--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

hpi racing 1/43 Mitsubishi LANCER Evolution WRC1993 Monte Carlo #4

2014年02月12日 16:25

大阪オートメッセ前なのに散財しちゃう駄目人間なアペックスです(笑)
hpiブランド消滅しちゃってからほんの少し相場上がったからね、しょうがないね
P2101192.jpg
hpi racing1/43三菱ランサーエボリューションWRC1993モンテカルロ#4
ドライバー:アルミン・シュワルツ/コ・ドライバー:ニッキー・グリスト
1993年度FIA世界ラリー選手権Rd.1ラリー・オートモービル・モンテカルロ参戦車両:総合6位
同年年間ドライバーズランキング:12位

買う順番が逆になってましたが、初代ランエボのデビュー戦仕様のモデルカーです
P2101193.jpg
元々、hpiから出たランエボはⅢだけ買うつもりでいたはず・・・なんですよ(笑)
ですがⅡに手を出してしまったらやっぱりⅠも欲しくなるじゃないですかw
それに先程書いたようにこのモデルカーはランエボのWRCデビュー戦仕様
エボ好きとしては押さえなくちゃいけないモデルカーと言えるでしょう

この93年モンテカルロ仕様は私が購入したライトポット付きの#4A.シュワルツ車の他、当時のエース・K.エリクソンの#8がバリエーションがあります
正直どちらでも良かったのですが、やはりライトポット付きという魅力と、エリクソン車は95スウェデッシュウィナー仕様持ってますからここは派手なドリフト走行が印象的なシュワルツ車にしようと4000円で購入
ちょっと前は3000円で買えたんですけどね。買う時期をミスりましたw
P2101194.jpg
P2101195.jpgP2101196.jpgP2101198.jpgP2101200.jpgP2101201.jpgP2101202.jpg
hpiランエボシリーズの最初期になりますけど見事な再現率
何度も言いますが今後これ以上出来の良いCD/CE系ランサーのモデルカーなんて出てこないと思いますw
見どころは93モンテ限定のラリーアートカラー
この1戦だけのカラーリングですが人気あります。自分もとてもカッコイイと思いますねぇ!
次のラリーからはエボⅣまで続く斜線3色カラーリングになりますけど、このカラーリングのまま走ってても良かったかも
もう一つの見どころはシュバルツ車のモデルカーのみ設定されたライトポット!
この4連+2灯配置が素晴らしくかっちょえぇ(笑)
96サンレモのエボⅢのライトポットとはまたちょっと違う魅力があります
ただ他のエボと並べた時、ふと「ライトポットあったらⅠ・Ⅱ・Ⅲの違いが解りにくい…?」とか思ってしまいました
・・・エボⅠWRCテストカー欲しくなっちまったじゃん(^^;)
P2101204.jpg
エボⅠ~Ⅲのケツ
あぁ~^たまんねぇぜ(笑)
ナンバーがうまい具合に並んでますねw
P2101197.jpg
以下実車について
1987年より年間2500台を生産する車両がベースとなるグループA車両で争われていたWRC(世界ラリー選手権)
三菱は得意の4WDシステムを搭載した「ギャランVR-4」でWRCに参戦していたが、90年代に入ると大柄なボディを持つギャランでは年々小型化していくライバル車に太刀打ちできなくなっていった
そこで1992年10月にWRCへのベース車として登場したのが「ランサーエボリューション」である
1800ccクラスの小型セダンであるランサーに、直列4気筒2000ccターボエンジン「4G63」ユニットや大型前置きインタークーラー、4WDシステムといったギャランVR-4から引き継ぐメカニズム、さらに外観の改造が認められないグループA規定に合わせジャンプ時の姿勢制御を狙ったリアスポイラーやインタークーラーへのエア吸入を狙った大開口フロントバンパーを装備したモデルだ
心配された2500台という販売台数は僅か3日で完売し、さらに2500台追加生産されWRCへの参戦が実現した
1993年のWRCに姿を現した「ランエボ」は、ゼッケン8番のケネス・エリクソンとゼッケン4番のアルミン・シュワルツがステアリングを握った
それまでの三菱ラリーアートカラーとは違う趣のペイントを施されたランエボだったが、エリクソン車はエンジンのミスファイヤの発生、シュワルツ車にはドライブシャフトが抜け落ちて2輪駆動になるトラブルが発生
結局エリクソン4位、シュワルツ6位でデビュー戦を終えた
その後は従来の三菱石油カラーとなったランエボは、ギャランのパッケージを詰め込んだ故の重量配分や信頼性の悪化などによって、なかなか勝利することは出来なかった
1993年最終戦のRACでは速さを見せてエリクソンが2位に食い込むも優勝には至らず、ランエボの勝利はⅡのラストレースまで待つことになる

↑の動画でⅠとⅢの動き比べるとちょっと違いますね
Ⅲの方がスムーズに曲がって見えます

P2101205.jpg

今手元に一眼レフカメラがありますが、モデルカーの更新はデジカメで十分ですかね
何より使い慣れてるのが大きいです。手軽ですしね(^^)
関連記事
スポンサーサイト


コメント

  1. hikaru | URL | -

    なにーっ!

    一眼とコンデジを一緒にしちゃダメーっ。
    (;_;)
    まぁ、それはいいとして、やはり格好良いですよね。どうして撤退してしまったのか(泣)。
    本当にhpiのエボ4、5、6に期待してたんですがね。
    うーん、残念っ。
    ( i _ i )

  2. GT_FAIRLADY | URL | -

    ミニカーってやっぱりいいですよね
    憧れの車をまじまじと観察できることがミニカーの一番の良さです
    自分もほしいな~と思ったりします

    先ほど日産のsuper GTの体制発表を見ました
    非常に面白いチームに代わりとても楽しみです
    GT300にルーカス兄貴の名前が!!
    びっくりしましたしがんばってほしいです!

  3. APEX | URL | -

    Re: なにーっ!

    ヒカルさんこんばんは
    返信遅れて申し訳ないです

    先日のオートメッセで一眼で色々撮りましたが、イイです(笑)
    モデルカーにも使っちゃいましょうかね~(^^
    イグニションモデルでhpiの続きしてくれるっぽいので、そこで2世代エボ期待したいですね

  4. APEX | URL | -

    Re: タイトルなし

    GT_FAIRLADYさん、こんばんは
    ミニカーいいですよー(笑)
    自分の好きなクルマのモデルカー買うと、そのライバル車、後継車、同メーカー車・・・ドンドン広がりますw

    日産は大シャッフルになりましたね
    インパルの安田選手もニスモの松田選手も、300のルーカス兄貴も好きなドライバーですから、応援必至です(笑)

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://apexevolution.blog112.fc2.com/tb.php/957-ae6c7852
この記事へのトラックバック



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。