hpi racing 1/43 Mitsubishi LANCER EvolutionⅢWRC1996 Sanremo #8

2013年06月12日 20:17

先日「新劇場版エヴァンゲリオンQ」を某レンタルビデオショップから借りて観ました
ブログには書いてなかったですが、ある日「金曜ロードショー」で新劇エヴァ・破を見てから興味が出て、ちょこちょこTV版や旧劇場版エヴァ、新劇場版エヴァ・序を観て、去年の暮れぐらいに上映されてた「Q」を観てみたいなーと常々思っていたんですよ
で、感想ですが「終始蚊帳の外のシンジ、終始怒ってるアスカ、終始喋らないレイ、終始クールなミサト、関西弁のトウジの妹」こんなところですかね
映画そのものは思ってたより面白くはなかったですけど、Q観ないと続編がますます訳が分からなくなっちゃうと思うんで「観とかないといけない」映画った感じでしたかね(笑)

さて予告通りミニカーを紹介いたします
P6101139 (1000x648)
hpi racing 1/43三菱ランサーエボリューションⅢWRC1996サンレモ#8
ドライバー:ディディエ・オリオール/コ・ドライバー:デニス・ジロウデ
1996年度FIA世界ラリー選手権Rd8ラリー・サンレモ-ラリー・ド・イタリア参戦車両:総合8位入賞
同年年間ドライバーズランキング:25位

先日紹介したWinfildカラーのエボⅢがまたうちにやってきました(笑)
ランチア・トヨタの印象が強いフランスのオジサマ、オリオールが唯一操ったランエボです
P6101140 (1000x659)
マキネンの96カタルニアモデルを入手した際「選ばなかった」方のランサーとなりますw
元々はマキネンだけで我慢するはずでしたが、やっぱり唯一のオリオールモデルっていうのはエボⅢ好きとして押さえたいところもありましたし、しかも唯一ライトポッド付きのモデル
「Winfild」デカールも手元にありますし、準備は整ってしまってましたw
そんな時こちらのサイトで安くなってるのを発見。しばらく様子を見てましたが、ある日「タイムサービス」の対象になってて更に安くなってました(汗)
結局4500円のエボⅢミニカーを2台買ってしまうという暴挙に(^^;;)
ちなみに新品ミニカーをショップで2台注文するのは初めてのことでした

「もう1台」もその内紹介させていただきますm(_ _)m
P6101141 (1000x457)
P6101142.jpgP6101143.jpgP6101144.jpgP6101145.jpgP6101147 (1000x706)P6101151 (1000x690)
モデルの出来はもう説明要りませんかね(笑)
今回はとくに曲がってるパーツもなくいい感じ。アンテナは細いですから曲がってるのは仕方ないでしょう
なんと言ってもこのモデルの見どころは4連ライトポッド、そしてオリオール乗車仕様ってことに尽きます
やっぱりラリーカーにライトポッドは鉄板ですね。かっちょええですわ
同じカラーリングのマキネン車とは違いグラベル仕様です。サンレモはターマックもグラベルもある複合ステージイベントですが、ライトポッド付いてるんで2日目のナイトセクション仕様ですね。
余談ですが、オークションではこの仕様のミニカーはあまり見掛けない気がします。ブログアップされてるのもあまり見ませんね
タバコデカール貼り付け済みなのは自分で貼って初めて見ました(笑)
P6101136.jpg
P6101137 (1000x709)P6101138 (1000x706)
デカール貼り付け前はこんな感じ
サファリ仕様と違って、貼り付け前と後でこれだけ変わってくれれば遣り甲斐ありますねw
P6101149 (1000x580)P6101148 (1000x706)
以下実車について
1996年のWRC(世界ラリー選手権)において三菱が投入したランサーエボリューションⅢはトミ・マキネンのドライブにより年間5勝を挙げ、残り2戦を前にした第6戦オーストラリアで初のドライバーズタイトルを獲得
ランサー投入から4年目にしてWRCタイトルを手中に収めた三菱だったが、マニファクチャラーズタイトルはまだ決着がついておらず以降のイベントでも手を緩める余裕は無かった
エースドライバーのトミ・マキネンを中心とした体制の三菱は起用するセカンドドライバーが明確に決定してはおらず、APRC(アジア・パシフィック・ラリー)要員の篠塚建次郎やリチャード・バーンズの他、グループN仕様のランサーをワークスノミネートするイベントもあり、3台体制で各イベントでポイントを獲得してきたスバルにマニファクチャラーズポイントで大きく先行を許していた
そんな三菱が第8戦イタリア・サンレモラリーに2台目のグループAランサーのドライバーとして目を付けたのは、1994年WRCチャンピオンのフランス人ドライバーであるディディエ・オリオールだった
オリオールは1995年までトヨタワークスのドライバーだったが、レギュレーション違反によりトヨタはワークス活動停止処分を受け、オリオールは1996年のシートが決まっていなかった
開幕戦スウェデッシュでスポット枠からインプレッサを駆るも10位に留まり、以降は出場イベントが無かった
三菱から約8ヶ月振りのWRC復帰戦となったサンレモでは、まずチームメイトのチャンピオン・マキネンがSS1スタート僅か1.5kmでクラッシュ、リタイヤを喫してしまう
これにより三菱の期待はオリオールに集中することになったが、慣れないマシンにオリオールは苦戦し、終盤はセンターデフの不調でFR駆動となったランサーでは上位進出は叶わず、結局8位でフィニッシュ
貴重なポイントの獲得となったが、三菱はこの年スバルに敵わずマニファクチャラーズ2位で終えた
関連記事
スポンサーサイト


コメント

  1. 抹茶@北海DJ | URL | swRPjuTc

    おぉ~かっこいいw

    エヴァQは序と破の続きと思わない方よろしいですよ~
    あれは、完全に、新しいアニメなのでw
    次回作は8+2号機ですよwついに、合体メカにw
    自分は、公開初日に見に行ったので、もう覚えておりませんwww
    ライトポット良いですねぇ~
    ライトポットあると、これぞラリーカーって感じですよねw
    そう言えば、最近、アーケードゲーム界で有名な湾岸4でランエボとインプは4連ライトポット付のエアロが有るんですよ~
    是非お試しをw
    エボ8では、フロントがエボ3見たいなエアロもありますw

  2. APEX | URL | -

    Re: おぉ~かっこいいw

    抹茶@北海DJさん、こんばんは
    エヴァQは「玄人向け」の作品って感じでしたね
    次回作も観れたら観たいですね~。予告ではヌメヌメ動いてたので戦闘シーンに期待?

    アーケードゲームは「かじる」程度にはやってますが、エアロをいじれるほどはやれてないですねw
    湾岸・頭文字DどちらもエボⅢのカードを持ってますが、近所に湾岸が無いので進んでるのは頭文字Dの方ですかね
    エアロに純正OPのフォグランプが用意されているのには驚きました。ポイントが貯まれば付けたいですね~

  3. hikaru | URL | -

    やはり

    良いモノは、良い(笑)。
    こんばんわ、お邪魔します。
    素晴らしいクオリティですね、そしてデカールを自分で貼るというカスタマイズ感が面白いところ(笑)。もちろん、本当ならフル・タンポ印刷でバッチシ決めて欲しいのですが、後から自分で「完成させる楽しみ」としてならば、どうしてなかなかデカールも許せるあたり、私はやっぱりhpi信者です。

  4. APEX | URL | -

    Re: やはり

    hikaruさん、いらっしゃいませ(笑)
    hpiのエボⅢ、決定版過ぎて財布への打撃が過去最高かもしれませんw
    デカールは入手が面倒くさい以外は、むしろプラス要素と感じてきましたね
    ウィンフィールドの2台とサファリは、自分で完成させただけに特にお気に入りのエボです

    これだけ出来が良ければ、信者でなくても「hpiならなんでも」になってしまう気も・・・(笑)

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://apexevolution.blog112.fc2.com/tb.php/879-41c6471c
この記事へのトラックバック