【GT6プレイ日記】第27回 DTCC Rd.1シルバーストンレポート

2014年02月17日 18:55

第24回のGT6プレイ日記で予告していた、Dezi Touring Car Championship(以下DTCC)の開幕戦・シルバーストンのレポートです
シルバーストン グランプリサーキット
※登場するプレイヤーは敬称略とさせていただいてます
このイベントは本戦の前に決勝に出れる13台を決める予選がございます
まずはそちらを通過した13台の結果を

順位.プレイヤー名/車種:タイム
1.honda/シルビアS15TC:2'05.020
2.ピッシ/NSXLM:2'05.789
3.ランティス/ロードスターTC:2'05.803
4.オカサン・ジョースター/R33スカイラインGT-RTC:2'05.841
5.ナズーリン/インプレッサスーパーツーリングカー:2'06.276
6.ゼアミィ/R33スカイラインGT-RTC:2'06.378
7.ねくす/インプレッサスーパーツーリングカー:2'06.436
8.さけめし/M3GT2ベースモデル:2'06.519
9.アペックス/ランサーエボリューションⅨTC:2'06.764
10.でろりん/M3GT2ベースモデル:2'06.986
11.クロウ/M3GT2ベースモデル:2'07.469
12.イザワ/S2000LM:2'07.579
13.ぐあく/ロードスターTC:2'07.684

予選結果は9位で通過
ですがトップとは1秒7も差が開き緒戦から厳しいレースになりました
シルバーストン グランプリサーキット_1
続いて予選Q2による本戦のスターティンググリッドを紹介
1.honda/シルビアS15TC:2'04.797
2.オカサン・ジョースター/R33スカイラインGT-RTC:2'05.566
3.ナズーリン/インプレッサスーパーツーリングカー:2'06.237
4.ピッシ/NSXLM:2'06.306
5.ねくす/インプレッサスーパーツーリングカー:2'06.644
6.アペックス/ランサーエボリューションⅨTC:2'06.653
7.さけめし/M3GT2ベースモデル:2'06.769
8.ゼアミィ/R33スカイラインGT-RTC:2'06.917
9.でろりん/M3GT2ベースモデル:2'07.240
10.ぐあく/ロードスターTC:2'07.388
11.クロウ/M3GT2ベースモデル:2'07.633
12.イザワ/S2000LM:2'07.691
13.ランティス/ロードスターTC:DNS

シルバーストン グランプリサーキット_2
26周のDTCC開幕戦シルバーストンがスタート!
すると2番手の7号車R33・オカサンがスタート失敗し後退
6位スタートの私は1つ順位を上げて5位に
シルバーストン グランプリサーキット_3
トップのS15は1周する前にいきなり逃げ切り体制・・・
2位以降は団子状態になりました
シルバーストン グランプリサーキット_4シルバーストン グランプリサーキット_5
2周目の1コーナーS字でR33との交錯を避けたナズーリンのインプレッサが減速
その隙を突いて4位に浮上!
シルバーストン グランプリサーキット_6
ピッシのNSX・オカサンのR33・アペックスのCT9Aそして浮上してきたゼアミィのR33で2番手争いの攻防が始まる
シルバーストン グランプリサーキット_7シルバーストン グランプリサーキット_8
同じ四駆のR33と比較してもタイヤの摩耗が激しいランエボは、タイヤに余裕のある序盤にR33を仕留めたい
予選タイムを見ても分が悪いため、オカサンがタイヤ温存していると思われるここがチャンスと攻めたてるが、2位のNSXが混戦を生ませようとR33にスリップストリームで援護してくるため抜ききることができない
シルバーストン グランプリサーキット_9
更にダウンフォースが見た目によらず少ないせいか、2セクターの高速セクションで周りのマシンとは明らかに分が悪く抜くなら1セクター周辺と限定されてしまった
シルバーストン グランプリサーキット_10シルバーストン グランプリサーキット_11
しかし10周目のチャペルコーナーで姿勢を乱したNSXが後退し、スリップが無くなったR33をオーバーテイク!
2位に浮上する
シルバーストン グランプリサーキット_12
だが単独ではペースが上がらないランエボはストレートであっけなくNSXにパスされ3位後退
シルバーストン グランプリサーキット_13シルバーストン グランプリサーキット_14
全くペースが上がらなくなった15周目にピットイン
しかしピットボックスに止めるスピードが低くタイムロス
ピット前にはランエボの後方にいたゼアミィ・でろりん・ネクスの3台に抜かれて7位で復帰
シルバーストン グランプリサーキット_15
18周目までピットを伸ばしたオカサンにもかわされてしまう
ピット後のペースが悪くランエボは集団に追いつけず、7位フィニッシュで終えるかに思えたが・・・
シルバーストン グランプリサーキット_16シルバーストン グランプリサーキット_17
前方でゼアミィのR33とネクスのインプレッサが交錯!!
これで2つ順位を上げて5番手に
シルバーストン グランプリサーキット_18
最後までダメージを負ったインプレッサに追い回されましたが、無事5位でフィニッシュ!
トップは全くの無風でポールtoウィンとなったS15TCのホンダでした

リザルト
1.honda/シルビアS15TC
2.オカサン・ジョースター/R33スカイラインGT-RTC
3.ぴっし/NSXLM
4.でろりん/M3GT2ベースモデル
5.アペックス/ランサーエボリューションⅨTC
6.ねくす/インプレッサスーパーツーリングカー
7.ゼアミィ/R33スカイラインGT-RTC
8.ナズーリン/インプレッサスーパーツーリングカー
9.さけめし/M3GT2ベースモデル
10.イザワ/S2000LM
11.クロウ/M3GT2ベースモデル
12.ぐあく/ロードスターTC
DNS.ランティス/ロードスターTC

練習してたときに想像していたよりはまともに戦えたレースでした
予選で1秒離されていた車に「序盤は」戦えましたし、ピットでロスしたりスリップ貰えなかったり苦手な高速コーナーが多いシルバーストンだったことを思えば上出来じゃないですかね
予選速かったクルマもそれぞれ欠点はあるみたいで、ランエボも予選さえ通れば「1勝」の目標も達成できる・・・かな?(^^;)
チャンピオンはいきなり厳しそうな感じですけど、気長にDTCC頑張ろうと思います♪

DTCC Rd.1時点でのポイントランキング
1.honda/シルビアS15TC 18pts
2.オカサン・ジョースター/R33スカイラインGT-RTC 15pts
3.ぴっし/NSXLM 12pts
4.でろりん/M3GT2ベースモデル 10pts
5.アペックス/ランサーエボリューションⅨTC 9pts
6.ねくす/インプレッサスーパーツーリングカー 8pts
7.ゼアミィ/R33スカイラインGT-RTC 7pts
8.ナズーリン/インプレッサスーパーツーリングカー 6pts
9.さけめし/M3GT2ベースモデル 5pts
10.イザワ/S2000LM 4pts
11.クロウ/M3GT2ベースモデル 3pts
12.ぐあく/ロードスターTC 2pts
関連記事
スポンサーサイト


コメント

  1. GT_FAIRLADY | URL | -

    シルバーストーンは個人的にも苦手なんですよね
    高速セクションもあり長いストレートもありダウンフォースを減らせばいいのか
    逆に増やすのか全部セッティングでレースの戦い方が変わってきますので・・・
    しかしその逆光の中で5位とはさすがです!
    まだ1戦なのでエボで勝つ日もそう遠くはないのではないでしょうか
    ぜひ頑張ってください!!

  2. APEX | URL | -

    Re: タイトルなし

    GT_FAIRLADYさん、こんばんは
    個人的には嫌いじゃなかったんですが、車とは合ってなかったな・・・って感じですw
    厳しいレースが続くでしょうが、ランエボで1勝は欲しいですね
    次のインディは最低でも表彰台!(笑)

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://apexevolution.blog112.fc2.com/tb.php/961-b7272039
この記事へのトラックバック