--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

EBBRO 1/43 SUBARU BRZ R&D SPORT SGT300 2012

2012年11月19日 23:07

昨日はグランツーリスモでのリアルイベント「レットブル5G西日本予選」へ参加してきました!
結果は…5位でしたぁorz
東京で開催される決勝へは2位までが条件ですので、僅か(?)に届かず…
しかし電脳世界で知り合った方々と実際にお会いして、「グランツーリスモの話」から「レットブルのおねーさん可愛いよねの話」まで交流することができて非常に楽しかったです
詳しくはまた後日、改めて記事にしようかと思います

それにしても今年はネットで知り合った方とよく会います
しかも全てGT5繋がりで
GT5で新しい世界が広がるような、不思議な気持ちです

さて本題に入りましょう
予約してましたブツが届きました!
PB190713.jpg
エブロ1/43スバルBRZ R&DスポーツSGT300 2012
ドライバー:山野 哲也/佐々木 孝太
2012年度スーパーGT300クラス参戦車両:シリーズ14位
今年発売されたスバルのFRスポーツカー・BRZのスーパーGT仕様、買っちゃいましたよ~
PB190711.jpg
今季圧倒的不利だったJAF-GTマシンの代表と言ってもいいマシン
去年の東京モーターショーで発表されて、その時は「うおーカッケェ!来年はコレ速そうやなぁ」とか思ってたんですが、観戦していた開幕戦・岡山では思いの外目立たなくて「…アレ?」と、悪い意味で期待を裏切られちゃいました
しかし、フロントが10年のHSV、フロントフェンダーが09年のGT-R、リアフェンダーが08年のSC430でディフューザーが10年HSVっぽいルックスが凄く好みで、FIAマシンが主流になってきたGT300ではコレとプリウスをこの1年応援してました
誠に残念ながらBRZは優勝はおろか表彰台にすら上がれませんでしたけど、ミニカーが出たら机上に欲しいと思ってましたら…先に出た「東京モーターショー仕様」がバカ売れしてプレミア価格販売になってるではないか!?
焦りに焦って、慌てて予約してました(笑)

余談ですけど、山野選手と佐々木選手のコンビ、結構ファンですw
インプレッサ時代から今まで「絶対この車で勝つんだ」っていう努力っていうか、熱意が伝わって来るっていうか…
BRZに関しても山野選手が「やっぱりまだ0歳児なんですよね。だからみんなで育ててあげないといけない」っていうコメントを「スバルがYoutubeに上げてる動画」に残してるんですが、ちょっとグッとくるものがありましたね
来季もGT300で増えるであろうFIA-GTに負けないで、是非優勝・チャンピオンを取ってもらいたい1台です
PB190712.jpg
PB190710_20121119212924.jpgPB190717.jpgPB190715.jpgPB190718.jpg
エブロの新作モデル、つい最近出ました(^^)
当然の如くバリエーションはそんなに望めないと思いますが、レジンではなくダイキャスト製
造形は申し分なしで、塗装も美しくWRブルーマイカー(ではないのかしら?w)が再現されてます
が、それだけにアンテナが明後日向いてたり、部分的にデカール再現でそのデカールが歪んで貼られてたり…っていうのが気になります
タイヤが実車以上に大きく見えますが、扁平率がいつものように大きすぎてないんで見栄えはまあまあ良いです
あとディフューザー奥のワイヤー(?)とか頑張ってますよね
それにしてもリアディフューザーってこんな大きかったのか…
PB190719.jpg
以下実車について
BRZはスバルがトヨタとの共同開発で完成させたFRスポーツカー
トヨタ86とは兄弟車にあたり、スバルお家芸の水平対向エンジンが魅力で発表当初から話題を集めていたが、2011年の東京モーターショーではそのBRZのスーパーGT仕様が発表された
それがこの「SUBARU BRZ R&D SPORT」だ
その名の通り、2011年までレガシィB4でGT300へ参加していたR&Dスポーツのマシンとなるが、マシン開発はスバルのモータースポーツ部門であるSTiが担当し、R&Dはメンテナンスやチーム運営を担当する体制となっている
因みにエンジンは市販車に積まれる自然吸気のD-4Sではなく、インプレッサから続くEJ20型ターボエンジンだ
ドライバーはレガシィ時代から引き続き山野哲也と佐々木孝太となる
スバルブルーに彩られたBRZは菅生でのテストを経て高い完成度を誇っていったが、この年増加したFIA-GTマシン勢の戦闘力は高く、開幕戦からBRZは苦戦する
初戦の岡山ではマシントラブルでリタイヤ、第2戦富士でもストレートスピードが伸びずトップから2周遅れの9位、セパンで8位、菅生ではフロントタイヤのサイズやジオメトリーを見直し、マシンの進化が見られるも10位フィニッシュであった
第5戦鈴鹿1000kmではレガシィで2勝を挙げた相性の良いレース
このレースから排気レイアウトをフロントフェンダー下へ移設したBRZはこのレースで他車と遜色のないペースを刻み、予選4位から中盤までJAF-GT勢の武器となるロングディスタンスでの安定感で優勝を狙える位置に着けていた
しかし92周目のバックストレッチでまさかのガス欠によりストップ。大きなチャンスを逃がしてしまう
続く富士でもBRZの進歩が垣間見え、6位入賞を果たす
雨と霧で赤旗が振られるアクシデントもあったオートポリスではこの年1番の好走を見せて、BRZ初表彰台を目前としていたが、終盤のコースアウトでラジエターに芝生が詰まり、最終ラップでまさかのスローダウン。悔しい4位となった
最終戦・富士スプリントカップでも展開に恵まれず、結局シーズンを通して表彰台に乗ることはできなかったが、まだデビューシーズンで時折見せる速さは、2年目以降に期待が高まるものであった
PB190709.jpg

実は冒頭のレットブル5Gのため大阪へ行って、終わったあと日本橋の「スーパーキッズランド」に寄ったんです
そしたらこのBRZが4870円位で売ってたんですよ
自分これ予約して、送料込みで5500円でしたので…「あぁ失敗した…」と思ったんですけど、実物見るとそんなんブッ飛びましたねw
値段がちょっと割高でもどうでも良いくらい、このミニカーはカッコ良い(^^)
関連記事
スポンサーサイト


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://apexevolution.blog112.fc2.com/tb.php/837-105152b1
    この記事へのトラックバック



    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。