EBBRO 1/43 CALSONIC SKYLINE JGTC 2001 High down force

2013年02月01日 16:45

2月に入りましたねぇ
・・・だからって別に何もないんですが(汗)、2月の予定で大きいのと言えば「大阪オートメッセ」に行くことですかね
去年は行かなかったんですが、前回のラジコン記事で紹介した白ワンビアラジコンの友人N・Sから誘われたので2/11の最終日に行こうかと
2010年に行ったときは微妙な感じがしたのですが、今年はどうでしょ?

さて、2013年初青いミニカーです
しかもJGTCR34、もう大好物中の大好物
(今年に入ってお金使い荒い気がするが大丈夫か?)
P1310860.jpg
エブロ1/43カルソニックスカイラインJGTC 2001ハイダウンフォース
ドライバー:星野 一義(Rd.4~Rd7)/本山 哲/服部 尚貴(Rd.1~3)
2001年度全日本GT選手権GT500クラス参戦車両:シリーズ11位(本山 哲)

やっと入手しました!カルソR34'01年式H.D.F!
P1310858 (1000x500)
この厨二くさい名称がたまりません(笑)
P1310861.jpg
コレずっと欲しかったミニカーで、今回入手できて大変嬉しゅうございます
エブロの2001型GT-Rのミニカーは通常モデルと、このフェンダーが角張った仕様をモデル化した「High down force」仕様がこの年参加の3チーム出てるんですが、自分は2001年カルソを入手する際は絶対このハイダウンフォース仕様にすると決めておりました
たまーに通常モデルが安値でオクに流れたときは何度葛藤したことか・・・
んで今回このHDF仕様がオクで出品されてまして、競りに勝って込み6野口さんで入手
今まで競りに負けたときに比べると安値で落札できて良かった(´∀`)
ミニカー買ってこの幸福感は00年カルソR34を入手した時以来、なんかもう手が震えてくるレベル
P1310862.jpg
P1310863.jpgP1310864.jpgP1310867.jpgP1310865.jpgP1310866 (1200x900)P1310868.jpg
ミニカー自体は実に10年前の骨董品(笑)
ですのでヘッドライトやリアウィングの作りが若干ちゃっちいですが、それもご愛嬌
何て言うのかな…モデル自体の出来は最新物の方が遥かに良いんですが、これはむしろある程度は似てなくても気にならないっていうか・・・「このミニカーが好き」って感じです
ですがしっかり実車の特徴は捉えてる感じで、特徴とも言えるフェンダーの出っ張りなんかもいい感じですし、ちゃんとインパル車のみ装着のエアロミラーなのがナイス!(ニスモはフォーミュラータイプ)
最近出たP-4のレジン製は丸テール四灯がちゃんと付いてないのも多いですが、これは4つともしっかり付けられています
タイヤも薄くぺターと低い車高なんか凄くいいです
殆どデカール再現ですが、前の持ち主の扱いが良かったのかダメージは特にない模様
ちなみにハイダウンフォース仕様でカルソロゴ下の「REINS」ロゴがあり、かつノーウエイトというとシーズン最上位でフィニッシュした「第5戦もてぎ」仕様だと思われます
余談ですが通常仕様は「第4戦富士」仕様
P1310869.jpg
以下実車について
1999年よりベース車をBCNR33型からBNR34型へ変更し3シーズン目を迎えた2001年
マシンは2000モデルの時点で既に完成の域に達しているが、それでもライバルに比べ劣る戦闘力をカバーすべく日産陣営は「2000モデルのファインチューニング版」をコンセプトに改造・開発していくことになる
まず2000モデルで実施した「エンジン搭載位置を下げて重心を下げる」という手法を切り詰め、さらに5%エンジン高を下げることに成功
更に空力デザインも変更。新レギュレーションに「ホイールセンター下の部分の改造を許可する」という新規定が生まれ、それに伴いリアフェンダー周りの形状を改良しリアバンパーもそれまでより小型のものを装着
フロントフェンダーは2000モデルで登場したハイダウンフォース仕様を標準とし、富士スピードウェイでのレースでは従来のなだらかなデザインで使い分け、フロントバンパー左右の開口部分の面積を広げて冷却効率を高めることにも成功している
そうした改良を重ねシーズン開幕に3台のスカイラインが揃った
その内チームインパルが走らすのがこのカルソニックスカイラインだ
ドライバーは昨年同様星野一義/本山哲のペアであったが、直前に星野は道路交通違反で運転免許取り消しとなり、代役として加入したのはホンダから移籍した服部尚貴だ
しかし開幕戦は接触からタイヤバースト、Rd2富士では電気系統のトラブルでリタイヤ、Rd3菅生で7位となり初ポイントと流れが良いとは言えない状況に
Rd4富士からは免許が戻った星野が服部に代わり再びステアリングを握り、Rd5もてぎでは待望の新モノコック仕様となりシーズン初の3位表彰台を獲得する
その後は鈴鹿で11位、最終戦美祢で5位となるが、シリーズ通してのランキングはフル参戦の本山が11位
予選では時折速さを見せたが、それを決勝で活かすことができない辛い1年となった
P1310870 (800x539)
今回この2001H.D.Fを入手したことで、カルソR34年式コンプリートすることができました!
新旧色々混ざってしまってはいますが、これでコレクションの「1つ」は完成…ってところでしょうか
P1310871 (800x557)
この絵…嗚呼至福
関連記事
スポンサーサイト


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://apexevolution.blog112.fc2.com/tb.php/858-02008e9d
    この記事へのトラックバック