--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【GT6プレイ日記】第39回 RSGT Rd4マドリード市街地45Lapsレース

2014年05月20日 21:48

最近更新頻度下がりっぱなしです。アペックスです
仕事の残業をそろそろやり始めとるのですが、高確率で風呂・飯終えたら寝てしまいます(笑)
そんなわけで、基本1記事全工程2時間以上(モデルカー・GT6は写真撮影含め)なこのブログ、なっかなか更新できません…

まあですがネタが無いわけではないんですよ
GT6は沢山、モデルカーも昨日エブロHPで販売開始した「第53回静岡ホビーショー限定・カルソニックインパルGT-Rセパンテストカー(長)」を買いました
届き次第記事にしたいと思いますから、モデルカー目的の方も懲りずに覗いてやってくだされw

マドリード市街地コース
さて、本日はGT6のSGTシリーズ戦、RSGT第4戦マドリード市街地コース45Lapsの模様をレポート
実は第3戦グランバレーは私がネット開通していない間に行われてしまった為、1戦欠場しシリーズランキングが少し第2戦の時と変わってしまいました

まずはそのへんのおさらいから
Rd3終了時点のポイントランキング
ドライバーズランキング
1.MOTUL AUTECH GT-R/コンバース:64pts(WH82kg)
2.RAYBRIG HSV-010/ジャン:42pts(WH48kg)
3.CALSONIC IMPUL GT-R/アペックス:36pts(WH44kg)
4.DENSO KOBELCO SC430/コスモス:31pts(WH32kg)
5.KEIHIN HSV-010/リトルツリー:28pts(WH32kg)
6.ZENT CERUMO SC430(SC430BM改)/アッツー:27pts(WH24kg)
7.PETRONAS TOM'S SC430/ハマデラ:9pts(WH8kg)


マニファクチャラーズランキング
1.NISSAN:106pts
2.HONDA:70pts
3.LEXUS:67pts
 


Rd3で3位に入ったジャンのレイブリックHSVにポイントで抜かれてしまい、トップのコンバースのモチュールGT-Rとは大きく差を付けられてしまいました
ちなみにグランバレーでの勝者は1・2戦で苦戦していたケイヒンHSVのリトルツリーで、ホンダがポイントを重ねた結果となりました

マドリード市街地コース_1
今回はシリーズ唯一の市街地ラウンド
2012シリーズではバンダイSCでここを制してるだけに、優勝して第3戦の欠場分を取り戻したいところだが、アペックスのカルソニックGT-Rは予選がイマイチ振るわず3番手
PPを獲得したのはこの3戦全て3位という成績のランキング2位・ジャンのレイブリック
ランキングトップのコンバース・モチュールは2番手からスタート
マドリード市街地コース_2マドリード市街地コース_3
レースがスタートするないなや、いきなり勝負を仕掛けてきたのはコンバース
1コーナーを強引にインからねじ込んでHSVをパス。ジャンは軽く姿勢を乱してしまい、3位のアペックス・カルソニックにも抜かれて3番手にドロップしてしまう
マドリード市街地コース_4
ここからおよそ10周はコンバースのモチュールオーテックGT-Rが主導権を握る
75kgという最大ウエイトをものともせず2位以下を引き離しに掛かる
マドリード市街地コース_5
しかしそうはさせまいと、コンバースがGT300に一瞬引っ掛かった隙を突いてアペックスのカルソニックがトップに浮上する
マドリード市街地コース_6
前を走っている時のブロックには自信があるワタクシアペックス
単独ペースで勝る2台を抑えながら周回を重ねていく
マドリード市街地コース_7
最も恐ろしいのがGT300と絡んだとき
軽く引き離したと思いきや、一気にに差が詰まってしまうポイントであり、また間にGT300を入れてしまえば差を生むこともできる重要な局面
ここでもトップを明け渡さず死守する
マドリード市街地コース_8マドリード市街地コース_9
道幅の狭いコースでペースの遅いアペックスに引っかかる2台
カルソニックがラップリーダーになって20周を超えるとコンバース・ジャンともに激しく攻め立てる
マドリード市街地コース_10
約30周に渡る均衡が破られたのは42周目のサークルコーナーだった
ここまで必死に抑えていたカルソニックだが、タイヤの消耗が激しくかなり手前からのブレーキング
対してタイヤに余裕を持っているモチュールとレイブリックはブレーキングを送らせ、レイブリックは軽くカルソニックに追突
マドリード市街地コース_11
ラインが僅かに外に膨らんだカルソニックのインにレイブリックがねじ込む!
アウト側にはモチュールも覗く
マドリード市街地コース_12マドリード市街地コース_13
レイブリックのオーバーテイクを許したアペックス
間髪いれずコンバースのモチュールも襲いかかる!
マドリード市街地コース_14マドリード市街地コース_15
マドリード市街地コース_16
一歩も譲らないGT-R同士のバトルは、縁石に足をかけたモチュールに弾かれたカルソニックのウォールクラッシュで幕を閉じる
レースの大半をリードしていたカルソニックはラスト3周で4番手・ZENTセルモSCのアッツーにも抜かれ、4位でチェッカーを受けた
マドリード市街地コース_17
そしてレースを制したのは、波乱含みながらポールtoウィンを飾ったレイブリックHSV・ジャン
最後の最後で掴んだ初勝利でポイントトップのコンバースに宣戦布告する1戦となった

リザルト
1.RAYBRIG HSV-010/ジャン
2.MOTUL AUTECH GT-R/コンバース
3.ZENT CERUMO SC430(SC430BM改)/アッツー
4.CALSONIC IMPUL GT-R/アペックス
5.DENSO KOBELCO SC430/コスモス
6.KEIHIN HSV-010/リトルツリー

マドリード市街地コース_18
いや~、悔しいレースでしたね
30周も我慢して速い2台を押さえ込んだ結果が、接触によるクラッシュ
思わず愛機・G25ステアリングホイール君に平手打ちをかましてしまいました(^^;;)
ちなみにこの1件は両者引かないレーシングアクシデントとして処理。レース結果には影響ありません
致し方ないことですね~

最後にポイントランキング・マニファクチャラーズランキングを載せて終わりたいと思いますん

Rd4終了時点のポイントランキング
ドライバーズランキング
1.MOTUL AUTECH GT-R/コンバース:82pts(WH100kg)
2.RAYBRIG HSV-010/ジャン:65pts(WH78kg)
3.CALSONIC IMPUL GT-R/アペックス:47pts(WH50kg)
4.ZENT CERUMO SC430(SC430BM改)/アッツー:41pts(WH40kg)
5.DENSO KOBELCO SC430/コスモス:40pts(WH40kg)
6.KEIHIN HSV-010/リトルツリー:35pts(WH36kg)
7.PETRONAS TOM'S SC430/ハマデラ:9pts(WH8kg)


マニファクチャラーズランキング
1.NISSAN:129pts
2.HONDA:100pts
3.LEXUS:90pts
関連記事
スポンサーサイト


コメント

  1. 日本一速い男 | URL | d3xRQPUk

    お疲れ様です。そして勝負は最後まで…。

    こんにちは。リアルワールドでも、会社を頑張っていらっしゃっていると思います。日々業務お疲れ様です。 そしてバーチャルの世界でもレース活動など頑張っていらっしゃっていますね。本当にお疲れ様です。  マドリード道幅狭いし、見とうし悪いしでかなり難しいコースだと思いますが、レース結果が4位ですか…。 APEXさんはレース終わった後どんなお気持ちでしたか?僕ならあんな抜き方されたら悔しい気持ちになって寝られなくなります(笑)。ただ、まだまだ次のレースが残っていると思うし、ZENTのミニカーの記事みたいに勝負は最後までわからないので、今後のレース活動を頑張ってください!応援してます。もちろん会社もですよ!(勝負は最後まで…。て言葉気に入ったんですよねw)

  2. APEX | URL | -

    Re: お疲れ様です。そして勝負は最後まで…。

    日本一速い男さん、こんばんは
    長らく放置して申し訳ないです

    まあレース終わってすぐは「クッソー」とか思ってましたが(笑)、よく考えたらあそこで無理してなきゃ3位なわけですし、冷静さが足りなかったですね
    ヒートアップしてる時こそ冷静に、ゲームでも会社でも心得ておきますw

  3. まー君 | URL | -

    ぼくこの間、アッツーさんとSGTのルームでレースしました。
    使用していたのは、エネオスSC430でした。

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://apexevolution.blog112.fc2.com/tb.php/995-5fff9243
この記事へのトラックバック



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。