--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[GT5プレイ日記]#52 9/26DLCカー紹介

2012年09月28日 01:14

皆様、ご無沙汰です
・・・今までの記事、鈴鹿観戦レポ2から「GT5小説」「GT5小説」「NSGT後記」と来てるんで、私自身として書いていくのは久しぶりかもです(笑)
dlc4.jpg
さて一昨日、久々にGT5からダウンロードコンテンツ(以下DLC)として新規車種3台が追加となりました
その新規車種を紹介したいと思います
まずは1台目
リーク情報が出回った時点で話題沸騰の1台
154585435_large_v1348741609.jpg
ホンダ ウイダーHSV-010(SUPER GT)`11
2010年にSGT500クラスへNSX-GTの後継マシンとして、企画として上がっていた次期型NSXのスタディモデルがバースと言われているボディを身に参戦し、Rd2岡山で初優勝、デビューイヤーをチャンピオンで飾ったHSV
今回収録されたのはサイドラジエターで武装しチャンピオンゼッケンを付けた童夢の11年モデル
11年SGT500でランキング3位となった車両です
(なんでチャンピオン取った10年モデルじゃないんだ)
京都 青蓮院_8京都 青蓮院_7
京都 青蓮院_5京都 青蓮院_6京都 青蓮院_9
まず最初に、PCゲームを除いたゲームの中で初めてHSVを収録してくれたポリフォニーデジタル様に感謝!
年式も去年のマシンで、TVで見た覚えがまだあるマシンをゲームで操れることに悦びを感じます
モデリングはポリフォの素晴らしい技術で完璧!
しかし、細かいながら車内のゼッケンボードのSGTマークが消えちゃってますが…
鈴鹿サーキット
走らせてみるとまず・・・気になっちゃうのは音でしょう
実車の「ファアアアアアアアンンン!」って感じではなく、GT5の05スープラみたいな「ギァァァァアアアアン!」って感じ。正直実車から音を撮ってるとは思えません
・・・が、実車のオンボード映像を見てみると、GT5の音とそっくりではないか!
車内の音しか撮ってないのか?
またGT500としての戦闘力は、自分的には非常に高いです
ツイッターの方で「アペ的GT5でのGT500勢力図」っていうのを定期ツイートしてるんですけど、コイツは2~3番目に入りそう
具体的には01/03NSXと08GT-R(3・12・23)の間、もしくは08GT-Rより速いかも
コーナーがGT500では異次元なんですが、直線スピードがSC430並に遅いんですよ
この辺実車っぽくていい感じ
鈴鹿サーキット_1
ただ、現在リリースされたばかり、しかも熱望されてたHSVですので当然GT500部屋はご覧の光景(笑)
車種被りが好きではない自分としては残念な絵ですけど、その分カルソニックの利用者が少なくなったようなんで、心置きなくカルソニック使えるのが嬉しいかも(笑)
初日も自分のカルソニックとZ23350さんのHSVで走ってすっごい楽しかった(^^)
出来れば他の4チームのマシンも欲しいですね

2台目はスバルのFRニューマシン
トヨタ86の兄弟車・BRZです
今日はどの道で笑う?
スバル BRZ S '12
2012年、トヨタとの共同開発によって生まれた新世代ライトウエイトFRスポーツ、BRZ
スバルお得意の水平対向4気筒エンジンに、トヨタの直噴技術を合わせた2リッターNAエンジン「D-4S」が絞り出す出力は200psですが、8000rpmまで回る心地よい自然吸気ボクサーサウンドと鋭いレスポンスが魅力
またサスペンションセッティングがオーバーステア傾向の86とは異なり、弱アンダーの少し大人な雰囲気を醸し出す乗り味となっているBRZが登場
ルツェルン カペル橋_4ルツェルン カペル橋_3
スパ・フランコルシャン京都 青蓮院_3京都 青蓮院_2
こちらもHSV同様、自分の記憶ではゲーム初登場のBRZ
86、FR-Sと似たようなのが連続で来て「水増しじゃねーか」とか思う人もいるかと思いますが、自分に言わせれば86とBRZは別車種
こういうのも水増しになるなら、水増し大歓迎ですよ(笑)
86とは基本同じ車のはずですが、エキゾーストノートが86と違います。実車は同じ音すると思うんだけど…
また走行するとリアのBRZエンブレムが欠落します(笑)黄色帽子スープラと同じ症状ですね
それにしてもメーターがカッコイイったらありゃしない・・・
ルツェルン カペル橋
5aKXO9HpFI9avXTxmDr_0.jpgbrz1.jpgbrz2.jpg
また86よりエアロパーツが豊富になり、オーストラリアでメーカーオプション設定されているインプレッサみたいなウイングも用意されてます
そんな訳でGT公式のフォトストリームでは実に多種多彩なBRZを見れる…と思ったんですけど、どれもこれもWRカーブルーマイカーで塗られた青いBRZしか発見できませんでした(笑)
…あ、86紛れ込んでる
最後は山内P枠
3年目の挑戦
日産 GT-R N24 GTアカデミー '12
main.jpg
↑公式のGTブログの画像に似せてみました。公式画像マジ惚れます

今年のニュルブルクリンク24時間耐久レースで、『GT学校初代卒業生「ルーカス兄ィ」と共に出場したい!!』っていう山内Pの夢が実現した記念すべき車両
ルーカス兄ィ・山内Pの他、昨年もGT-Rで山内Pと一緒にGT-Rに乗って優勝したトビアス・シュルツ選手と山内Pとは親友な山本泰吉選手の4人で参加
昨年のシュルツGT-Rとは改造範囲が違い、シュルツはオーバーフェンダー拡大等かなり弄った仕様でしたが、12年は市販の「クラブトラックエディション」に安全装備等レースに参加する最低限のパーツだけ取り付けて参戦
セットアップはGTスタッフがGT5(もちろん市販物ではなく開発用)で行なった数値を元にして行われました
マシンの特性上ストレートが速くコーナーが厳しい、難しい車両となりましたが、見事SP8Tクラス優勝・総合30位という記録を残しました
(SP8TクラスがこのGT学校GT-Rと、同じ車体を使うチーム日産自動車の2台しか参加してないっていうのは禁句)
アールヴァイラー 城門_4アールヴァイラー 城門_3
アールヴァイラー 城門_1アールヴァイラー 城門京都 青蓮院_1
誠に残念なことに、今回のDLCで一番期待されていなかったと思う・・・orz
でもでも自分はこのカラーリング好きだし、山内Pのニュル挑戦は応援してるから個人的には嬉しい1台
昨年のシュルツより好きかな。黄色い目とかゴチャゴチャしたステッカーが好み
そして当然ながら、GT以外のゲームでこの車両は収録されてません(笑)
最近GT-RがDLCに出たってだけで「水増しじゃねーか!」って風潮になってるように感じるのは自分だけだろうか
京都 青蓮院ニュルブルクリンク 北コース
あと車内がいつになく凝ってる気がする
張り巡らされたロールゲージが「ハコ車!」って感じでいいね
それに夜間走行ではゼッケン部が発光します
シュルツはどうだったかは忘れましたけど、こういうの見るとなんか嬉しくなりますね(笑)

それと走らせた感想なんですけど・・・この車両だけ他と挙動が違うような…
なんというか、全てにおいてシビアなんです。ブレーキを離した時・アクセルを踏んだ時の動きとか、スピンした時の挙動とか
一番わかりやすいのはニュル北で縁石乗せながら攻めることかな。他の車両なら踏んで行けるところが、コイツは車体が跳ねまくってマトモに走れません
常にコースの真ん中で走りたくなります
・・・もしかしてこれって、噂の「GT5アカデミーバージョン(?)」の挙動なんじゃないだろうか?
リアルでニュルなんて当然走ったことありませんが動きがリアルな気がして、写真のための走行のはずが、時間を忘れてニュル北3周くらいしてました(笑)
実は今回の3車種で一番の当たりなのかもしれん

さて、300円で一気に買いましたけど、今回はパックではなく単品で買えるんで好きなのだけ買えるのが良いですね
買った中でも一番使うような気がするのはHSV
・・・でも今使う人多いし、当分は封印予定かな
それじゃBRZ?うーん…PP500とかPP400ってあまりやらないし…ドリフトは86のイメージだし…ワンメイクには使いそうだけど…
・・・下手したら山内GT-Rが一番使うんじゃないかな(笑)

まあそんなわけで、今回も満足なDLCでした(^^)
次あるんだろうか?GT6へのネタ残しとく意味ではもう出せないんじゃ…
できればHSVの他チーム、もっと言えば11年シーズンのGT-RとSC430、さらに言えば11年カルソニックの収録を…無理か(笑)
関連記事
スポンサーサイト


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://apexevolution.blog112.fc2.com/tb.php/821-6bd14b0c
    この記事へのトラックバック



    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。