【GT6プレイ日記】第11回 GT500マシン性能調整レース

2013年12月18日 19:24

ミニカーブランドで抜群のクオリティを実現して、私もカルソニックシリーズやランエボシリーズ等で堪能したhpi racingブランドがミニカー業界から撤退…って話を聞いてショボーンなアペックスです(´・ω・)
原因は言ってしまえば「不況」だそうで…
製作予定だったモデルカーたちも無かった話に…ランエボのVとかVI楽しみだったのになー
カルソR33も1997モデルとか出て欲しかったなー
残念無念
鈴鹿サーキット
さて、本日からオンラインレースの話ばかりになるであろうGT6日記
まずはワタクシが主催しました「GT500性能調整150kmテストレース」2レースの軽いレポートから!
私がGT6のオンラインでレースをやると言えば、大半はGT500マシンを使うレギュレーションで建てられた部屋にお邪魔します
自称・SGTファンの私、カルソニックGT-Rだけにとどまらずベースモデル特集で紹介しました06Zカルソもどき、敵軍のSC430やスープラなど使ってやってます(ホンダは何故か滅多に使わない)

ですがGT5から収録されてるGT500マシンの性能にはバラツキがあり、それごと継承されてるGT6も勿論速い車と遅い車はハッキリしてます
扱いやすい上タイムも出る08年型GT-Rや11・12年型HSV-010、とにかく馬力が高い06Zの3車種は特に速く、大抵野良のGT500部屋行けば「16台中7台HSV、5台GT-R、他ボチボチ」っていうのが常です
(何故か06Zは速いのに人気薄い)
そしてハッキリと遅い06年型SC430や00・01年スープラ、00・01年型GT-R、今作から扱いにくくなったJGTCNSX勢(どういうわけか06NSXは扱いにくくなっても結構人気)は滅多に見れません
見れたら幸せになるレベルで見かけません(笑)

私個人としては「どの車両も被らなく、かつ明らかな性能差で勝敗が決まらない」レースがしたいわけですよ
そんなわけでGT5からGT500マシン全部集めて乗り比べて、大体同じような性能に合わせようというのが「GT500性能調整」
今回はその揃ったと思われる性能に合わせて何人か集まった方とレースしました
鈴鹿サーキット_1
第1レースで私が使用したのはカルソニックスカイライン'00(JGTC)
闘将・星野親分と当時若手の皇帝・本山哲のコンビで走ったR34ですよ
ご周知の通り?私はBNR34のJGTCマシン、特にカルソニックは大好物な訳ですが、GT6のデフォルト性能ではHSVなんかと勝負できない(実車通りならもっと相手にならないと思うが…)ので、今回合わせた性能調整を合わすには絶好の車種!
・・・それにしても、GT6になってもあんまり綺麗じゃないなー
エボⅢといいカルソ00Rといい、自分が好きな車は基本的に綺麗じゃないんですよね~(T∀T)
鈴鹿サーキット_3
予選は6番手スタート…結構タイヤ使うマシンなんで予選では前に出れる性能調整だったと思ったんですが。。。
しかしコーナー微妙な分ストレートは伸びますから、1周目ヘアピンでひぃろさんの黄色帽子GT-Rのインをスパっと突いてオーバーテイク!
気持ちいい追い抜きでしたm(_ _)m
まあでも野良部屋じゃ絶対こんなとこで仕掛けられないですね。フレンド同士か慣れてる人相手じゃないとライン無理に被せてこられたりしたらとっ散らかりますからね
鈴鹿サーキット_4
しばらくトップ争いの後ろの方にいましたが、自分はここが勝負所と見て26周あるレースの11周目でピットイン
しかし思ったより前に出れず3位HSVベースモデル(ARTA?)のM・ミカサ氏にかろうじて先行
鈴鹿サーキット_5
煽りに煽りまくるARTA
アウトラップから執拗に突っつきまくられて翌周のホームストレートで並んできたミカサ氏
しかしその先にはピットアウトしてきた2位のコンベアセ君ザナヴィGT-Rが!?
鈴鹿サーキット_6
アカン!!
鈴鹿サーキット_7
ヤバい!!
鈴鹿サーキット_8
死んだ~!!orz
これで優勝の「ゆ」の字も見えなくなりました(笑)
鈴鹿サーキット_9
スピン後は復帰して遭遇したケイヒンHSVのケーヒン君と対決
お互い好きな車だけに?最期まで粘っこく争いました
鈴鹿サーキット_10
レースは08NSXベースモデルのかつみなみたっくんが優勝
コンベアセ君Rは僅かに届かず
鈴鹿サーキット_11
タイヤ減らして満身創痍な4位争いは直線の伸びのおかげでケーヒン君に勝てました
やったね!
鈴鹿サーキット_12
2回目のテストレースは06Zベースモデル(と書いて「カルソニックインパルZ」と読む)で参加
ピントが合ってる34番の赤いスープラはバンダイもどきのコンベアセ君
鈴鹿サーキット_13
第2レースもなかなか熱い展開で、本物のカルソニックに乗るヨシウミ氏とサイドバイサイドしたり
鈴鹿サーキット_14
ホームストレートで4ワイドに並んだり、カオスな接近戦が「前半は」続きました
鈴鹿サーキット_15
結果はコンベアセ君のスープラが独走で勝利

・・・なぜ前半あんなに一緒だったのに独走する結果になったのか
そこにはGT6のアカン仕様に理由があったわけです

この2つのレースで「ピットインして替えたタイヤはスタートで履いていたタイヤよりグリップが低い」とこが判明
レースに参加したメンバー全員が、ピットイン後の平均ラップがピット前より約2秒遅くなってたのです
鈴鹿1周2秒っていうのはかなり大きい差で、26周のレースで13周目に入る作戦よりノーピットで走りきった方が速くゴールできます
事実第1レースでこのことに気づいてたコンベアセ君はラスト2周で「一応」ピットに入った結果2位以下を25秒引き離す大差で勝利
鈴鹿サーキット_16
第1レースで「もしかして燃料がタイムダウンに関係してんじゃね?」と考え13周目にガソリン満タンで出ていった自分は、ピットによるグリップダウン+燃料給油による重量増加で2回もシケイン止まりきれず…
ピット前は自分がトップでしたが、25秒差の2位でした(゜∀。)

マシン性能調整のテストレースのはずが、GT6のテストレースになってしまいましたw
この仕様には萎えてしまいましたねぇorz
クルー
あとフォト保存忘れてこんな画像で申し訳ないですが、リプレイでピットクルーが消えてしまいました;
NSGTの記事見てもらえれば感じてもらえると思いますが、結構ピット作業のフォト撮るの好きだったんですけどね…
なんですかこのシュールな絵面は('∀`;;)
鈴鹿サーキット_2
これは私の性能調整の話ですが、どうやらホンダ車の調整が甘く総じて速すぎたみたいです
第1レースの予選はタカタ童夢のミドリコさんがブッチギリPP、レースではセッティング決まってないらしいかつみなみたっくんが勝ってホンダ祭りでした(笑)
流石にこれはイカンて訳で
GT500性能調整ver1.1
ちょっとホンダ勢に対策したレギュつくりました
…が、この後セッティングのコツ掴んだり教えてもらったりもしたので、またやり直しになりそうですけども(笑)

そんなわけで、また機会ありましたらこのレギュや新しいやつでレース開くかもです(^^;)
関連記事
スポンサーサイト


コメント

  1. こめ | URL | t9B3ts22

    hsv・・・

    やっぱりgt5と同じでhsvが多いんですね・・・・(笑)
    APEXさんhsvに負けるなーー(笑)

  2. APEX | URL | -

    Re: hsv・・・

    こめさん、こんにちは
    自分HSV実車もあまり好きではなかったりしたので(爆)、速い車使うにしても日産車ばかりですかね~
    今作はレイブリックとケイヒンが追加されましたし、それも人気の理由でしょうね

  3. まー | URL | -

    いつか僕も参戦します!

    僕も一応GT500のマシン持っています!
    いつか僕も参戦します!

  4. APEX | URL | -

    Re: いつか僕も参戦します!

    まーさん、こんばんは
    ご一緒したときは宜しくです。負けませんよ(笑)

  5. | |

    承認待ちコメント

    このコメントは管理者の承認待ちです

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://apexevolution.blog112.fc2.com/tb.php/939-9e7cda98
この記事へのトラックバック