【GT6プレイ日記】第16回 FIA-GT3性能調整テストレース

2014年01月03日 20:07

昨日はGT300のテストレースをレポートしましたが、本日は自分が作ったFIA-GT3レギュレーションでのテストレースです
なーんで「テストレース」ばかりなのか?と言われますと、吊るしではレースにならないような性能差があるとどのカテゴリーでも思うんですよね・・・GT6は
このGT3は今作から登場したマシン達ですが、例に漏れずR8が速かったりGT-Rが遅かったりで…
GT300とは違う「本来のGT3マシンの性能」で行うイベント向きです
GT3に関しては将来性能調整が上手くいけばシリーズ戦やりたいなとも思ってますので、そのテストレースって感じですね
シルバーストン グランプリサーキット
コースはシルバーストンGPコースで約150km(26周+FL1周)です

なお今回から登場プレイヤーの敬称は略させてもらいますm(_ _)m
シルバーストン グランプリサーキット_1DKiLQ.jpg
今回私は15周年アニバーサリーカラーのR8LMSウルトラで参加
ホントはGT-Rが良かったのですが、R8は扱いづらさから参加者が少ないだろうと思いまして、一応調整でセット出してレースする自信があったので選択
このレギュでは15周年カーも含め調整してますから「ゲーム攻略以外に使い道ねーよ」と思いのアナタも満足していただけるハズ(笑)
シルバーストン グランプリサーキット_2
1周のフォーメーションラップを経てレースがスタート
ここで唯一BMW Z4で参加してくれていたptxが回線落ち…とても残念でした
シルバーストン グランプリサーキット_3
スタートから特に波乱はないもののポールポジションを獲得したかつみなみのペースが良く全体的にバラけてきました
シルバーストン グランプリサーキット_4シルバーストン グランプリサーキット_5
私のマシン・アウディR8はアクセルオフ時のオーバーステアが強く乗りづらいマシンですが、上手くセットが決まるとコーナーがとんでもなく速いクルマです
予選では負けましたが何とかSLSに勝ちたいところ
3周目に2台のSLSをパスして首位へ!
シルバーストン グランプリサーキット_6
しかしストレートはあまり伸びないので一気に突き放せず、後方のマシンも追いついてきます
首位だった青SLSはハーフスピンからコースアウトで4位に後退
シルバーストン グランプリサーキット_7シルバーストン グランプリサーキット_8
シルバーストン グランプリサーキット_9シルバーストン グランプリサーキット_10
シルバーストン グランプリサーキット_11
5周目のインフィールド区間
ここで2位の銀SLSアメダスと接触してスピン!
立て直したかったですがスピンの早いR8ではどうにも・・・
さらに左リアのサスペンションにダメージを負ってしまいました
シルバーストン グランプリサーキット_12シルバーストン グランプリサーキット_13
これでトップに立ったのはオレンジSLS世阿弥
しかし同周バックストレッチでかつみなみが再度トップに
目まぐるしく順位が変わります
シルバーストン グランプリサーキット_14
かつみなみのペースは速く8周目には単独走行に
2位集団は世阿弥・アメダスのSLSと6番手スタートから上がってきたR8LMSウルトラのかっちゃん
シルバーストン グランプリサーキット_15
スピンした私も2位集団に追いつきSLSvsR8のバトルへ!
シルバーストン グランプリサーキット_16
9周目1コーナーの高速S字で姿勢を乱したR8ウルトラをパス
シルバーストン グランプリサーキット_17
更に旧シルバーストンの1コーナーで差を埋めオレンジSLSもオーバーテイク
シルバーストン グランプリサーキット_18シルバーストン グランプリサーキッ19
シルバーストン グランプリサーキット_20
このまま一気に2位返り咲きを狙った私ですが、11周目1コーナーS字で姿勢を乱して制御不能(´Д`)
スピンしてコースアウト。少し壁に当たりましたがここでのダメージは無く復帰
シルバーストン グランプリサーキット_21シルバーストン グランプリサーキット_22
シルバーストン グランプリサーキット_23
ピット義務有りのこのレース
アメダスのSLSは11周目にピットインするも、ピットアウト後に後方集団のGT-Rと接触しフロント両側サスペンションにダメージを受けてしまう
世阿弥・かっちゃんの2台は13周目にピットイン
GT-Rとの接触でペースを落としたアメダスとの位置関係が変わりR8ウルトラが2位に浮上した
シルバーストン グランプリサーキット_24シルバーストン グランプリサーキット_25
ここまで踏んだり蹴ったりなレースになってるアペックスは15周目ピットイン
ピットタイミングを伸ばした分タイヤ性能とバックマーカーとの絡みが無かった事が幸いしSLS勢のすぐ後ろまで追い上げ成功
後ろの赤いGT-Rは6位の72号車ナッツ
シルバーストン グランプリサーキット_26
トップかつみなみは16周目と全車最後にピットイン
トップで復帰する
シルバーストン グランプリサーキット_27
SLS勢よりタイヤがフレッシュな上、アンダー傾向になる2ndスティントではR8の挙動が安定しトップ以上のペースで走れました
一気に2台のSLSを抜いて同じR8のかっちゃんを追いかけようとしたその時・・・
シルバーストン グランプリサーキット_28
ピットが早めだったR8ウルトラは中盤の左中速コーナー進入でスピン!
2位から6位に後退し、タイヤのダメージから最終的にマツキュービル足R8にも抜かれて7位フィニッシュでした
シルバーストン グランプリサーキット_29
薄暗くなってからの補助等付きR8のカッコよさは異常ですね
ハンドルにピンセット引っ掛けてずっとライト付けてましたが、時間が経つにつれてドンドンカッコよくなる感じが堪らん・・・
とか考えながらおよそ5周程単独でトップ追いかけてましたw
シルバーストン グランプリサーキット_30
その間3位争いが激しくなってきました
早めのピットが仇となりタイヤとサスペンションにダメージを抱えるアメダスがコースアウトからスピン
世阿弥SLSが3位、そして虎視眈々と順位を上げていたナッツのGT-Rが4位へ
シルバーストン グランプリサーキット_31
ラスト2周
タイヤに分がありGT-Rのコーナーリング性能の低さをカバーしてきたナッツがバックストレッチでターボパワーを活かしてオーバーテイク
これで3位表彰台を獲得しました!
シルバーストン グランプリサーキット_32
そしてレースを制したのはかつみなみの青いSLS!
アペックスR8アニバはスピンやダメージが無ければ…の2位に終わりましたorz
結晶
結果的にSLS・R8・GT-Rが表彰台を分け合う結果になりましたが、性能的にはGT-Rが劣ってたなーと感じたレースでした
SLSとR8はほぼ互角で自分がスピンしても2位だったことからR8の方が速い気もするものの、扱いづらさや自分・かっちゃんさん共に回りまくってたのでこんなもんでいいかなと
あとはZ4が回線落ちしちゃったので性能が分かりませんでしたが、ウエイト載っけてたのが可哀想だったかなって気がします
GT3性能調整ver1.0
てなわけで、その辺ちょこっと改善?した性能数値がこちら
GT-Rのフル馬力を基準にしてるのでGT-Rが遅かったら全部下げなくちゃいけないっていうね…w
ブログやTwitter見てる方に何かのイベントで使ってもらうには全く問題ないので、使ってもらって「アレ遅いコレ速い」みたいな話聞けたらイイなと思います

ではこの辺で('∀`)/
関連記事
スポンサーサイト


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://apexevolution.blog112.fc2.com/tb.php/945-bcdf5616
    この記事へのトラックバック