VITESSE 1/43 Mitsubishi LANCER EVOLUTION ⅣWRC 1998 SAFARI RALLY KENYA #1

2013年03月18日 20:43

このままではブログ始まって以来最遅の更新頻度になりそうな3月
そろそろ記事稼ぎしていかねば…w
2週間近く前に紹介したEVOⅢからの繋ぎでこちらを紹介
P3181098 (1000x613)
ビデス1/43三菱ランサーエボリューションⅣWRC1998サファリラリーケニア#1
ドライバー:トミ・マキネン/コ・ドライバー:リスト・マニセンマキ
1998年度FIA世界ラリー選手権Rd3サファリラリーケニア参戦車両:リタイヤ(エンジントラブル)
同年年間ドライバーズランキング:1位

WRC革変年の97年からWRカー規定マシン相手に戦ったエボⅣ
コイツは98年マシンですから、エボVまでの「繋ぎ」的役割を持った年ですね
P3181099.jpg
エボ好きの自分の中でランエボシリーズではあまり好きな部類ではないエボⅣ
ですが世に「ランエボ」の存在を知らしめたのはこのエボⅣじゃないでしょうかね
ラリーアートカラーのエボⅣは見たことないって人、なかなかいないのでは?
トミカとかでもモデル化してますし、グランツーリスモにも初代からラリー仕様(GT3除く)が出ていますしね

このミニカー、いつかはもう覚えていないのですが、幼少期に親父に強請って買ってもらったような記憶があります
一体どんな手段で定価6000円くらい(推定)の高価なミニカー買ってもらえたのかは定かではありませんが、おそらく10年は家にあります(笑)
丁度hpiからはエボⅣだけ飛んで発売予告が出ていますので、手放すことも無く大事にしたいと思います
(外箱紛失&クリアケースボロボロで手放せない)
P3181100.jpgP3181101.jpgP3181102.jpgP3181105.jpgP3181103.jpgP3181104.jpg
前記の通り、無茶苦茶古いモデルカー
もしかしたら00年カルソより古いですから、出来は極力突っ込みたくは無い…無いですが、このフロントの低さはSGTマシンかと思わせる程w
そして出っ歯なFバンパーと飛び出たインタークーラー、チョロQ的デフォルメのリアウィング…マフラーが市販車仕様なのは許せますが、これらはちょっと突っ込ませて頂きたい
でもマーク類は殆ど印刷で、写真撮れませんでしたけど車内に関してはhpiエボⅢ以上に細かいんです
サファリ特有の装備も再現。雰囲気は十分で机上に飾る分にはこのくらいが良いのかも

ちなみに何でリタイヤしたケニア仕様なのか気になりましたが、98年rd3サファリはエボⅣラストラリーだったんですね
訂正:エボⅣはRd4ポルトガルまででしたね。
P3181106.jpg
以下実車について
1997年のWRC(世界ラリー選手権)はレギュレーションに大きな変化があった
それまでトップカテゴリーとしていたグループA規定から、WRC独自の車両規定「WRカー」が誕生
グループAでは年間2500台生産する車両をベースに、エンジンや駆動系、ターボチャージャーの有無、エアロパーツ等のボディ形状、タイヤサイズなどが変更できず厳しい制限があったが、WRカー規定はこれらの制限が撤廃され大幅な改造を可能とした
欧州メーカーへの救済とした規定だが殆どのエントラントがこのWRカー規定を元にニューマシンを開発、97シーズンのWRCへ持ち込んだ
一方96年に初のドライバーズタイトルを獲得した三菱ランサーエボリューションは、市販車へのフィードバックの多さを理由にグループA規定にこだわり、97シーズンには新型の「エボⅣ」を投入する
このランエボⅣはボディベースのランサーがフルモデルチェンジを果たし、外観はそれまでのⅢ以前よりも大型化しているが、リアサスペンションをダブルウィッシュボーン化し、新デザインのエアロパーツはフロントゼロリフト化、Cd値0.30を実現する空力ボディとなった
さらにグループAランサーではライバルに先駆け世界初のジョイスティックのシーケンシャル方式トランスミッションを搭載し、シフトチェンジに掛かる時間が従来のHパターンの1/10に短縮され、操縦性が飛躍的に向上
テスト時には1段飛ばしてシフトチェンジが出来ないため良い結果が出ていなかったが、走り慣れていないコースにおいてはシフト時間の短縮が生きる為採用された
97シーズンはチャンピオンのエース、トミ・マキネン/セッポ・ハルヤンヌ組のゼッケン1が全戦参加、ゼッケン2の欧州名「カリスマGT」にはリチャード・バーンズとウーヴェ・ニッテルがイベントに分け参加する体制をとり、第4戦ポルトガルでエボⅣ初優勝をマキネンが獲得。年間4勝をマークしてマキネンが2年連続王者に輝いた
翌98年シーズンもエボⅣを継続使用し、第3戦サファリラリーケニアでは序盤からリードを広げ優勝を目前としたマキネンがエンジントラブルに見舞われなんとリタイヤ
しかし友軍のリチャード・バーンズ/ロバート・レイド組のゼッケン2カリスマGTがトップに立ち優勝
エボⅣに有終の美を飾り、Rd5カタルニアラリーからトレッド拡大したエボVへバトンを渡した

P3181107.jpg
エボⅢ・Ⅳで並べてみる
うん、やっぱエボⅢ最高ですな(笑)

資料集めになったエボⅣラストラリーのアリーアートプレスリリース記事リンクしときますw
http://web1.mitsubishi-motors.co.jp/motorsports/98WRC_j/SAFARI/daily.htm
関連記事
スポンサーサイト


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://apexevolution.blog112.fc2.com/tb.php/864-93ae3977
    この記事へのトラックバック