoOgHOccCbo2N.jpg
上田『オーバーテイク決めました!
油浦『モービル1いいですね~』

内山『これは逃げ切っちゃうんじゃないでしょうかね?』
QReD6b2iRfo6wTy.jpg
上田『その後ろでは…ああっと?カストロールがコースアウトしてバンダイが上がりました』
油浦『これはハーフスピンですかね。アクセル開けすぎたかぁ…』
内山『97スープラはタービン大きいですからターボラグが効いたんでしょうね
A6u5Nt9MoJtf5SI.jpgjDqAoRoCmy7b4CI.jpgQdBEYpQLmqTuUo4.jpg
上田『300でもストレートで来たか。TT-Rがガライヤに仕掛ける…がこれはガライヤが堪える!
油浦さん、TT-Rとガライヤではストレートスピードどっちが上でしょう?』

油浦『見た感じだとTT-Rの方が伸びてるね。ただコーナーはガライヤの方がいい感じかな。
TT-Rが仕掛けるとしたらやっぱり1コーナーの侵入に限定されちゃうかもね』

cyO3pb0hJrDcLq4.jpg
上田『おっとここで接触!』
油浦『あー危ない!』
CWlyPdcZ4dQnrB8.jpg
上田『フロントから大破ーッ!
内山『逝っちゃいましたね。自走でピットに戻れるかなぁ…』
上田『セブンには大きいダメージは無さそうです』
VaWbcASNQfyff69.jpglvV4xHcUIEFxovI.jpg
上田『GT500は3周目に入ろうとしてます。おや、トップのモービル1がホワイトラインを横切ってピットに入ってきましたよ?』
内山『直前にコースアウトしてスライドしてましたね。ミスピットかなぁ…』
油浦『8周なんで1ピットでもGT500なら有り得ますね。フレッシュタイヤでガンガン攻める作戦なんでしょう』
上田『300のMR-Sとカストロールも入ってきました』
dELMuC_n3TpIjt5.jpg
上田『モービル1のピット早いですね~!』
油浦『スープラは時間かかったね。ターボはやっぱり大食いなのかなぁ』
上田『大食い、つまり燃費が悪いということですね』
油浦『そうですね。やはりNAのNSXより燃費は悪いですね』
1_20120618192605.jpg
上田『300クラスは少しトップ2とそれ以降が離れてきました』
内山『ガライヤのペースがかなり良いですね。TT-Rも追いすがってますがちょっとチャンスが少なくなってきましたね』
2_20120618192604.jpg
油浦『3番手争いが熱いね~。』
上田『爆走坂東組のISとセリカ、それにFTOですね。』
3_20120618192603.jpg4_20120618192602.jpg
上田『その3番手争いにGT500トップが追いつきました』
内山『あっ、ストレート危ない!』
油浦『セリカが右に出したときにGT-Rと交錯しそうになりましたね』
上田『3ワイドになりながらセリカが3番手に浮上!おっと?1台芝生に止まってるぞ?』
内山『モービル1ですよ!どうしたんでしょ?』
5_20120618192601.jpg6_20120618192600.jpg
上田『リプレイを見てみましょう』
油浦『うわーウォールクラッシュですね』
上田『大きいダメージを負いました!これはリタイヤでしょう』
8_20120618194939.jpg
上田『さてカメラをGT300の3番手に移しましょう。あっと、セリカがオーバーランだ
油浦『GT500にコースを開けた際アンダーを出してしまったんでしょうかね』
9_20120618194938.jpg10_20120618194935.jpg
下田『それをキッカケにISが攻める!バンパートゥバンパー、完全に背中取りましたッ!』
11_20120618194934.jpg
上田『あっとそこにFTOが加わってきた。3台並んだ、3台並んだ!』
油浦『うっわーなんだこれー!』
12_20120618195750.jpg13_20120618195749.jpg
上田『ここで一気にFTOが前に出ました!』
内山『今のブレーキングやばかったですね』
上田『しかし…ちょっとFTOがはらんでまた差が詰まる!まだまだ分かりませんよ』
14_20120618195748.jpg15_20120618195747.jpg
上田『ヘアピン区間はMRマシンの庭!ISがインからFTOと並ぶ~がちょっと接触!』
油浦『FTOが煽りを食らってコースアウトしましたね。セリカにも抜かれてしまいました』
16_20120618195746.jpg
上田『いやぁ…凄いバトルですね』
内山『ね。僕が言ったように皆さん勝ちを狙ってきてるでしょ?』
油浦『凄まじい執念ですね~。私はすごい好きですよ、こういうの』
17_20120618195745.jpg18_20120618200905.jpg
上田『さて各クラスのトップを確認してみましょう。GT500先頭はイエローハットYMSトミカGT-R。2番手バンダイSCとは7~8秒近いタイム差があります』
油浦『あと3周ですね。この差を挽回できるか見ものです』
上田『GT300はARTAガライヤがトップ。追いすがるTT-Rはちょっと離されてしまったか?』
内山『ペースがガライヤの方が良いですからね~。どうなってくるんでしょうか』
19b.jpg20_20120618200902.jpg
上田『GT300の3番手争いは依然として激しいバトルが展開されてます。セリカ前に出ましたね』
内山『あれ…前にいるのガライヤですよね?トップだったと思うんですが』
油浦『これはどういうことですかね?』
21_20120618200901.jpg22_20120618200900.jpg
上田『リプレイをご覧頂きましょう。あーっとガライヤは単独スピンだ!
油浦『外側の縁石に乗せてスピンしちゃったんでしょうかね。フロントがかなり傷んでます』
内山『これは痛いですね』
23_20120618202336.jpg
上田『ん…?ちょっと待ってください。イエローハットのペースが…上がってないんですか、これ?
ただいまホームストレートを通過してファイナルラップに突入したんですが、2番手バンダイとの差が4秒差から2錨鎖に縮まってます』

油浦『急にペースが落ちてきましたね。どうしたのかな』
上田『ここまでトップを守ってきたイエローハットに異変か…?』
24.jpg
上田『ヘアピンでは一気に差が詰まったに見えます』
油浦『もしかしたらタイヤかもですね』
上田『ここまで無風とみられていたGT-R、ファイナルラップでフロントタイヤから悲鳴が上がる!異常発生だ!
内山『SCはトルクが細いのでタイヤへの負担が少ないんでしょうね。これはどうなるんだ』
25.jpg
上田『GT300もファイナルラップへ突入していきます』
油浦『3番手争いがまだ分かりませんね。現在ISが3番手ですか』
内山『どのマシンが表彰台に登るかホント予想つかないです』
26.jpg
上田『GT500トップ争いがグランバレー名物のブリッジを駆け抜けて…あーもうバンダイがイエローハットの背中を完全に捉えました!』27.jpg
上田『最後のトンネルを抜けてシケインへ突入していきます!』
油浦『パッシングヤバイね~ガンガンプレッシャかけてるよ』
内山『あと3コーナーですよ!』
28.jpg
油浦『もうコーナーリング速度はかなり差が出てるようですね』
上田『軽く追突しながらシケインに進入!』
29.jpg30_20120618215653.jpg
上田『そしてバンダイがイエローハットに並びかける!サイドバイサイドでシケインを立ち上がっていく!』
31.jpg32.jpg
上田『バンダイが前に出た!トラクションが掛からないGT-R。しかしまだ分かりません。スリップについて最後に逆転することができるかGT-R!抑えられるかSC430!』
33.jpg
上田『逃げ切った!逃げ切った!大方の下馬評を覆してバンダイSC430が大逆転の優勝だーッ!』
油浦『いや~イエローハットホントに惜しかった!』
34.jpg
上田『300クラストップも帰ってきました。おめでとうTT-R。ドイツからの刺客が今日本のレースを制して勝利の味を噛み締めます』
内山『ガライヤは悔しいでしょうねぇ。TT-Rの安定感が素晴らしかったです』
35.jpg36.jpg
上田『さぁこちらまだ分からない3番手争いです。ISの背後からセリカが迫る』
油浦『スリップ来ましたよー!』
aV7gMvEjDOAoOdq.jpg
上田『今ホームストレートを通過してゴール!これはどっちだ!?』
gu13Pnc_Fhloxro.jpg
上田『ISだーー!
油浦『守りきりましたね!』
上田『坂東商会同士のクリーンな対決は新型のISに軍配が上がったぁー!』
内山『いやぁ…凄まじいレースでした』

上田『さて御二方にお伺いしたいんですが、今回のレース、ポイントはどこでしたでしょうか?』
油浦『そうですね~500クラスはやっぱりタイヤのライフでしたね。8周という周回数は非常に難しくて、今回ノーピットのマシンが上位独占しましたが1ピットのマシンがアクシデントに見舞われましたからね。そういう意味ではモービル1のクラッシュが非常に残念でしたが、バンダイの作戦も面白かったですよね』
上田『なるほど。内山さん300クラスのポイント総括をお願いします』
内山『一発の速さだけがレース結果繋がながらないって感じでしたね。ガライヤが逃げ切ると思ってましたがタイヤの踏ん張りが弱くて結果的に安定感のあるTT-Rが優勝しましたねぇ。あと3位争いは意地でしたね。ほぼ同時にゴールラインを切ったときは鳥肌が立ちましたよ』
上田『素晴らしかったですよね~
さてそろそろお別れの時間がやってまいりました。ご観覧いただいた皆様、凄まじい量のフォトと文字にお付き合い頂きありがとうございました。溜まったリプレイシリーズは今後も続いていく予定です。その時にまたお会いいたしましょう。ごきげんようさようなら~』

油浦『さようならー』
内山『さようなら』
関連記事
スポンサーサイト


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://apexevolution.blog112.fc2.com/tb.php/800-29687c52
    この記事へのトラックバック