--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

EBBRO×hpi・racing 1/43 CALSONIC SKYLINE JGTC 1995 Rd.6 Mine

2013年10月16日 20:11

カルソニックスカイライン1995紹介の2弾目
ホントはコイツを紹介したかったのです(笑)
PA131213.jpg
EBBRO×hpiracing 1/43カルソニックスカイラインJGTC1995第6戦美祢仕様
ドライバー:星野 一義/影山 正彦
1995年度全日本GT選手権GT1クラス第6戦CP MINEサーキット参戦車両:予選9位/決勝3位
同年ランキング:シリーズ1位
1995年JGTCチャンピオンカーがhpiクオリティでモデル化
出来も値段も先日のエブロ製を大きく凌ぎます(^^;;)
PA131214.jpg
昨年の暮から怒涛のリリースとなったEBBROxhpiのカルソニックスカイラインR33シリーズ
1995モデル4種・1996モデル4種の計8種類と、カルソニック大好きマンの私にはたまらないラインナップですが、レジン製のため1台1万3000円…高すぎぃ!!
全部定価で集めたら10万円超えるという…ヤバいっすなw
そんなわけで自分には縁がないと思ってましたが、一応「95モデルならアレ欲しい、96ならコレ…」みたいなこと考えてまして、1995年モデルは最終戦・美祢仕様が良いなと思ってました
フロントのエグレたバンパーから覗くカナードや横幅の広いウイングがイイ!
ホイールはゴールドが良いような気がしてましたので菅生仕様でも良いとは思ってましたが…
先日オークションでこの欲しかった最終戦・美祢仕様を7000円で落札
十分高い買い物ですが定価のほぼ半額と考えれば・・・良い買い物でしょう?w
PA131215.jpg
PA131216.jpgPA131217.jpgPA131218.jpgPA131219.jpgPA131221.jpgPA131224.jpg
購入2台目となるhpi製レジンモデルカー
相変わらずの素晴らしいこだわり具合。実際に美祢仕様のGT-Rを見たことはないのですが、画像とか見る限りFバンパーのミラー?みたいなフォグランプとか形状、ホイール色などなど他のサーキットで走ったカルソニックスカイラインと違うところを再現してます
画像では伝わりにくいかもしれませんが、ホイールの出来が良くて机上で見ると「精密感」が凄いです
もちろんウイングの支柱とか左ウインドウの切り欠きも素晴らしいですよね~
気になる点はヘッドライトのインテークが抜けてない所と、プリメーラの時と違ってデカールの研ぎ出しがされてない所
しかしそれ以上に「ダイキャスト製じゃダメなのか」というのがやっぱり気になりますね
プリメーラと違ってGT-RLMの金型流用できそうですし、バリエーションも豊富なのでダイキャストでも良かったんではないかなぁと…せっかく8種類も出してるのに1台が高値過ぎるのでは…
そうそう、あと何故カルソニックばかり8種類も出してるんですかね?
私みたいな人には選択肢が増えて嬉しいですけど全部は買えませんし、普通のコレクターはカラバリの方がウケ良いでしょうし…版権的な問題かなぁ~
PA131212.jpg
また、私の個体はリアの左ウインカーが落下しておりました
幸い台座にウインカーが転がってたんですぐ直せましたが、一瞬「7000円で買ったのにぃー!!」とか思っちゃいましたよ(オークション入手なので返品が出来ない)
ウィンフィールドランエボの時のハンドルのように、どうも自分が引くhpi製品はこういうの多い気がします
品質安定してると評判の良い感じがするhpiですが、私個人的にはそういう感じはしないですかね
今までエブロミニカー買ってパーツが取れてたことは無いだけに…
PA131222.jpg
以下実車について
95年シーズン第2戦からJGTC専用スペックのBCNR33を投入したチームインパルは第3戦仙台で2位となり、開幕戦から参加している影山正彦がここまでトップでシーズンを折り返すことになった
ウエイトハンデの増えた第4戦富士では11位と低迷してしまったが、JGTC初ウェットレースとなった第5戦SUGOでは予選順位をキープし2位表彰台を獲得
この結果カルソニックの影山正彦は最終戦を前にして、同じくスカイラインを使用する宿敵・ユニシアジェックススカイラインの長谷見昌弘と同ポイントで最終戦に臨むこととなった
チームはこの最終戦に向けてマシンをモディファイ。フロントバンパー左右に切り欠きを入れカナードを追加しダウンフォースを増加させてテクニカルなCP MINEサーキット仕様へと仕上げた
予選ではタイトルを争うユニシアジェックスがポールポジションを獲得、一方のカルソニックは9位スタート
苦しいレースが予想されたが、道幅が狭くスタートから荒れた展開が続きユニシアジェックスは後退、6位フィニッシュ
カルソニックは3位表彰台を獲得し1995年JGTCチャンピオンは影山正美のものとなった
発足時を含め影山正彦は3年連続チャンピオン。ちなみに星野一義は第3戦・第4戦のみ出走ということもありランキング14位となっている

1996年仕様は富士優勝仕様か菅生仕様が入手出来れば欲しいですね
1997年仕様はアナウンスされてないですけど出るんでしょうか?どーもJGTC1997のマシンはNSX以外の資料が少なくて、カルソニックスカイラインのモデルカーが出たら嬉しいのですがねぇ~
関連記事
スポンサーサイト


コメント

  1. みかんゼリー | URL | vRMZ2iCs

    R32だったときはグループAの車両にエアロをつけたような外見でしたが、このR33になってからGTカーらしい外見になりましたね、駆動方式もFRになりましたし、その後R33はワークス系のニスモやインパルは98年まででしたけど長谷見さんのところは99年まで使ってましたね、個人的にR33の中で1番好きなのはKUREのR33ですかねw
    GT2でも使ってましたから思い出のあるクルマですね
    SUPERGTに話を移しますけど、日産勢は遅れをとった状態ですね、でもインパルとニスモは運次第では取れそうですね

  2. APEX | URL | -

    Re: タイトルなし

    みかんゼリーさんこんにちは
    ハセミは99年までR33でしたね。ランキングも低迷してましたんでやはり辛かったでしょうね
    クレR33はマッチが乗ったマシンとしても有名ですが、自分もGT2の影響が大きい気がします

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://apexevolution.blog112.fc2.com/tb.php/911-dc66da9f
この記事へのトラックバック



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。