--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【NISMO FESTIVAL 2012 in GT5 Report4】ツインドリフトコンテスト

2012年12月31日 17:11

表紙 (2)
今回の「ニスモフェスティバル2012inGT5」唯一のドリフトイベント「Twin Drift Contest」
開催にあたり、やはり日産ファンにはドリフトを楽しむ層もいるのではないか、という発想の下企画したこのイベント
そのイベントレポートを掲載します
今回のエントリーチームはこの4つ
女王
Entry Number 1
Team Neam:女王様とお呼び
Member:プリン/コンバース
Car:S13シルビアQ's1800cc(プリン)/S14シルビアQ's前期型(コンバース)
GT5界でのグリップの名手2名で構成された「女王様とお呼び」は、何と2台ともNAのシルビアを選択
非力な車種でイカ天ばりの命知らずな接近ドリフトとそれに伴うアクシデント・・・にも期待してみたい
アロー
Entry Number 2
Team Neam:Red Arrows Racing Drift Project with TTCT
Member:雪風/フジオ
Car:BNR34スカイラインGT-R VスペックⅡnur(雪風)/BNR32スカイラインGT-R VスペックⅡ(フジオ)
NSGTにも参加する「Red Arrows Racing」はD1に参加していたBee☆Rの全面協力の下、「R324」のフロントとリアを分けて完全に「R32」と「R34」にしてしまった…という車両で参加
擬似FR化しているとはいえ平均速度の高いクルマでツインドリを成功させられるか
ログアウト
Entry Number 3
Team Neam:Team Log Out
Member:ケーヒン/マツキュー
Car:Z32フェアレディZツインターボ(ケーヒン)/S15シルビアスペックR(マツキュー)
こちらもグリップの名手2人がチームを組み、車両は日産の2大ドリフト定番車とも言えるZとシルビアを用意
メンバー2名の仲があまり宜しくないとの話があるが、うまく呼吸を合わせて欲しいところ
岡ちゃんすぷれえ
Entry Number 1
Team Neam:岡ちゃんすぷれえ
Member:フシアナ/シンジ
Car:Z33フェアレディZ後期型カーボンボンネット(フシアナ)/Z33フェアレディZ後期型カラードボンネット(シンジ)
「ヤシオファクトリー」の暴走オヤジ「岡村和義」が開発したラジエター冷却スプレー「岡ちゃんスプレー」を装着したZ2台がワンメイクチームとして参加
サドンデスの耐久でもヘコたれない走りで勝負する
富士すp-度ウェ
今回の審査コースレイアウトは、富士スピードウェイFの第13コーナーからプリウスコーナー(旧ネッツコーナー)にかけての区間
非力なマシンでの参加も視野に入れ、富士の中でも低速セクションな区間としました
今回はドリコンではなくツインドリなので、細かなラインドリや少々のインカットは気にせず、ただただ「ドリフトのシンクロ」をテーマに審査していきます

今回審査員として参加してくれたのは、「Team Weld」のリーダーであるXSAさん、C6コルベットワンメイクチーム「TeamA.S」のメンバーyaSuさん、過去に自分も加入していました「TEAM_REV_LIMIT」のたけちゃんさん、とGT5界の名だたるドリフター
またこの競技の模様はXSAさんがニコニコ生放送で中継し、部屋に居ない方もご覧になることができました
この場を借りてお礼申し上げます
Team Weldホームページ
XSAの放送部屋(ニコニコ生放送)
TeamA.Sホームページ

また審査方法は1本目に2チームがまずツインドリを披露し、2本目は各チーム前後のメンバーを入れ替えてツインドリをして審査する
各チーム2本のツインドリを審査し、その優劣を決める
コンビ2人がどちらが前・後でも上手くツインドリを決めることが、この競技の鍵となるはずだ

今回はベスト4のトーナメント方式で大会を開催
参加申請順を予選順位とし、1位vs4位、2位vs3位で1回戦を争う
女王岡ちゃんすぷれえ
1回戦最初の組み合わせは「女王様とお呼び」vs「岡ちゃんすぷれえ」
女王vs岡ちゃん1女王vs岡ちゃん4
2チームとも走行前は非常に落ち着いてる様子
女王vs岡ちゃん2女王vs岡ちゃん5
1本目の走行、「女王様とお呼び」は先行がプリン後追いコンバースを選択
しかし比較的パワーのあるS14がS13の低速ドリに対応できずドリフトが戻ってしまう
「岡ちゃんすぷれえ」は先行フシアナ後追いシンジ
同じ性能のマシン故か、息の合ったツインドリフトを魅せ1本目のアドバンテージを奪取
女王vs岡ちゃん6女王vs岡ちゃん9
各チーム入れ替えとなった2本目
「女王様とお呼び」は今度は逆の展開で、S14がS13を引き離してしまう
「岡ちゃんすぷれえ」は入れ替えても接近したドリフトを展開し、決勝へ進出したのは「岡ちゃんすぷれえ」のフシアナ/シンジのコンビであった
ログアウトアロー
続いて1回戦第2試合は「チームログアウト」vs「レッドアローズ」
ログアウトvsアロー1岡ちゃんvsログアウト15
闘争心を燃やす先発・アローズに対し、冷静な静止を見せるログアウト
走り出す前からプレッシャーの掛け合いが始まる
ログアウトvsアロー4ログアウトvsアロー6
「アローズ」1本目はR32のフジオ先行、R34雪風後追いで走行
AWDマシンとは思えない華麗なツインドリを披露する
「ログアウト」はS15マツキュー先行、Zケーヒン後追いでスタートするが、両者の間には少し差が出来てしまった
6:4でアローズがリードする
ログアウトvsアロー8
しかし2本目の走行で展開が一変する
「アローズ」入れ替えでの追走は、プリウスコーナーでトラクションの掛かりが今一つなR34のインをR32が突いた際に激突
コースを大きく逸脱しR34のドリフトを妨害してしまい、これは大きなミスとなった
ログアウトvsアロー10
一方の「ログアウト」もプリウスコーナーでS15が少々強引にZのインからオーバーテイクしたが、こちらは両者辛うじてドリフトが持続していたため決着
「ログアウト」マツキュー&ケーヒンが決勝進出となった!
女王アロー
これから決勝!~の前に、3位決定戦を始めます!
共に敗退してしまった「女王様」vs「アローズ」の対戦
女王vsアロー1
1度負けを経験し、お互いにガンを飛ばし合う4台
しかし車格やプレミアムカーであることなど、睨み勝負ではアローズの2台に軍配が上がった
女王vsアロー3
先攻・女王様は1回戦と同じ組み合わせで走行
しかしS13プリンがプリウスコーナーでアウト側に流れてしまう
ツインドリのシンクロさとしては少し評価しにくい走行に
女王vsアロー4
アローズがアドバンテージのチャンスかに見えたこの1本目
しかし後追いの雪風が13コーナー進入で痛恨のシフトミス!
ハーフスピンを喫し8:2で女王様がリードを奪った
女王vsアロー6女王vsアロー8
2本目の走行はアローズのイエローGT-R2台が意地を見せるツインドリをするも、1本目のミスを取り返すには至らず
3位女王様とお呼び、4位Red Arrows Racing Drift Project with TTCTが確定した
ログアウト岡ちゃんすぷれえ
そして迎えた決勝戦
仲良くない中でもここまで息を合わせてきたログアウト対、未だミスをしていない岡ちゃんすぷれえ
高次元のツインドリ対決に期待が高まる
岡ちゃんvsログアウト1
緊張が最高潮まで高まる決勝
お互い相撲を取り合って緊張を紛らわす各チーム
特に唯一シルビアのマツキューは激しい動きでシンジのZを圧倒
岡ちゃんvsログアウト4
岡ちゃんvsログアウト5
2チーム共やはり決勝へ上がるだけにミスのない美しいツインドリフトを魅せる
実況を担当したアペックスも圧倒され上手く言葉が見つからない・・・
岡ちゃんvsログアウト6岡ちゃんvsログアウト7
入れ替えての2本目はお互いにミス
ログアウトは13コーナーでビタビタの追走を見せるがプリウスコーナーへの振り返しでS15がバランスを崩しコースアウトしてしまう
一方の岡ちゃんすぷれえはスタートタイミングが微妙に合わず、終始2台に差が生まれた
どちらにアドバンテージを付けるか悩ましい結果・・・勝負はサドンデスに持ち込まれる
岡ちゃんvsログアウト9
岡ちゃんvsログアウト11
サドンデスは各チーム自信のある組み合わせで1本ずつ走り勝敗を決める
共に100%の力で挑む2チーム、サドンデス1本では勝敗を決めるのが難しく2本目へ縺れる
岡ちゃんvsログアウト13
サドンデスの2本目先攻のログアウト
っと、ここでケーヒンが遅れてドリフトも戻り気味になる
これは何かトラブルか・・・?
マツキューフライング
原因はスタート時、スタート掛け声前にスタートしたマツキューに対しスタートやり直しすると思ったケーヒン
しかし競技続行した為差が生まれたままツインドリを開始してしまったとのこと
これは審議になりましたが、今回ドリコンではなく力を合わせ協力して魅せるツインドリコンであるため、チーム内でのミスから問題が生まれたと判断しこの件はやり直し無しで競技を進めることにいたしました
岡ちゃんvsログアウト14
岡ちゃんすぷれえはウィニングランのように悠然とツインドリフトを決め、この勝負は決着
NISMO FESTIVAL 2012 in GT5 Twin Drift Contestはチーム「岡ちゃんすぷれえ」のフシアナ/シンジ組が優勝となりました!
惜しくも2位はTeam Log Outという結果になりました


今回参加いただいたプレイヤーの皆さん、おつかれさまでした
今回初めてドリフト形式の大会を主催させていただきましたが、非常に楽しかったです
実況もさせていただきましたが、V-optで見るようなハイテンション実況とは行かず、若干力不足な感じだったかに思いますがどうでしたでしょうか?

また今回審査員として参加していただいた3名の方には心から御礼申し上げます
特にXSAさん・yaSuさんには生放送の方で実況・解説も担当してくださり、放送もなかなか盛り上がっていたように思います
ありがとうございました

ドリフト経験の少なさからフレンドが居なかったのですが、今回参加者はグリップ中心メンバー、審査員はドリフト中心のメンバーが(狙ったわけじゃないんですが)揃い良い感じで交流出来たかと思います
またこのようなイベントやってみたいですね^^

さて2012年もこれで最後です
年跨いじゃいましたが、150kmレースのレポートも勿論やりますのでご期待下さい^^
関連記事
スポンサーサイト


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://apexevolution.blog112.fc2.com/tb.php/849-d562035a
    この記事へのトラックバック



    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。