【GT6プレイ日記】第38回 VGT第2弾・BMW

2014年05月14日 22:32

「ドリフトスピリッツ」にハマリ気味でブログ更新を怠ってるアペックスです(汗)
というのも、GT6のレースレポート書きたいんですが、リプレイ再生中もしくはフォトモード突入の際にフリーズするバグ?が頻繁に起こってまして、1記事30枚近いフォトを撮るレポートを書く気力が起こらないんですよね;

ですが本日GT6は1.07アップデートが行われ、ピットバグ(ピットイン後不自然にタイムが遅くなり挙動が変わる)改善やオンラインレースでの時間制レースの実装などなど、神アプデとも言えそうな内容で公開されたようです
これは非常に楽しみ。ついでにリプレイフリーズも直ってくれてたら良いんですけど、フリーズ報告は相変わらずありますね。。。

まあそんな1.07アプデですが、ベンツVGTから5ヶ月、2台目のVision GranTurismoが公開されました
当ブログではこのマシンをレビューしたいと思います
ニュルブルクリンク GP_F
BMW Vision Gran Turismo
Spec
Engine Type:L6 Twin Turbo 3,000cc
Max Power:549ps
Max Torque:69.0kgfm
Drive Type:FR
Weight:1,180kg
Misson Type:6 sequential misson
芸術科学都市(夜)
「1970年代、ツーリングカー選手権で大活躍を演じたBMW。その当時の興奮と熱気を現在に蘇らせるべく、BMWデザインチームがビジョン グランツーリスモのために生み出したのが、このモダンなロードレーサーだ。
完璧なプロポーションと艶やかなシルエットは、静止状態にあってもスピードを感じさせるような躍動感に満ちている。 フロントとリアのスポイラーはその空力制御により適切なダウンフォースを生み出し、抵抗を低減するだけにとどまらず、カーボンファイバー製にすることで全体の軽量化にも貢献している。
ボディ全体を彩るBMW Mのカラーリングは、クルマのエアロダイナミクスを強調し、さらにBMWモータースポーツとしての誇りや栄光を表現している。
搭載されたテクノロジーにも一切の妥協はない。Mツインパワーターボの技術が注ぎ込まれたパワフルな3L直6エンジンは、404 kW(549PS)/6,200~7,300rpmという圧倒的なパワーを発生するいっぽう、わずか1,900rpmで680 Nm(69kgfm)という分厚いピークトルクを生み出す。その怒涛の力をリアアクスルへと伝えるシーケンシャル6速トランスミッションは、ステアリングコラムのシフトパドルで操作が可能だ。
これだけのパワートレインを備えてなお、BMW ビジョン グランツーリスモはわずか1,180kgと劇的に軽く、しかも前後50:50という理想の重量配分を実現している。BMWのレースの血統と最新テクノロジーが融合した鮮烈なビジョン グランツーリスモ。ドライビングの衝動を刺激する1台だ。」


グランツーリスモで生み出される「本物の架空車」であるビジョン・グランツーリスモ・シリーズ
ベンツに続く第2弾は同じくドイツの名門メーカーであるBMWが設計したマシンです
まず第一印象としては、ベンツの時感じた「ありえねぇ」感がゼロということ
既に同じ車あるんじゃね?ってほど自然な仕上がり。このままの外観で何かのレースに出ていても不思議ではありません
BMWの伝統であるライトブルー・ブルー・レッドのラインがボディを駆け巡るカラーリングが、ガチでレースすることを想定したVGTであることを物語ります
前記のスペックを見ますと、ベンツVGTと比較して馬力は少し劣りますが車重は200kg程軽く戦闘力はBMWに軍配が上がりそうです
カラーリングは2色、ワークスカラーを纏った「Mineral White」とテストカー的な黒一色の「Black Saphire」が選べます
芸術科学都市(夜)_1
芸術科学都市(夜)_2芸術科学都市(夜)_3芸術科学都市(夜)_4
まあワークスカラーも良いんですが、黒一色の威圧感が半端じゃございません(笑)
フツーに滅茶苦茶カッコイイです、ハイ
フロントは「どこかで見たような」気がしますが、これまたBMW伝統の鼻ブタグリルが特徴
ヘッドライトはイカリングではなくU字のものになってますね
MR車かと思うようなサイドエアスクープが設けられたリアフェンダーは相当拡大されていて、物凄い太いタイヤが装着されていそうです
ボディサイズに対して寸止まりな印象を受けるリアスポイラーはもうちょい拡大してる方がカッコイイ気もしますが、2段構造になっていて見た目以上のダウンフォースを狙っていると思われます
ニュルブルクリンク 北コース
早速インプレッション
うん、ふつーに速くて扱いやすいです(笑)
エンジン音はM4か何かの音してるんですけど、これだけのスペックでしかもマフラーが横出しのレーシングタイプなんだから、こんな静かな訳ないと思いつつ走らせると、重心の低さと50:50の重量配分が効いていてコーナーがベンツVGTと比べるまでもなくスイスイ曲がります
ただストレートは550psも出てるのかなぁ…?って感じではあります
標準でレーシング・ハードタイヤを履いていることからも、このBMW VGTはレーシングカーという認識でいいのではないでしょうかね
ロンダ
総括:M4レースカー
私のBMW VGTに対しての評価です
見た目がすごくかっこいいし、速いし、新規車種としては面白い車だと思います
しかし僕がVGTに求めてるものの中に「市販は絶対できないけど盛り込みたい要素」が入ってるっていうのがあるんですけど、このBMW VGTは既存車のレーシングバージョンにしか思えないんですよね
ベンツの時のようなマジキチ感が無くて、その点は面白みに欠けました
好き嫌いで言えば、ベンツより断然好きです(笑)。ただバーチャルでしか再現できない!みたいなのが欲しかったですよね
雰囲気が新車のM4に似てるので、何かのレースマシン製作でM4ベースで作ったらこうなるんじゃないの?みたいな気がしてくるマシンです

さて次回のVGTはいつなんでしょうかね~
約半年で2台、このペースだと全車揃うのはGT8くらいになりそうですが(笑)

そろそろ国産のVGTみたいっすよね~
関連記事
スポンサーサイト


コメント

  1. 日本一速い男 | URL | d3xRQPUk

    VGT BMWとスーパーgt

    僕は今日乗ったんですが、メルセデスよりも運転が楽しいですね。やっぱ軽くなったしトラクションのかかり具合も丁度いい感じでした。ただデザインはAPEXさんもおっしゃったようにメルセデスのようなインパクトは薄くなっちゃいましたね。スケッチのやつはかっこいいと思ったのですが…。それと僕も断然黒派です。フロントもリアもラインのバランスがよく特にリアはかっこいいと思いました。
    あと突然話し変わってすみませんがスーパーgtでGT-Rがかちました。しかも好きなインパルがインパルらしく勝ってくれました。それにDステーションGT-Rも上位に入ってきましたが、MOTHLとか他の日産勢はロングレースだからかもしれませんがトラブルが多かったので少し大丈夫?て感じが少ししましたが、後のレースでは順位をキープして完走できることを祈りたいです。
    長文失礼しました

  2. GT_FAIRADY | URL | -

    大変お久しぶりです 
    いろいろありましてコメントできませんでした
    ついにVGT第二段ですか
    遅すぎませんか?
    いくらなんでも半年はひどいですよね
    自分は、この車好きですね
    正直にBMWの伝統が受け継がれてる感満載ですし
    ただたしかにベンツのようなコンセプト感がなくて普通に自然ですよね
    早速乗ってみよう

  3. APEX | URL | -

    Re: VGT BMWとスーパーgt

    日本一速い男さん、こんばんは
    ある意味現実的で良いんですけどね。ベンツのインパクトが強かったもんで
    Mカラーも良いですが、黒はより威圧感がありますよね

    SGT第2戦富士は日産ファンにとっては嬉しいやら悲しいやらでしょうが、カルソニックが優勝してくれて良かったです
    Dステも頑張ってましたね。佐々木選手はルーキーながらなかなかの走りだったと思います

  4. APEX | URL | -

    Re: タイトルなし

    GT_FAIRADYさん、こんばんは
    コメントありがとうございます^^

    VGT、このペースだと完結するのは5年後くらい??(笑)
    ダイハツとかのVGTも見てみたいですよね
    BMWのはフツーにかっこいいですが、VGTで「フツー」っていうのが気になりましたねw

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://apexevolution.blog112.fc2.com/tb.php/994-e3f16aac
この記事へのトラックバック