--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【GT6プレイ日記】第18回 Toyota FT-1

2014年01月14日 22:11

本日はブログ更新お休みして明日エブロのケーヒンHSV自動投稿で楽しようとしてたのですが、GT6が1.03のアップデート配信で新車種を追加してきたので・・・ここで「ガッツリ」紹介させていただきます(笑)
ブログネタが増えることはイイコトだ!
ヘマソラール
Toyota FT-1
Spec
Engine --
Max Power:--
Max Torque:--
Drive Type:FR
Weight:--kg
Misson Type:6DCT
1月13日(現地時間)、北米デトロイトで開幕した北米国際自動車ショー(デトロイトショー)において、トヨタ自動車はスポーツデザインコンセプト「TOYOTA FT-1」(以下「FT-1」)を発表しました。トヨタ・デザインの未来を指し示すこのクルマについて、「グランツーリスモ」とトヨタ自動車はコラボレーションを行い、デトロイトショーのトヨタ・ブースでイメージ映像を公開。更に1月14日予定の『グランツーリスモ6』のアップデートを通じてFT-1をゲーム内で入手可能とし、その魅力に富んだパフォーマンスを世界中のプレイヤーが体感いただけるようになります。

FT-1とは「フューチャー・トヨタ」の頭文字に最高位の「1」を組み合わせた呼称で、このクルマのエクステリアには、今後のトヨタのクルマに投影されるブランドコンセプトやデザインの方向性が凝縮されています。デザインを手がけたのはカリフォルニア・ニューポートビーチに拠点を置くトヨタのデザインスタジオ「キャルティ・デザイン・リサーチ」。同社のデザイナーたちは未来へのアプローチばかりでなく、2000GTやセリカ、スープラといった歴代トヨタ・スポーツの系譜も十二分に意識しながら、このクルマをまとめ上げました。

(GT公式より)
ヘマソラール_1
トヨタが今まさにデトロイトで行われている北米国際自動車ショーで発表したコンセプトカー
それがこの「FT-1」です
FTは「Future Toyota」の略であり、その「1」なのだから将来のトヨタに置けるフラッグシップモデルを想定したコンセプトカーであるということは素人の自分にも分かります(笑)
ヘマソラール_2
実際に発表されているのはボディデザイン「だけ」であり、どんなエンジンを積んでるのかとか、どんな技術が使われているのかといった話は一切無くて、だいたいこのFT-1を基に新車を開発・販売するかも不明なようです
またグランツーリスモに収録されましたが、GTと自動車メーカーのコラボで勧められる「ビジョン・グランツーリスモ」のトヨタ版でもありません
ですからゲーム内でも馬力や車重の表示は無いです
しかし性能を数値化するパフォーマンスポイントによるとオイル交換してPP551なので、だいたいR35型日産GT-Rくらいの性能を想定したことになります
まあこの性能もトヨタの想定なのかポリフォニーの妄想なのかは分かりませんが・・・w
ちなみに海外メディア情報では2.5L直4ターボ+HVの400psって話もあります
ヘマソラール_3ヘマソラール_4ヘマソラール_5ヘマソラール_6ヘマソラール_7ヘマソラール_9
このFT-1でまず目を引いたのはフロントの、人の顔でいう「鼻」がゴツい感じのデザインですね
左右のフロントエアインテークにはファンらしきものがありますが、これは2JやX2010でお馴染みの「ファンカー」システム?
20インチくらいありそうなタイヤとカーボン製スポークを持つホイール、その奥に除くドデカいブレーキシステムに凄みを感じますね
ロングノーズ・ショートデッキデザインのフロントに積まれているエンジンが覗きますが、私にはこれが直4には見えないのですが・・・V8くらいのデカさじゃないですか?(^^;;)
FRマシンですがフェラーリやNSXのようなMR車に見られるサイドエアインレットは何を冷やすのでしょうか?
もしかしたらこんな所にラジエター積んでるのかな
リヤはフロントに比べ「肉体美」みたいなものを感じるデザイン。テールランプから下に垂れ下がるアウトレットがどことなくFT-86コンセプトⅡを感じさせますね
「デザインだけ」の割にはフューエルキャップがちゃんとあったりして、ちょっとデフォルメすればこのまま市販できんじゃね?って感じを受けます
富士スピードウェイ F
私がデトロイトショーに行ってレポートしてるだけならこれで終わりですが、GT6では走って試すことも可能!
ブースト計が確認出来ますのでターボエンジン。回転数は7500rpmでレッドゾーンに入ります
ギヤ比は結構ショートレシオで富士でレブりそうになる位ですが、ブレーキングまでに274km/hをマークしました(!)
エンジンパワーはかなりある感じですね。400psなんてモンじゃないと思います。550psくらいあるんじゃないだろか
富士スピードウェイ F_1
高速走行時・ブレーキング時には可変リアスポイラーが働きます
またこのクルマ、非常に動きが重いです
自分の予想では1500kgはあろうかというような感じですね
ターンイン時のブレーキングでとにかく曲がらなく、立ち上がりでケツが流れやすいのでドライブは難しめです
富士スピードウェイ F_2
ですが大パワーFR車なんでCHタイヤを履かせれば豪快にドリフトも可能
ウイング上がった状態だとよりカッコイイですね^^
ヘマソラール_10
総括
トヨタの新・フラッグシップになるかもしれないFT-1ですが、正直今は何とも言えないですね
走行の性能はポリフォニーオリジナルですし、デザインも良い感じでスーパーカーらしいですがこのまま市販出来るかと言えば・・・なデザインですよね
問題は将来トヨタがこういう車を作る意欲を持ってるということ
ボディサイズがフェラーリ458イタリアの一回り大きいサイズになるド級スーパーカーをトヨタがつくるってことになるわけですが、そうなると思い出すのがレクサスLFAですね
ですが自分はFT-1にLFAではなく「スープラ」になって欲しいなって思います
LFAは世界500台限定のクルマでしたが、そうなるとホントにひとにぎりの人間しかその凄さを体感できてないと思います
日産GT-Rのように1000万程の値段でディーラーに行けば買える状態が5年くらい続くようなクルマになるのをFT-1に期待したいですし、それがLFAじゃなくスープラだっていう一番の違いじゃないかなって思います
「乗りたいな」が夢で終わりそうな車じゃなくて、かなり頑張れば買えそうなクルマをトヨタに作って欲しいですぬ('∀`)
ヘマソラール_8
関連記事
スポンサーサイト


コメント

  1. GT_FAIRLADY | URL | -

    いや~いいすね~
    次期スープラと言われていたコンセプトカーのデザインが入っているような気がします
    (個人的に) 確かにエンジンデカすぎですよねしかもボンネットのラインが見当たらないからカウルになっていそうですよね! リアはLFAと同じようにリアアクスル+リアラジエーターだからかもしれないですよね。ともあれ発売が楽しみです!!

  2. APEX | URL | -

    Re: タイトルなし

    GT_FAIRLADYさん、こんばんは
    言われてみればカウル見当たりませんねw
    リアラジエターのような技術でコスト高めた高級スーパーカーになるかと思いますが、自分的にはもうちょい敷居低いスーパーカーでも良いのかなと思ったりw

  3. GT-R好き | URL | -

    初めまして!
    っていうか僕APEXさんと一回富士のGTのオンラインで挨拶したことあります笑
    このリアタイヤハウスの前の開口部はブレーキ冷却用の開口部なのですかね?

  4. APEX | URL | -

    Re: タイトルなし

    GT-R好きさん、こんばんは
    うーん何を冷やしているのか分かりませんが、マクラーレンのMP4-12Cのような大きいエアインテークがカッコイイっすね^^

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://apexevolution.blog112.fc2.com/tb.php/949-920f817c
この記事へのトラックバック



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。