--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【GT6プレイ日記】第33回 ウルフさん主催Gr.Cル・マン耐久レース

2014年03月20日 17:02

4月から社会人になってしまうアペックスです
今日は今住んでる京都から会社寮先の三重に転出届出してきました
生まれてからずっと京都府民でしたので「あぁ、これで京都府民じゃなくなったんやな…」とか思ってしまいました(笑)
三重でも頑張っていきたいですね

さて本日はちょっと違う趣旨のレース?
往年のカテゴリー「グループC」のマシンが主役のレースレポートです
サルトサーキット 2013_1
グループC大好きマン、ウルフさんが主催されたル・マン耐久レースです
25周でだいたい「1周1時間」の時間設定(笑)
参加マシン・プレイヤーは以下の通り
マシン/プレイヤー
ジャガー
ジャガーXJR9/ウルフ
メルセデスベンツ
ザウバーメルセデスC9/gok
ザウバーメルセデスC9/もりお
ザウバーメルセデスC9/マツキュー
プジョー
プジョー905/アメダス
プジョー905/ナズーリン
日産
日産R89C/アペックス
日産R92CP/クロウ
トヨタ
ミノルタトヨタ88C-V/Mヒロ
ミノルタトヨタ88C-V/ピッシ
マツダ
マツダ787B/ケーヒン
マツダ787B/ホンダHSV
マツダ787B/ザンヴィ

全13台によるワークス対決
あなたはどのマシンを応援しますか?(笑)
サルトサーキット 2013
予選の結果は以下の通り
1.ジャガーXJR9/ウルフ
2.日産R89C/アペックス
3.ザウバーメルセデスC9/gok
4.マツダ787B/ケーヒン
5.プジョー905/アメダス
6.ミノルタトヨタ88C-V/Mヒロ
7.ミノルタトヨタ88C-V/ピッシ
8.マツダ787B/ザンヴィ
9.ザウバーメルセデスC9/マツキュー
10.プジョー905/ナズーリン
11.ザウバーメルセデスC9/もりお
12.日産R92CP/クロウ
13.マツダ787B/ホンダHSV

サルトサーキット 2013_2
レースがスタートされると1コーナーシケインで2番手スタートR89Cのアペックスがポールスタートのウルフを捕まえオーバーテイク!
サルトサーキット 2013_3
各車インフィールドを抜けてサルテサーキットの代名詞・ユノディエールストレートに流れ込んでいく
サルトサーキット 2013_4
1周目のユノディエールを最初に抜けたのは3番手スタートのgokが駆るC9!
スリップを活かしXJR9・R89Cを相次いでパス
サルトサーキット 2013_5
マシンとドライバーのマッチングも良いのか、早速2番手以降を引き離しに掛かる
サルトサーキット 2013_6サルトサーキット 2013_7
日本勢も負けていられない
日産が首位を奪い返すとユノディエールではマツダ787Bのケーヒンも順位を上げていく
しかし依然としてトップはシルバーアローのC9がキープしていく
サルトサーキット 2013_8
3周目ダンロップシケイン2つ目でケーヒンの787Bがハーフスピン
タイムロスは少なかったがトップ集団の後方にドロップ
サルトサーキット 2013_9サルトサーキット 2013_10
マツダに代わってベンツvs日産のバトルに割って入ったのは主催・ウルフのジャガー
ユノディエールの3ワイドを制しトップに立つが、翌周のテルトル・ルージュ立ち上がりで姿勢を乱し3番手に繰り下がる
サルトサーキット 2013_11
6周消化時点でトップは日産
ベンツ・ジャガーが続きその後ろには11番手スタートの2台目のC9・もりお、プジョーのアメダス、マツダのケーヒンと続く
サルトサーキット 2013_12サルトサーキット 2013_13
8周目のインディアナポリス手前で戦いが激しくなる
トップを守っていたR89CアペックスにC9のgokが並びかけオーバーテイク
しかし続く低速のアルナージュ・コーナーでまたもや日産が並んで立ち上がっていく
サルトサーキット 2013
しかし3番手・ジャガーのウルフが上手く立ち上がってトップの2台に襲い掛かり、道幅一杯の3ワイドに発展!
サルトサーキット 2013_14
この勝負を制したXJR9がトップ奪還!
ここからスパートを掛けていく
サルトサーキット 2013_15サルトサーキット 2013_16
11周目にトップ集団がピットイン
R89CのアペックスはgokのC9に抜かれ3位に落ちていたが、ここで燃料を軽タン給油しピットタイムを短縮
トップを走るウルフに迫る位置でコースインする
サルトサーキット 2013_17
3番手に落ちてしまったgokのC9だが、トップ3で最も速いペースで追い上げていく
15周目には完全に喰らい付きトップを狙う
サルトサーキット 2013_18サルトサーキット 2013_19
他より1ピット多い軽タン作戦で勝負を掛けていた日産のアペックス
だが3スティント目のペースが良くなくコース上ではウルフのジャガーに差を空けられてしまう
最終的に2度のスピンも災いし5番手でフィニッシュすることになった
サルトサーキット 2013_20
夜が明けジャガーのウルフvsベンツのgokという様相を増していくトップ争い
ナイトレースでは逆転も狙える差になることもあったが、朝になりジャガーのペースが上がっていく
サルトサーキット 2013_21サルトサーキット 2013_23
グループCで20周もすると集中力も続かないか、スピンやクラッシュを起こしてしまうマシンも増えていってしまう
サルトサーキット 2013_22
そんな中XJR9は着実に走りフィニッシュを目指す
追うC9は今ひとつペースが上がらず追撃は厳しい状況
サルトサーキット 2013_24
ファイナルラップで最後の波乱が!
2位のgokを捉えつつあった同じC9のもりおがアルナージュ立ち上がりでクラッシュ!
リヤタイヤの摩耗が原因でC9対決に敗れる形となってしまった
サルトサーキット 2013_25
このル・マンを制したのはジャガーXJR9のウルフ!
2位のgokと共に全くのノーミスでまとめて文句なしのトップチェッカーを飾った
3位はC9のもりお、日本勢最上位は4位のマツダ787B・ケーヒンという結果になった

決勝結果
1.ジャガーXJR9/ウルフ
2.ザウバーメルセデスC9/gok
3.ザウバーメルセデスC9/もりお
4.マツダ787B/ケーヒン
5.日産R89C/アペックス
6.マツダ787B/ザンヴィ
7.ザウバーメルセデスC9/マツキュー
8.プジョー905/アメダス
9.プジョー905/ナズーリン
10.ミノルタトヨタ88C-V/ピッシ
11.日産R92CP/クロウ
12.ミノルタトヨタ88C-V/Mヒロ
13.マツダ787B/ホンダHSV


さてなかなか珍しい?グループCのレースでしたが、うーん個人的には悔しい結果でしたね~
多分、ポテンシャルで言えば「勝てるかもしれない」レースでした
ただグループCはGT6の「ピットバグ」によるリヤタイヤの摩耗が特に激しくて、その理解が他の参加者より劣ってましたかね~
大事をとって他より1ピット多い作戦でしたがそれもロス。しかも最後はコースアウトとかしましたから…
しかしグループCカーもカッコ良ろしですね!絵が非常にイイ!!
SGT以外のカテゴリーでもどんどん遊びたいですね(´∀`*)
関連記事
スポンサーサイト


コメント

  1. GT_FAIRLADY | URL | -

    6ではスピード感が上がった気もしますしユノディエールの3ワイドとか怖すぎて
    自分にはできません((汗
    5位ですか惜しかったですね
    ただ実際のルマンでは完走自体すごいことなのでそのような意味では
    よかったのではないでしょうかw

  2. APEX | URL | -

    Re: タイトルなし

    GT_FAIRLADYさん、こんにちは
    ユノディエールは意外と道幅があるんで良いんですが、アルナージュ立ち上がりの3ワイドは怖かったですw
    丁度昨年のSGT菅生みたいなことになりそうでした
    1回壁にクラッシュしてますから、リアルだったら終わってましたね^^;;

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://apexevolution.blog112.fc2.com/tb.php/975-bfcb88cb
この記事へのトラックバック



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。