--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

EBBRO 1/43 CALSONIC IMPUL GT-R SUPER GT 2012

2012年11月02日 21:50

スーパーGTも公式戦が終わって、チャンピオンは500は最終戦前に決めちゃったS ROAD Reito MOLA GT-R、300は好調そうだった韓コックや馬鹿速いでちゃう///を逆転してENDLESS TAISAN GT3Rが見事獲得しましたね

今季のSGTは自分の予想や期待が見事に外れてくれたシーズンでしたね(笑)
開幕戦の時点では完全にSC430がチャンピオン(メーカーのサイクルで言えば今年はレクサスの年)だと思いましたし、毎年ゼッケン1を付けた車は何かしら調子悪いんでモーラは絶対ない…とか思ってたんですw
実際、モーラはセパンまで調子悪くて、SCはZENTもDENSOもエネゴリ君も調子良くて、最終戦にはこのレクサス3台でチャンピオン争いするものだと思っていました。っというか、思ってたのは自分だけじゃないはず
ところが鈴鹿1000kmから急にGT-Rが速くなって、モーラは終盤 4戦連続 (菅生含めるの忘れてました) 5戦連続表彰台、内2回優勝の謎ブースト炸裂
第6戦富士ではカルソニックが優勝して、まさかのチャンピオンに期待したのも束の間、翌戦APでモーラが決めちゃうという予想もしてなかった事態に(笑)

300は開幕の時点で、アウディR8のゲイナーがチャンピオンだろうと思いました
っていうか、本来ならR8が本命だったはず
ところが今季FIAGT3の性能調整はヨーロッパのものを適応するってことで、むこうでは上位チームが駆るR8やベンツ、Z4が何回も下方調整される一方、下位チームが使う911やアストンマーチン、そもそも参加してないGT-Rには全然下方調整されない状態に
JAFGTに関してはJAFGTで参加するって決めた時点で勝負権無いようなものでした

ハッキリ言って、今季のGT300は大失敗でしょう
もちろんチャンピオン取ったタイサンと、ハンコック&でちゃうのタイトル争いは見て面白かったんですが、ぶっちゃけ開幕戦からアストンがいたら最終戦前にアストンがチャンピオンだろうなと思いますし、欧州の性能調整に振り回されっぱなしで、車の性能とかドライバー・チームの実力というよりは「たまたま性能調整が緩かったマシンが勝つ」みたいなところが何回も見て取れました
DTMとGT500の共通化の話もそうなんですけど、SGTを海外の規定に合わせたりすることに関しての「見てる側の」メリットが全然感じられませんね
そりゃコストダウンとか併催しやすいとかあるでしょうけど、自分の中でSGTは所謂「日本ガラパゴスカー選手権」なのが面白さの1つでしたし、特にGT300に関してはJAFGTがFIAGT勢に対して余りに性能が劣ってるのが気に入らなかったです
500も14年から2L4気筒ターボエンジンになるらしいですが、DTMの方は17年まで今のままで行くらしいですし…
これからもSGTが海外規定に振り回されそうで不安ですねぇ


さて、前置きが本編みたいになっちゃいましたけど、本題はここから
今季仕様のカルソニックGT-R、買っちゃいました
PB020676.jpg

エブロ1/43カルソニックインパルGT-R スーパーGT2012
ドライバー:松田 次生/ジョアオ・パオロ・デ・オリベイラ
2012年度スーパーGT500クラス第1戦岡山GT300kmレース参加車両:予選11位/決勝10位
年間ランキング:4位

山あり谷あり・・・まさに今季のカルソニックを表すような言葉です
PB020677.jpg
開幕戦から大暴れだった12年のカルソニック
スピンするわ決勝でオレンジポール出るわで散々でした
富士では勝てそうなところを天候に惑わされて予定外のピット、菅生ではJ.Pがスタートで友軍・ニスモに突っ込んで終わり・・・由良さんの「これじゃ勝てないよねぇ」が印象的すぎた…
まあ、J.Pをフォローするわけじゃないんですけど、PPのエネオスのスタートがイマイチだったんで仕掛けどころは決して間違ってはいなかったと思うんですがね…牽制の仕方が自爆を招いた感じです
鈴鹿でも勝てそうなのにパドルシフトのパドルが内部パーツの破損で反応がしなくなるトラブルで勝てず
1勝するのが危うく思えたんですが、Rd6富士では圧勝のポール・トゥー・ウィン!
世間じゃプリウスvs韓コックで盛り上がってましたが、自分にはカルソニックしか映って無かったぜ←
まあその後のレースは特に書く事ないんですが、何だかんだでシリーズランキング4位
浮き沈みなければ…具体的にはRd2富士と菅生と鈴鹿…チャンピオンも十分ワンチャンだったと思うんですけど、結果を見ればまあ善戦してくれて、応援しがいあった年だったかと思います
PB020678.jpgPB020679.jpgPB020680.jpgPB020681.jpgPB020682.jpgPB020683.jpg

さてさてモデルカーの話をしましょうw
特に目新しくは無い感じですが、新形状のフロントフェンダーやリアフェンダーの彎曲した上部等、上手く再現されています
後に出るであろう「富士優勝仕様」にはあのミラーの再現に期待したいところ
ただ11年後半から採用されてるバーチカルフィンのディフューザーは真っ直ぐついてなくて見栄えが宜しくないですね
あとリアナンバープレートスペース部のブリヂストンロゴのみ旧ロゴなのは何故?
実車はちゃんと新ロゴなんですけどね…
買う前から何かリアウィングが低い印象があって、11年式岡山優勝仕様と比較しましたが明らかに低いですねw
実車もそうなのか写真とか見てましたが…確かにちょっと低いような…しかしこんなに低くは無いような…?
これはこれで印象が違って新鮮なんで良いかも
PB020684.jpg

以下実車について
2011年は日産勢同士のチャンピオン争いを展開し、シリーズを制圧した形になったGT-R
低重心化されたエンジン、熟成された駆動系、突き詰められた空力をもってして、2012シーズン開幕前にはチャンピオン有力車種としてライバルメーカーから注目されていた
しかしシーズンが開幕すると、運に見放される場面が何度も続いて第4戦菅生までに3位表彰台が参加4台合わせて最高位という窮地に立たされてしまう
ところがマシンの戦闘力は他のメーカーに負けておらず、日産陣営は予定通りの開発を続け、第5戦鈴鹿1000kmからGT-Rは息を吹き返し、新たなアップデートパーツにより安定感が向上したGT-Rは終盤4戦で3勝を記録し#1が2年連続王者に輝いている
闘将・星野一義率いる「TEAM IMPUL」は、2012シーズンも伝統のカルソニックブルーを纏った「#12 カルソニックIMPUL GT-R」を走らせた
開幕から一発の速さに定評を持つも、開幕戦では予選でクラッシュ、決勝では他車との接触でリアセクションが破損し修復を強いられ10位に終わる
レースペースだけで言えば500車両最速をマークしており、勝つのは時間の問題かに思われていたが、続く富士では終盤にピットタイミングが当たりトップを走るも、ラスト5周で降ってきた雨にレインタイヤを用意して交換。しかしこれが失敗となって5位で終えてしまう。セパンでも5位、菅生では1コーナーでGT-Rの同士打ちを演じてしまって0周リタイヤ、鈴鹿で4位と、今ひとつ波に乗れない中第6戦富士で優勝。チャンピオンの可能性を辛くも残すが、オートポリスと茂木の終盤2戦ではレインで劣勢のブリヂストンタイヤとセットアップのマッチングが上手く行かず、最終的にランキング4位でシリーズを終えている
PB020685 (980x637)

過去4シーズンのミニカーにはドライバーからサイン頂いてます
来年も必ずミニカーにサインいただくぞッ!
11月のJAFGPでは是非勝ってもらって、来年も期待できるってところを見せて欲しいですね~
ホント、マシンがR35になってからインパルは惜しいところまで行くもんですから、シーズンオフのモヤモヤが消えません(笑)
関連記事
スポンサーサイト


コメント

  1. Z23350 | URL | sZacC1Xg

     インパルね(^_^;思わせぶりな活躍してさぁチャンピオン争いって時に絶不調になったり、ファンはモヤモヤしますよね(笑)でも魅力的なものがなんかあるよね。うまく説明できないけど(^_^;
     次生が個人的にちょっと好きかな。ハコレースでは運持ってないけど(^_^;JPの菅生はむしろ笑ってしまったw
    モーラは5連続表彰台じゃない?すごいことには変わりないけど。ドライレースなら、ZENTでしたねチャンピオンは。レースはタラレバ禁物だけど。
     Sroadのミニカーはミニカーじたい久しぶりに買ったけど、エブロ昔よりできがよくなってる?のか、なかなか気に入りました(^.^)
     R35も年々カッコ良くなってる気がするけど新レギュレーションが心配(^_^;遅くなる上に格好悪くなっりしそう(^_^;海外とからんで良くなることはほとんどないだろうね。JGTC時代の方が客も入ってたくらいだし(時代と値段はちがうけど)国内レースなんてガラパゴスで良いのにね~。
     ながくなってしまった(^_^;またよろしくです

  2. APEX | URL | -

    Re: タイトルなし

    Zさんこんちは~
    一番悔しかったのは11年ですかねぇ
    インパルにしては珍しく序盤で勝ったんで、シーズン通してチャンピオンに期待してたんですけど、AP戦じゃトップ争いするモーラとニスモに周回遅れになったあと詰まってて、ちょこちょこTVに映る姿がもどかしくてもう…w 
    松田選手は11年の富士戦で凄い好きなりましたね。汚いって言う人もいるけど、ケーヒン抑えきったのはマジで惚れました(笑)

    hpiとかと比べるとツライですけど、エブロ出来は悪くないですよ
    ただモーラに関しては、なんでわざわざリタイヤしたセパン仕様にしたのか解りませんがw

    あくまで「見てる側」の意見ですけど、日本独自のレギュがここまで出来上がってるんで、なにもDTMやGT3と同じにしなくても…って気がしますね
    今の500の「09規定」ってホントいいレギュだと思うんですよ。特別性能調整無いし、メーカーの技術やドライバー・チームの力でレースが展開されてるように見えるんで、毎回見ごたえがあります
    300はもう「全日本GT3選手権」でイイんじゃない?って感じですね。そうなったらもう見ませんが…
    過去のタイサン911だとかRX-7だとか、プライベーターならではの工夫が見られたマシン見るのが何よりの醍醐味でしたので…

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://apexevolution.blog112.fc2.com/tb.php/834-ad5988fb
この記事へのトラックバック



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。